fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

京王プラザホテル札幌(グラスシーズンズ)


京王プラザホテル札幌
(グラスシーズンズ)
札幌市中央区北5条西7丁目 TEL011-271-3203
6:30~10:30(土日祝~11:30)朝食バイキング
大人3,000円 65歳以上2,700円 6~12歳1,500円 4~5歳750円(一般客)
大人2,200円 6~12歳1,000円(宿泊客)  
(全て税サ込、一般客は3歳以下・宿泊客は5歳以下それぞれ無料)
 
 ●定刻とともに入店
 ●全席禁煙

前回訪問から日が浅いですが、6月の朝食ブッフェに行きました。



今回も宿泊のうえでの利用です。



ブッフェ台の様子






































































北海道産時鮭の山わさびのせ、ずわい蟹入り松前漬け、
札幌伝統やさい大長ナンバンの自家製三升漬けとするめ烏賊、
北海道産帆立貝の手毬寿司 醤油麹添え、北海道産氷下魚の子 醤油漬け


北海道産時知らず、まぐろ、にしん、北海道産サメガレイ、北海道産ホッケの天然真昆布〆


北海道産アスパラガス、エリンギの山わさび醤油焼き、茗荷の甘酢漬け、大根ハスカップ漬け


マグロの漬けバラちらし


握り寿司のネタは入れ替わりも多くてよかったです。
時知らずは後から炙りも出ていました。


北海道のお米が育んだ奇跡の卵 音更町竹内養鶏場の『米艶』のオムレツ
和・洋・中お好きな味で食べてみれ!


北海道民のソウルフード“ホッケフライ” 食べてみればいいっしょ、道民の味ジンギスカン、
エゾ鹿肉のボロネーズを使ったラザニア


北海道ブランド “スープカレー”、北海道限定ビール”サッポロクラシック”と豚肉で
マテに作ったビール煮~ほろ苦くて甘いカルボナードフラマンド


豚肉のコンフィと北海道じゃがいものブーランジェール、にしんそばも食べてみればいいっしょー


玉子焼き、広尾産ししゃもの南蛮漬け、サーモンのタルタルとビーツのエスプーマ


クロワッサンラスク、パンオショコラ、クランベリーパン

クロワッサンラスクはチーズの風味とサクサクの食感がスナック菓子のようでよかったです。

冷たいチーズフォンデュレストラン”ポンペルモ”で提供していたチーズフォンデュを当時のまま再現しました。、
パリソワール(じゃがいもとポロ葱のスープ)にコンソメジュレを入れて食べてみ、野菜とバジルのスープ


都合上訪問する曜日がほぼ固定なので、日替わりらしい料理はだいたい同じものに当たってしまいます。
いずれ機会が合えば、別の曜日にも訪問してみたいですね。


カタラーナ オレンジソース

デザートの実演はカタラーナで、その場でキャラメリゼしてくれました。

ショートケーキ、オレンジケーキ、生チョコタルト、パイナップルケーキ、チーズタルト

店内製造のものは多くないと思うのですが、なかなか味わいも悪くなかったです。
ショートケーキはもちろん、生チョコタルトやパイナップルケーキも気に入りました。

アイス(抹茶、カシス、柚子)、杏仁豆腐


フルーツ、ヨーグルト


ドリンクは特に変化なく、スパークリングワインも健在でした。


前回訪問から日が浅いので、内容の変化も少ないですが、
寿司ネタの入れ替わりやデザートの内容など、私は十分に楽しめました。
何より落ち着きやすい環境がいいですね。



店内の様子は、ここ最近の例に漏れずほぼ満席の賑わいで、
ピーク時は入店待ちもあるようでした。
ブッフェ台も一時はやや「密」を感じることもありました。
comments(0)|trackback(-)|京王プラザホテル札幌|2022-06-04_20:21|page top

コメントの投稿

非公開コメント