fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

サロン・デュ・ショコラ(ショコラティエトーク クリスティーヌ・フェルベール氏)

「サロン・デュ・ショコラ ショコラティエトーク」
クリスティーヌ・フェルベールさんの回に行ってきました。

昨年はリシャール・ルデュさんのトークショーに、きちんと応募して行ってみましたが、
自由に立ち見で傍聴できるので、今年は特に応募はせずに、立ち見をすることにしました。

伊勢丹などのセミナーとは違って、あくまでトークショーなので、
技術的に踏み込んだ話などはあまりなかったですが、
それでも興味深いお話を聞くことが出来てよかったです。

お話の内容は、だいたい以下の通り…記憶の限りなので、誤りもあるかもしれません。

・札幌には2008年以来3年ぶりの来訪で、雪まつりの雪像や彫刻は、
 ショコラティエの物作りの仕事と共通するものがあり、見るのを楽しみにしている。

・自分はアルザスの小さな村に工房を構えており、パリなどの都市から出店の誘いもあるが、
 地元の四季のはっきりした気候や環境を愛していて、それは考えられない。
 店舗は最寄りの駅からかなりの距離があるが、自転車で買いに来てくれた日本人もいて、
 とても感謝している。

・日本人は職人の技術を評価してくれる価値観を持っていて、伝統も大事にしてくれるので、
 大好きである。

…と言うようなことをお話しされていました。
もう少し色々な事を話していたと思いますが、私の記憶力ではここまでです(汗)

また途中から、フェルベールさんのもとで修業をされ、
現在は真狩村でコンフィチュールを作っている鈴木方子さんも参加されていました。
鈴木さんのお店、ラ・ベル・コンフィチュール・マサコのコンフィチュールは、
確かラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルドで見かけたと思ったので、
もし販売していれば、次回訪問時に買ってみたいと思います。

トークショーは立ち見でも十分良かったですが、
応募の参加者には試食が配られ、やっぱりきちんと応募しようかな…と思いました。

トークショーの後、ブースにはフェルベールさんご自身がいらっしゃって、
購入者にはサインやイラスト(!)まで書いてくれました。

私も先日の伊勢丹ではとうとうお声をかけられなかったので、
この機会こそはと思って、エヴァンさんとのコラボのコンフィチュールを買ってみました。





昨年もほぼ同じものを買ったような気がしますが、恐らくレシピ等はその都度異なるのだと思います。
今年は価格もやや控えめでした(汗)

サインとイラストはこんな感じです。





混雑と気後れ(汗)で、一緒に写真等は撮ることができなかったですが、
握手までしていただいて、とても嬉しかったです。

トークショーは、2月7日・8日はエヴァンさん、8日にはアオキさんが予定されていますが、
平日昼のものはちょっと無理そうで残念です…アオキさんの夕方の回に、もし行ければ行ってみたいですね。
(アオキさんとエヴァンさんの日程が逆ならば…とは、思ってもいないですよ・汗)

さて、順序が逆になりましたが、トークショーが始まるまでは、
ショコラカフェに再訪していたのでした。


食べたものは、
ジャン=ポール・エヴァン「ブラジル」、ピエール・エルメ「アンフィニマン・ヴァニーユ」

ブラジル産のピュアなカカオを使ったショコラノワールのガナッシュです。
コーティングもショコラノワールです。(ジャン=ポール・エヴァン)
パプアニューギニア産、タヒチ産、マダガスカル産の3種のバニラ入りガナッシュを
ショコラノワールでコーティングしました(ピエール・エルメ)

アンリ・ルルー「プラリネ・アランシエンヌ」、クリスティーヌ・フェルベール「KYOTO」

「昔ながら」という意味のアランシエンヌ。伝統的なプラリネのチョコレートです。(アンリ・ルルー)
ガナッシュと柚子パウダーで香りをつけ、キャラメリゼした白胡椒のボンボン。(クリスティーヌ・フェルベール)

説明は全てメニュー表から引用です。今回はより定番寄りの方々になりました。
やっぱりエルメのアンフィニマンヴァニーユはとても好みです。チョコと合わせても、風味がいいですね。
またフェルベールさんのKYOTOは、トークショーの試食で出ていたものと思います。

ドリンクはまた紅茶にしました。


ショコラカフェ内の、ショコラティエの方々のサイン色紙

エヴァンさん


フェルベールさん


エルメさん


ジロットさん

基本的には3年ほど前?に書いてもらったものをそのまま展示しているようですが、
今回初出店のユーゴ&ヴィクトールのシルヴァン・ブラン、ユーグ・ブジェ各氏のものもあったので、
追加されることもあるようです。

さて、ブースにもちょっと寄ってみましたが、さすがにインポート物の品切れも出ているようでした。
ざっと見た範囲でめぼしいものは、

ユーゴ&ヴィクトールはカルネ・サブールが品切れ、
フランク・ケストナーはカヌレ、ショコラギモーヴのみあり、
ジャン=シャルル・ロシューは全て品切れ、
フィリップ・ベルはほとんど品切れでキャラメルペーストのみあり、

というところでしょうか。

ベー・ドゥ・リヨンはタブレットもパレドールも在庫あり、
ファブリス・ジロットはアソートのみ品切れで、
アクアカオやクルール・ド・ブルゴーニュ、アンスピラシオン・ジャポンも残っていました。

その他アルノー・ラエール、フランク・フレッソン、
クリスチャン・カンプリニなども、取り扱いが少ないながら在庫ありのようでした。
ちなみにカンプリニさんは、個人的にマンダリンカードが気になっていましたが、
丸井さんでは取り扱いなしでした。

あまり詳しくチェックできませんでしたが、期間中また訪問してみたいと思います。
comments(0)|trackback(0)|サロン・デュ・ショコラ、その他|2011-02-06_19:12|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント