fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

L'air du temps


L'air du temps
(レールデュトン)にて。

2020年6月23日(火)、桑園付近にオープンしたパティスリー・ショコラトリーです。



少し前に(開業前の)お店の前を通りかかって、少し気になっていたのです。

今回またお店の前を通ったら、すでにオープンしていて、
そしてそのフランス菓子店らしい佇まいが魅力的だったので、思わず買ってしまいました。



ミゼラブル(540円)

「バタークリームをダコワーズ生地で挟んだケーキ。アクセントにゲランド塩を」

まずいちばん先に目に入ったのがこちら。
一見して想像するような、殊更に濃厚さを打ち出すようなタイプではないですが、
さっくりしたダコワーズの食感も、バタークリームの自然な風味も、
すべてひとつに溶けあって、まとまりのよさを強く感じました。

タルトカマンベールサレ(500円)

「濃厚なカマンベールチーズのクリームとレモンのジュレにアクセントでゲランド塩」

こちらも同様にカマンベールのほのかな酸味を主体にした、
全体の一体感を強く感じますが、その中でクリームの滑らかさや、
レモンの酸味などが印象的に効いていました。

シャンティー フリュイ(480円)

「季節のフルーツを使ったショートケーキ」

しっとりしたジェノワーズにやや濃厚なシャンティ、
そして旬の赤肉メロンを組み合わせています。
水分の多いメロンを、きっちり風味を効かせるつくりがいいですね。
フルーツは季節ごとに、旬のものになるのだろうと思います。

クロワッサン オ ザマンド(330円)

「クロワッサンにアーモンドクリームを合わせました」

ヴィエノワズリーも買ってみました。
クロワッサンはぺしゃんこにつぶれたタイプで、
この方がダマンドとの相性がいいですね。

今回食べたものは、どれも食材の風味や組合せの相性のよさの感じられる、
きちんとしたつくりがよかったです。
シェフの経歴等は不明ですが、私の好みのタイプなので、また再訪してみようと思います。
それにしても、この近辺は元々私の好みのお店が多いところに、
このところ新店も多く出店し、ちょっとした激戦区ですね。
一度にすべてのお店は回り切れないので、嬉しい悲鳴を上げています(笑)

ショーケースの様子も撮らせてもらいました。











ボンボンショコラも豊富なようですね。
午後の訪問で品切れもあるようでした。また早めに再訪してみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(札幌・甘味)|2020-06-28_18:46|page top

コメントの投稿

非公開コメント