fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

札幌ビューホテル大通公園(オードリー)


札幌ビューホテル大通公園
(オードリー)
札幌市中央区大通西8丁目 TEL011-261-8332
11:30~15:00ランチバイキング
大人2,700円 6歳以上1,400円 4~5歳500円(すべて税別サ込)

 ●毎日実施
 ●定刻前入店待機可
 ●テーブルオーダー+セルフ形式バイキング
 ●全席禁煙

10月1日(木)から開始された「ランチブッフェ+Plus」に行きました。

7月から実施していた完全オーダー制に替わり、グリル料理などはオーダー制を残したまま、
セルフ形式のランチブッフェに戻る形になりました。




以下、長いですがお店のHPから引用です。

「このたびAudrey(オードリー)では、新スタイルのランチブッフェ
「ランチブッフェ+Plus」が10月1日(木)からスタートします。
4つの"+Plus"で美味しさも楽しさも更にUPして魅力あふれるブッフェに!

4つの"+Plus"
◆安心・安全をプラス
◆テーブルオーダー形式でできたてアツアツをプラス
◆北海道食材をさらにプラス
◆カラダが喜ぶごほうびメニューをプラス

武藏窯で焼き上げる人気のグリルコーナーはテーブルオーダー制で、
ブッフェのお料理は予め小皿に盛り付けたものを自由にとれるスタイルに。
お料理を取る際は、マスクの着用とホテルでご用意する手袋の着用を
全員にお願いし感染予防に努めます」

以上引用終わりです。
少しずつ、以前の形態に戻りつつありますね。



定刻10分ほど前からその場での受付順に案内が始まり、席で待機となりました。
入店時に手の消毒や手袋着用等の案内があります。



オーダー制のメニュー表

以上の料理はオーダー制です。
数量制限はありませんが、常識的な範囲でオーダーするのがいいと思います。

以下はセルフ形式のブッフェ台の様子です。









































ラム肉のグリル、ベーコングリル、北海道産ソーセージグリル、牛ロースグリル、十勝産豚ロースグリル

オーダー制のグリル料理は従来同様、味わいのよいもので、
以前より実質的負担額は上がっているものの、これだけでも十分「元が取れる」と思います。
ちなみに画像はすべて2人前です。
また今回オーダーしていないですが、野菜のグリルもありました。

以下はブッフェ台からの実演メニューです。

余市産にんにくを使ったパスタ2種
(アンチョビ、オリーブ、ケッパーのトマトソース・ベーコン、ツナ、大葉のペペロンチーノ)

ブッフェ台でオーダーしてから調理してくれます。
もちもちした平打ちの麺で、ソースとの絡み具合もよかったです。

北海道野菜の天婦羅盛り合わせ むかわ町の塩で
(ニセコ町産”南瓜”、旭川市産”ししとう”、伊達市産”きのこ”)

こちらは実演調理したものをブッフェ台に並べていて、やや作り置きもありました。
この日は以上のような取り合わせでしたが、日によって異なるかもしれません。
カラッと揚がっていてよかったです。

2種の中華メニューはタイムサービス的に提供されていて、
ブッフェ台でスタッフが取り分けてくれます。


海老のチリソース


江別産木綿豆腐のマーボー豆腐

実演提供される料理はやはり「目玉」にふさわしく、
味わいのよいものでよかったです。


以下はまた、オーダー制の料理です。
肉類のグリルと違って、まとめてオーダーしてもランダムに提供されました。

伊達産きのこと小海老のアヒージョ


美瑛牛乳のペンネグラタン


北海道産小麦の自家製ピッツァマルゲリータ


北海道産秋鮭のロースト 西京味噌ソース


出来たてが提供されて、アヒージョやマルゲリータなどは特にオーダー制にふさわしいと思います。

以下は、ブッフェ台のセルフのメニューで、特に実演等ではないものです。

鷹栖牛スネ肉のシチュー、ミニハンバーグチーズ焼き沼田産ケチャップソース、
白老産卵と美瑛牛乳のキッシュ


森町産駒ケ岳豚モモ肉のポークカレー、伊達産鶏ムネ肉入りスープカレー


生ハムのサラダ仕立て、スモークサーモンのトマトドレッシング、ミニ春巻、
フライドポテトむかわ町の塩味


十勝産ネバリスターのとろろ、江別産生揚げのトマトマリネ、北海道産ななつぼし

カレーはまろやかで特に印象的でした。この他和惣菜や生野菜などもありました。


自家製東神楽町産米粉パン、クロワッサン、ショコラ、クリーム

パン類もオーダー制で、基本的にすべて軽く焼いて提供してくれます。


江別産豆腐とチョコのムース、ガトーフレーズ、東神楽産米粉のシフォンケーキ


幌加内産そば粉のクッキー、岩見沢産きな粉ゼリー、ぶどう(余市産スチューベン)、
ガトーショコラ、北海道産抹茶の豆乳プリン


美瑛産牛乳のミルクジェラート、ミックスアイス

デザートは基本的にセルフですが、アイス類は実演提供です。
ケーキ類は恐らく店内製造と思われますが、以前よりはかなり簡易なつくりで、
特にガトーフレーズは、個人的にやや残念ではあります。

ドリンクもセルフですが、期間限定(?)で、
「キーコーヒー」からバリスタの方が来て、実演提供を行っていました。





ウーロン茶、北海道限定商品カツゲン

この他オレンジジュースやミネラルウォーター、美瑛牛乳等もありました。

全体に、以前の状態にかなり近い水準まで戻りつつあって、嬉しくなりました。
もちろん全く同じとまではいいませんが、現状で可能な限りの内容は提供されていると思います。
今後も長く続いて欲しいですね。

店内の様子は、やや席数を減らした状態で、
ピーク時(12:00~13:00頃)にはほぼ満席だったと思います。
ブッフェ台はやや混雑もあったものの、極端な「密」は感じませんでした。
またオーダー制のメニューは、やや提供が遅くなることもあったものの、
セルフの料理もあるし、気になることはほぼなかったです。

ちなみに、



店内はハロウィンの飾りつけがされていました。
あまり大がかりなイベントはできないと思いますが、少しでも賑わいが戻ると嬉しいですね。
comments(0)|trackback(-)|未分類(ホテル)|2020-10-03_21:17|page top

コメントの投稿

非公開コメント