fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

sweet hearts NAMPO


sweet hearts NAMPO
(スイートハーツ ナンポ)にて。

これもしばらく前、1月19日(水)~25日(火)に札幌大丸の催事に来ていたときに買ったものです。
初めて買ったものはないし、また備忘録的に載せておきます。



ガレット・デ・ロワ(2,500円)

「新年を祝うフランスの伝統菓子。十勝はるきらりのサクサクパイ生地、
シチリア産アーモンドのしっとりクレームダマンド、フェーヴ入り」

催事で販売しているとは知らず、店頭で見て思わず買ってしまいました。
フランジパーヌと思われる甘い香りがたまらないですね。

じゅわっと油脂の染みるフィユタージュの味わいと合わせて、
味わいのよさだけでなく、かなりの食べ応えを感じます。

フェーヴはこんな形でした。

マラカスなどの楽器でしょうかね?やはりこちらのお店らしさを感じます。

プチガトーも買いました。


イチゴとシャンパンのヴェリーヌ(630円)

「モエ・エ・シャンドンのジュレ、フレッシュストロベリーのバヴァロワ、赤いベリーのコンポート」

フロマージュ クリュ フレーズ(530円)

「十勝&根釧産のクリームチーズを使用したなめらかなレアチーズクリーム、
フレッシュいちご、アーモンドのジョコンドにイチゴのシロップ、レモンカードとサクサクサブレ」

熊本球磨栗の和栗モンブラン(760円)

「熊本球磨地区の最高品質の和栗を十勝産の生クリームのみで伸ばしたマロンクリーム
オレンジが香るパン・ド・ジェンヌの土台と軽いショコラブランのガナッシュモンテ
センターに和栗の甘露煮を丸ごと一個」


何度か買ったことのあるものですが、どれも味わう度に印象に残ります。
(こちらのお店に限らないですが)このところお店に行けていないので、
できるだけまた早めに、お店にも行ってみたいです。
comments(0)|trackback(-)|未分類(札幌・甘味)|2022-03-04_20:07|page top

コメントの投稿

非公開コメント