fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

京王プラザホテル札幌(グラスシーズンズ)


京王プラザホテル札幌
(グラスシーズンズ)
札幌市中央区北5条西7丁目 TEL011-271-3203
6:00~10:30(土日祝~11:30)朝食バイキング
大人3,400円 6~12歳1,700円(一般客)
大人3,000円 6~12歳1,500円(宿泊客)  
(全て税サ込、5歳以下それぞれ無料)
 
 ●定刻とともに入店
 ●全席禁煙

1月の朝食ブッフェに行きました。


お正月の三が日に実施したランチブッフェを利用したばかりですが…
朝食とは内容が異なるだろうと思い、通常通り訪問しました。

1月になりましたが、まだホテル入口付近のツリー風イルミネーションは点灯していました。
(前日の夜に撮影したものです)


シマエナガの氷の彫刻も作られていました。


そういえば昨年もありましたね。




ブッフェ台の様子



































































トラウトサーモン、まぐろ、北海道産ほたて貝、北海道産ヒラメ


イカとがごめ昆布いくら乗せ、甘エビとレンコンの梅肉和え、秋鮭の石狩漬け、びんちょう鮪のポキ丼


なすのあっけしおに昆布醤油焼き、紅ズワイガニときゅうりのマヨネーズ巻き、みょうがの甘酢漬け


北海道のお米が育んだ奇跡の卵音更町竹内養鶏場の「米艶」のオムレツ

実演の握り寿司やオムレツは継続されています。
寿司ネタはホタテやサーモンなど好みが多く嬉しいです。
オムレツには今回もビーフシチューをかけてみました。

北海道産ホッケの一夜干し、釧路名物”ザンタレ”~ザンギに甘辛いタレをかけてみれ~、
北海道産ホタテ貝の焼売、鶏肉とチーズのクロケット


赤ワインと香味野菜でじっくり煮込んだビーフシチュー、ロールキャベツのトマトソースグラタン


白身魚と白子のクネルアメリケーヌソース、うなぎと焼きおにぎりのお茶漬け出汁をかけて食べてみれ!


北海道ブランド”スープカレー”、甘じょっぱく焼いた豚肉を帯広名物「豚丼」にして食べてみれ!


北海道といえば”サッポロミソラーメン”でしょー、花咲蟹の鉄砲汁


とかちマッシュのスパニッシュオムレツ、鯛のブランダード・テリーヌジェノベーゼソース、
魚介のエスカベッシュ、ヨーグルトのムースとかぼちゃエスプーマ


北海道産まいたけのサラダ、スモークサーモントラウトのマリネサラダ、
生ハムと野菜のマリネ、蒸し鶏とキャベツのサラダレモンドレッシング


料理の傾向は、朝食ブッフェとしては大きく変わらないですね。
鶏肉のクロケットはほとんどチキンナゲットですね。
白身魚のクネルははんぺん風のふわふわした食感で、ちょっと珍しかったです。
ラーメンは定番ですが、トッピングのチャーシューがとても大きかったです。
エスプーマはかぼちゃとヨーグルトの組み合わせで、ほとんどデザート感覚でした。

シナモンロール、チョコレートブレッド、クロワッサン


ジャム(いちご、ハスカップ、洋なし、ミルク)


抹茶プリンカスタードソース

実演デザートはその場でトッピングをするくらいで、実演の意味合いは薄いですが、
(かなり大量に作って配置していました)味わいはよかったです。

よく見ると辰年らしくタツノオトシゴのチョコをトッピングしていました。



ガトーショコラ、ゆずのケーキ、ショートケーキ、ムース・オ・ショコラ、カシスとはちみつのゼリー

ケーキは全体に味わいがよく、久しぶりのショートケーキが嬉しかったです。
ムースオショコラも滑らかで好みでした。
イチゴショートはもちろん、すべてきちんと補充がありました。

アップルマンゴーとアロエ、アイス(バニラ、リンゴソルベ)、チョコバナナ


パフェコーナーも大きく変わらないですが、ワッフルコーンが用意されていました。

こちらは完全セルフで、ランチブッフェのときのように実演スタッフは張り付いていなかったです。

ドリンクは変化なく、スパークリングワインも継続中です。


今回の内容もよかったです。
やはりお正月のランチブッフェとは内容が異なり、ランチブッフェの力の入りようが伺えますね。
そして朝食はまた傾向の異なる満足感が味わえました。
どちらもそれぞれに魅力があるので、朝食は継続したまま、
いずれまたランチブッフェの実施を期待したいですね。

オブジェは通常のものに加えて、どことなくお正月の雰囲気を残していました。





店内の様子は、席の埋まり具合は最終的に7~8割くらい(?)で、
満席にはなっていないようでしたが、ブッフェ台自体は賑わって時折「密」も感じました。
comments(0)|trackback(-)|京王プラザホテル札幌|2024-01-20_19:54|page top

コメントの投稿

非公開コメント