fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Bon Vivant patisserie/chocolatier


Bon Vivant patisserie/chocolatier
(ボン・ヴィバン)にて。

遅ればせながら、新しい店舗に行ってきました。
10月26日(水)、北円山~桑園付近に移転オープンしています。



高校の校舎がある、少し大きな通りに側方部分が面していますが、
通り沿いの看板が目立たず、正面は奥まっているので、少し探してしまいました。






マリアム(620円)

「ホワイトチョコとりんごのムースにカモミールを合わせて、
りんごのコンポートを乗せたタルトとの組み合わせ」

新店舗での新作だそうです。
ホワイトチョコにりんごのほのかな風味が香っています。
もうひとつ何か、スパイス風の風味が加わっているとは思いましたが、
カモミールとは気づきませんでした。
すっきりした風味がりんごともよく合っていました。

エルザ(580円)

「「グリューワイン」をたっぷり使用したチョコレートムースに、
アングレーズソースを忍ばせワインで似たベリーのジュレをかけた大人のケーキ」

これは以前から出ていますが、移転時期に合わせてリニューアルしているそうです。
濃厚なチョコレートに、ワインやベリーのアクセントが効いていました。

紅玉りんごのミルフィーユ(650円)

「青森県産の甘酸っぱい紅玉リンゴをキャラメリゼし、
カルヴァドス香るクリームでサンドしたミルフィーユ」


モンブラン(700円)

「フランス産マロンペーストを使用したクリームにほんのりラム酒の香る生クリームと
イタリア産の栗を贅沢に包み込んだ大人なモンブラン」


ミルフィーユやモンブランは、こちらのお店ならではの味わいがとてもいいですね。
比較的定番ですが、この時期には買わずにいられない一品です。

ヴィエノワズリーやドゥミセックの類も買いました。

これもまた、こちらのお店ならではの味わいで、買わずにはいられないですね。

ピティビエ(700円)

「サクサクのパイ生地の中にラム酒が香るアーモンドクリームをたっぷり詰め込み焼き上げました」


ショーソンポム(400円)

「アーモンドクリームと、紅玉りんごのフィリングを包んで焼き上げました」



比較的シンプルなつくりで、却ってこちらのお店ではちょっと珍しいような気もします。
サクサクでちょっとふかふかしたフィユタージュの食感がたまらないですね。

紅玉りんごの焼きタルト(600円)

「旬を迎えたりんごをたっぷりのアーモンドクリームと一緒に焼き上げました」

いわゆる焼きっぱなしのタルトですが、りんごはフレッシュタイプとキャラメリゼとの2種ありました。
上記はフレッシュタイプで、薄くスライスしたりんごを層にして、たっぷり敷き詰めています。

こちらはりんごをキャラメリゼしたタイプです。

こちらはりんごが甘さを増して、生地にもよく馴染んでいてよかったです。


店内の様子も撮らせてもらいましたが、お客さんも多いので、手短に、最低限で済ませました。











新作もコンスタントに出ているようですね。売り場も少し広くなっているようです。
(イートインのないのは残念ですが…)
私の個人的事情では、以前より行きやすい場所というわけではないですが、
周辺にも再訪必須なお菓子屋さんが多いので、こちらも相乗効果で再訪が多くなりそうです。
comments(0)|trackback(-)|ボン・ヴィバン|2022-11-06_20:19|page top

コメントの投稿

非公開コメント