fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Salon du Chocolat(札幌丸井今井)

札幌丸井今井で実施のSalon du Chocolat(サロン・デュ・ショコラ)に行きました。

今年(2020年)は1月29日(水)~2月14日(金)の実施です。
例によって前日のエムアイ会員優待日に訪問しました。



そしてさらに例によって、まずショコラカフェに行きました。

ショコラセット900円~、追加2個セット650円~というのは、ここ数年変化なしですね。
10年前の料金(ショコラセット750円~、追加2個セット550円)と比べても、
大きな値上がりはないと思います。

メニュー表



ピエール マルコリーニ「トルサード」

「ジャンドゥーヤをミルクチョコでコーティング」

キャラメルパリ「キャフェ」

「コーヒー風味のビターガナッシュに、スペキュロスを合わせました」

フランソワ・ジメネーズ「カゼット」

「ブルゴーニュ産カゼットを使用したピエモンテ産ヘーゼルナッツの濃厚なプラリネ」

フランク・ケストナー「ペルル・ロレーヌ」

「ミラベルのパータドフリュイ、キャラメル、ヘーゼルナッツプラリネの3層仕立て」

クリスチャン・カンプリニ「アナナス」

「パイナップルのコンフィとココナッツ風味のガナッシュが2層になったボンボン」

ピエール・エルメ・パリ「ショコラ オ マカロン アンフィニマンプラリネピスターシュ」

「ピスタチオのプラリネと、ピスタチオ風味のマジパン、マカロン、
ローストピスタチオをビターチョコレートでコーティング」

クリスティーヌ・フェルベール「トレゾール」

「バニラとレモンのハーモニーが楽しめるマンジャリガナッシュのビターチョコレート」

ヴェストリ「リモーネ」

「ジャンドゥイアチョコレートにレモン果汁を加えて、ホワイトチョコレートでコーティング」

オリヴィエ・ヴィダル「ユズ」

「ミルクチョコレートとビターチョコレートのブレンドベースの、
柚子風味のガナッシュをミルクチョコレートでコーティング」

フレデリック・カッセル「ショコラ フランボワーズ セザム」

「甘酸っぱいフランボワーズのガナッシュショコラにゴマのプラリネを合わせました※アルコール微量使用」

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ「バンブー」

「愛知県南山園の抹茶を使用した濃厚なガナッシュ」

カンタン・バイィ「ヴァーベナ」

「フレッシュのヴァーベナを抽出し、ヴァーベナリキュールと合わせたガナッシュ※アルコール使用」

フィリップ・ベル「ほうじ茶」

「ほうじ茶の香りたっぷりのミルクガナッシュ」

ドゥバイヨル「ビューティー」

「キャラメルとフランボワーズソースリキュールが入ったミルクチョコレート※アルコール使用」

ジャン=ポール・エヴァン「スープソン」

「ほのかに香るスパイスのジャンドゥジャをミルクチョコレートでコーティング」

ブノワ・ニアン「フィグ&フランボワーズ」

「イチジクとラズベリーを使用したビターチョコレートのガナッシュ」

断面はやはりきれいに撮れなかったので、今回も小さめに…








私としては、ボンボンショコラはこれで十分満足しています。ベーシックなメニューも多いですが、
これだけのショコラティエのショコラが揃っていて、そして自由に選べるのは、やはり魅力ですね。


ショコラカフェのメニューは以下の通りだそうです。







さて…、カフェを出て会場を見ましたが、夕方の訪問で、すでにめぼしいものは品切れでした。
ここ数年はエムアイ会員優待日であれば、夕方でもいくらかインポートブランドやイートインメニューなど、
何かしら気になるものがあったのですが、今回は(失礼ながら)あまり目を惹くものがなく…、

残っているイートインメニューから、いくつか食べてみることにしました。


まずはkazunori ikeda individuel(カズノリ イケダ アンディヴィデュエル)の、


フォンダンショコラ(501円)


「しっとりしたショコラ生地にとろりとしたフランボワーズソースのアクセント」

テイクアウトも可能のようですが、その場で食べることにしました。

フランボワーズソースは別添で、とろりとしたフォンダンとの相性もいいですね。
私はこちらのお店のことは知らなかったのですが、仙台のお店があるそうです。
渡仏経験もあり、経験豊かなシェフだそうですね。


そして、次は…JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール エヴァン)から、


ムニュSDC(1,595円)

「ショコラ ショパリジャン、サロン・デュ・ショコラ限定のショコラ3個のセット」

エヴァンさんには本当は「パヴロヴァ」という会場限定メニューがあったのですが、
当然のように売切れで、残っていたこちらにしてみました。
ショコラカフェでボンボンショコラをたくさん食べてきましたが、
さらに追加することになってしまいました(汗)

ショコラショ パリジャン


カライブ タン

「カカオ分63%のシンプルなビターチョコレートガナッシュ。
コーティングのビターチョコレートに加えたタイムのアクセント」

シャティーニュ

「栗の木のはちみつのガナッシュをビターチョコレートでコーティング」

エクアトゥールキュマン

「エクアドル産カカオとヴァニラのガナッシュ。
コーティングのビターチョコレートに加えたクミンのアクセント」


ショコラカフェで食べたものも含めて、スパイスやハーブなど、香りの強いものとの組み合わせが多いようです。
ただそれでも自然な風味に感じられるのがすごいですね。

さて、この日はこれだけになりましたが…期間中、どれだけ気になるものが買えるでしょうかね?
今年はあまりこのために時間を取れなさそうなのですが、無理をしない範囲で再訪してみようかと思います。
comments(0)|trackback(-)|サロン・デュ・ショコラ、その他|2020-01-29_20:59|page top

コメントの投稿

非公開コメント