fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

sweet hearts NAMPO


sweet hearts NAMPO
(スイートハーツ ナンポ)にて。

久しぶりにお店に行ってみました。
しばらく行かないうちに、新作も増えているみたいです。



サントノレ・カラメル・トンカ・ヴァニラ(500円)

「アーモンドタルト、あめがけしたプチシュー、
桜のような香りのトンカ豆とタヒチバニラのキャラメルクリーム」

カリカリのプチシューに、オレンジがかったきれいな色合いのパティシエール、
しっとりした台座のダマンド、滑らかなキャラメルクリームと、
それぞれのパーツだけで味わっても味わいのよさが伝わってきます。
そしてそれをひとつにまとめ上げるバランス感覚もさすがですね。

北海道さつまいもコーヒータルト(400円)

「北海道は由仁町のさつまいものクリーム、東川町ヨシノリコーヒーのタルト、
さつまいもとコーヒーのマリアージュ」

いわゆるスイートポテトのようですが、
さつまいものクリームは滑らかで、シンプルな素材の味わいを活かしながら、
上澄み部分を汲み取ったような、すっきり澄んだ味わいがよかったです。
コーヒーが染み出そうなくらい、風味をしっかり効かせた台座のタルトとの一体感もさすがです。

オペラ・プランタン(500円)

「ラズベリーと北海道アルバローズのムースリーヌ、ルビーチョコのガナッシュ、
ビスキュイジョコンドにライチ風味のシロップ」

こちらは以前に食べたことがありますが、酸味とバタークリームの相性のよさが伝わってきますね。
ラズベリーとローズとライチの組み合わせは、もはや普遍性を獲得しているようですね。

シャロン(450円)

「オレンジフレーバーをまとわせたフランス・ヴァローナ社ジヴァラ・ラクテの滑らかなクリーム、
イタリア産ヘーゼルナッツのダクワーズ、オレンジピールを混ぜ込んだクランキーチョコ」

比較的シンプル(といえる)チョコレートケーキのようですが、
シンプルな味わいを伝えるためには素材のよさと、
それをまとめる技術が必要ということがよくわかりますね。
オレンジのふわっと香る風味が印象に残りました。

メロンパン(216円)

「食パン生地にアーモンドクッキーをのせてカリカリに焼き上げたシンプルなメロンパン」

いわゆる「菓子パン」も買いました。
メロンパンというとどうしても表面のクッキー生地に気を取られがちですが、
パン生地そのものもしっとりしながら密集感があって、とても印象的でした。

サクサクのクッキー生地も、もちろんとても味わいのよいものです。

ショーケースも撮らせてもらいました。











冬の間は、中心部以外にはどうしても出不精になってしまいますが、
そろそろ暖かくなってきたので、またできるだけ再訪してみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(札幌・甘味)|2022-04-05_20:01|page top

コメントの投稿

非公開コメント