fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Salon du Chocolat(札幌丸井今井)

札幌丸井今井で実施のSalon du Chocolat(サロン・デュ・ショコラ)に行きました。

今年(2021年)は1月27日(水)~2月14日(日)です。

例によってエムアイカード会員特別招待日に訪問してみました。

この状況下で、基本的には例年同様に実施があって嬉しかったです。


まず向かったのは、やはりショコラカフェへ…


メニュー表

今年もインポートの、そしてセレクションボックスからのメニューが主体で、嬉しい限りです。
ショコラセット900円~、ショコラ2個追加が650円というのは昨年同様ですね。



1 フランク・、ケストナー(ノスタルジー)

「ヘーゼルナッツのプラリネに、ヘーゼルナッツのビスキュイを砕いたものを入れました」

2 リリアン・ボンヌフォア(ガーナ)

「ガーナ産のカカオ豆をベースにしたシンプルな68%ピュアガナッシュ。口の中に余韻が長く残り、
甘いバニラのような風味も楽しめます」

3 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(カシス)

「カシスのガナッシュをビターチョコレートでコーティング。カシスの酸味と心地よい渋みを、
ビターチョコレートが優しく包み込みます」

4 フィリップ・ベル(ローズ・カラマンシー)

「ローズ風味のパートドフリュイとカラマンシーのガナッシュの2層。フローラルな甘さと酸味が絶妙なハーモニー」

5 クリスチャン・カンプリニ(ポワブル)

「マダガスカルの希少な胡椒を使用した、風味豊かなジャンドゥーヤ」

6 ブノワ・ニアン(ピンクコネクション)

「香ばしくローストしたアーモンドとココナッツの風味やサクサク食感を楽しめるチョコレートを、
ピンク色のハート型に詰めたガナッシュ」

7 カンタン・バイィ(モントール)

「フレッシュなミントを使用したガナッシュを、ビターチョコレートでコーティング。
ミントとビターチョコレートのお互いの強さを調和させ、バランス良く仕上げたひと粒」

8 フレデリック・アヴェッカー(リ グリエ)

「炒ったお米を使用した香りの良いガナッシュ。ホワイトチョコレートとローストした
カマルグ産のお米を合わせたガナッシュをミルクチョコレートで包みました」

9 ニコラ・ベルナルデ(すだち)

「すだちの力強さとビターチョコレートを合わせたガナッシュ。日本ですだちと出会った衝撃をひと粒のショコラに」

10 ピエール マルコリーニ(ピエールマルコリーニ グランクリュ)

「厳選したカカオを最良のバランスでブレンドした濃厚なビターガナッシュ」

11 ダヴィド・カピィ(マルドン)

「マイルドな旨みとすきっとした後味が楽しめる海塩マルドンを使用した塩キャラメル風味のジャンドゥージャ」

12 パスカル・ル・ガック(トロピカルフルーツとラム酒)

「マルティニーク島産ラム酒の古酒、ヴィユーアグリコール・ラムをトロピカルフルーツと合わせたガナッシュ。
※アルコール微量使用」

13 アトリエ ガトー(コンスィヤーンス)

「パリ地方の小さな養蜂家ジェルヴェさんの森で採れた蜂蜜を使用した64%のビターチョコレートガナッシュ」

14 オリヴィエ・ヴィダル(シトロンヴェール)

「爽やかなライムの風味が楽しめるガナッシュ」

15 ヴェストリ(ジャンドゥイオッティ・ピスタッキオ)

「カカオとナッツを練り込んだイタリアの伝統的チョコレート、ジャンドゥイオッティ。
珍しいピスタチオのジャンドゥイオッティは、濃厚なピスタチオが香る口どけが魅力」

16 クリスティーヌ・フェルベール(フランボワーズ)

「フルーティーで酸味のあるマンジャリベースのチョコレートと、アルザス産フランボワーズを繊細にブレンドし、
ビターチョコレートでコーティング」

今年もゆっくりと味わえてよかったです。
このうち3、6、10、12、15以外は、すべてセレクションボックスからの提供で、「お得」感も強いですね。
どれもよかったですが、やはり9 ニコラ・ベルナルデの「すだち」は、酸味が独特でひときわ印象的でした。

断面はきれいに撮れなかったので、また小さめに…








ショコラカフェは、2月の1日(月)、8日(月)に、さらにメニューが入れ替わるとのことで、
また再訪したいと思います。

その後、会場内を周って、気になるものを買ったり食べたりしました。





少しだけ簡略化も目立つものの、おおむね例年の状態を維持していてよかったです。
インポートブランドがやや少ない気もしましたが…
私はもう、ショコラカフェだけで満足できそうなので、特に物足りなさは感じませんでした。
今回の購入分は、近くまた改めて記事にしようと思います。
comments(0)|trackback(-)|サロン・デュ・ショコラ、その他|2021-01-27_19:45|page top

コメントの投稿

非公開コメント