fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Salon du Chocolat(札幌丸井今井・ショコラカフェ再々訪)

丸井さんの「サロショ」(Salon du Chocolat)、
2月9日(火)から、ショコラカフェのメニューがさらに入替っています。

会期が2月14日(日)までで、このメニューが最終日まで続くようですね。




メニュー表

よく見ると、14~16は変更前に提供されていたメニューと重複するようです。
今回は13までと、14~16から気に入ったものを1種、
そしてエムアイカード会員の特典ショコラを1種オーダーしました。

1 メゾン・ショーダン(テ クール)

「ミルクチョコレートにアールグレイを加えた、風味豊かな味わい※アルコール微量使用」

2 フランク・ケストナー(ブラックディアモン)

「サクサクとしたライスパフの食感が楽しめる黒ゴマのプラリネ」

3 フレデリック・アヴェッカー(チベ)

「ブラックティーとスパイスを抽出して作ったガナッシュを、ベネズエラ70%ビターチョコレートでコーティング」

4 パティスリー・サダハル・アオキ(プラリネ ノワール)

「イタリア産ヘーゼルナッツとスペイン産アーモンドで仕立てたプラリネを、ビターチョコレートでコーティング」

5 カンタン・バイィ(フリュイテ パッション)

「自家製アーモンドペーストを使用したパートダモンドに、バニラとオーク樽で熟成させたラム酒の風味を効かせ、
パッションフルーツのコンフィを合わせました ※アルコール使用」

6 ヴェストリ(クレミーノ・カッフェ)

「イタリア特有の3層プラリネチョコレート。イタリアらしいエスプレッソが香ります」

7 ピエール マルコリーニ(アニモキャラメル)

「ミルクチョコレートの中にフルールドセル(塩の花)とキャラメルソースが入った、かわいいアヒル型のチョコレート」

8 ニコラ・ベルナルデ(ロシェ ノワゼット)

「イタリア・ピエモンテの生産者の愛情が詰まったヘーゼルナッツをたっぷり入れたロシェ」

9 ピエール・エルメ・パリ(アンフィニマン ショコラ オレ)

「カラメリゼしたミルクチョコレートガナッシュを、ミルクチョコレートでコーティング」

10 クリスチャン・カンプリニ(シトロン ロマラン)

「モントン産レモン風味ガナッシュにローズマリーの風味をまとわせ、ローストアーモンドをプラスしたひと粒」

11 カカオ サンパカ(メキシコ)

「メキシコ産カカオ豆を使用した、甘み・苦味・酸味のバランスが良いひと粒。
ナッツやドライレーズンを思わせる味わい深さが楽しめます」

12 ジャン=ポール・エヴァン(スープソン)

「スパイスを加えたヘーゼルナッツの香り豊かなジャンドゥーヤを、ミルクチョコレートでコーティング」

13 ルノートル(ルノートル・ピスターシュ)

「香り豊かなピスタチオプラリネを、ビターチョコレートでコーティング。
濃厚な味わいが楽しめるルノートルを代表するプラリネ」

ここまでが今回入替ったメニューです。エヴァンさんからもやっと提供がありました。
プラリネなどの香ばしくまろやかなメニューが多い印象ですが、
その中でカンプリニさんの面目躍如ともいえる柑橘の風味は、ひときわ印象的でよかったです。
そういえば今年は、カンプリニさんのアソート販売を見かけなかったと思いますが…
カフェで味わえたのは嬉しいですね。

以下の2品は、前回、前々回の訪問で食べたもの。
フランク・ケストナーはセットの個数合わせのためリピート、
カンタン・バイィはエムアイ会員特典です。

フランク・ケストナー(アルダン)

「アーモンドのプラリネに、シナモンやコリアンダーなどのパンデピスの味わいを詰め込んだ、
冬のロレーヌ地方のクリスマスを表現したひと粒」

カンタン・バイィ(モントール)

「フレッシュなミントを使用したガナッシュを、ビターチョコレートでコーティング。
ミントとビターチョコレートのお互いの強さを調和させ、バランス良く仕上げたひと粒」

また今回のメニューは、1,6,7,9,11,12,13,14,16がセレクション以外からの提供で、
却ってショコラティエの個性が前面に出ているかもしれませんね。

ドリンクは、前回と同じくカプチーノにしました。


断面はまたまとめて小さめに…






今回もまたショコラの味わいを堪能できてよかったです。
今年はボンボンショコラのアソートをほとんど買っていないですが、
カフェで十分に楽しめてしまいました(汗)
もちろん気になるものがあればアソートも買ってみようと思いますが、
来年以降もまた、カフェに期待したいと思います。
comments(0)|trackback(-)|サロン・デュ・ショコラ、その他|2021-02-12_07:21|page top

コメントの投稿

非公開コメント