fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Salon du Chocolat(札幌丸井今井・ショコラカフェ再訪)

丸井さんのSalon du Chocolat(サロン・デュ・ショコラ)、ショコラカフェに再訪しました。

2月3日(月)からショコラカフェのメニューが入れ替わっています。
さっそくイートインしてみました。



メニュー表



フレデリックカッセル「ショコラ オペラ」

「香り高いショコラとカフェの2層仕立てガナッシュショコラ」

フィリップ・ベル「ブールキャラメルセミリキッドミエル」

「はちみつ風味のセミリキッドキャラメルを閉じ込めました」

カンタン・バイィ「シコレ」

「ヘーゼルナッツのプラリネの中に、シコレという代用コーヒーを入れたひと粒」

ジャン=ポール・エヴァン「アレグロ」

「アールグレイで香りづけしたガナッシュを、カリブ産ビターチョコレートでコーティング」

オリヴィエ・ヴィダル「フィグ」

「フィグのピューレを使用したガナッシュと、ドライフィグのマジパン2層ショコラ※アルコール使用」

フレデリック・アヴェッカー「フォアン ドゥ クロ」

「干し草の香りのガナッシュをビターチョコレートでコーティングした自然の香りを楽しめるショコラ」

ブノワ・ニアン「メンテ」

「フレッシュミントの葉を使用したビターチョコレートのガナッシュ」

ピエール・エルメ・パリ「オマージュ」

「洋梨風味のパートドフリュイとマロン風味のガナッシュをミルクチョコレートでコーティング※アルコール微量使用」

ドゥバイヨル「グリーンドーン」

「プラリネに砕いたピスタチオを入れたビターチョコレート」

フランク・ケストナー「セザール」

「月桂樹のリーフを抽出し香りをつけたビターチョコレートのガナッシュ」

クリスティーヌ・フェルベール「ノア」

「自家製くるみリキュールの風味をビターチョコレートと合わせたショコラ※アルコール使用」

ピエール マルコリーニ「クールキャラメルサレ」

「塩バターキャラメルソースをホワイトチョコレートに閉じ込めました」

クリスチャン・カンプリニ「マンダリン エ バジリック」

「マンダリンとフレッシュバジル風味ガナッシュのビターチョコレート」

ヴェストリ「アチェート・バルサミコ」

「ジャンドゥイアにバルサミコ酢を合わせ、ビターチョコレートでコーティング」

キャラメルパリ「チャイラテ」

「チャイラテ風味のボンボンショコラ」

ルノートル「ピスターシュ・ドゥ・シシリー」

「シチリア島のピスタチオを使用した濃厚な味わいのプラリネ」

夕方でしたが平日のためか、エムアイ会員特典お楽しみショコラがまだ残っていました。

前日までのメニューにあった、オリヴィエ・ヴィダルの「ユズ」でした。

断面はまた小さめに載せておきます。









今回もまた、色々なお店のショコラを食べられてよかったです。
日本に店舗のあるお店も増えてきましたが、これだけのショコラを一度に味わえる機会は貴重だと思います。
価格も手頃だし、今後も長く続いてほしいですね。

ちなみに2月9日(日)からは、全てではないですがまた一部メニューが入れ替わるとのことでした。
最後にもう一度、訪れておきたいと思います。
comments(2)|trackback(-)|サロン・デュ・ショコラ、その他|2020-02-03_21:30|page top

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。カフェでこんなにたくさんのショコラティエのチョコが楽しめるんですね!
この時期にしかできない楽しみ方ですね。

断面が見えてることで味の想像が捗り、ありがたかったです。
No title
どうもです。
こちらのカフェは札幌での初実施(2007年)から毎回実施されていて、
インポートショコラも味わえるので、私は毎年必ず訪問しています。
来年以降も、ぜひ長く続いてほしいと思います。