fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Patisserie JUN UJITA


Patisserie JUN UJITA
(ジュン ウジタ)にて。

昨年(2019年)の年末に、サロンを利用しました。
近くまで行く用事があったのでふと立ち寄ったのです。



ミルフォイユノルマンディ(500円)

「爽やかな余韻を残すりんごのジュレとカルバドスのシャンティクレームをサンド」

フィユタージュの食感と風味のよさは言うに及ばず、タタン風のりんごのジュレと、
カルバドス風味のシャンティもとても風味がよかったです。
ジュレに比べてシャンティの方が量が多く、ボリューム感がありますが、
ジュレの酸味と濃厚さは、それに負けない印象的な味わいでした。

ショーモンテ(490円)

「牛乳、アーモンドを使用した生地は、サクッ、シュアと溶けるような食感。
バタークリームとチェリーをサンド」

メレンゲによく似たサックリした食感で、溶けるような…というよりも、
口に含むと本当に溶けてしまいました。
素直な甘さと口溶けのよい食感がとてもよかったです。

ムースミエルフロマージュ(560円)

「軽やかな蜂蜜とチーズのムースに赤ワイン、いちじく、マールドシャンパーニュ」

スフレチーズ風の食感で、こちらのお店にはちょっと珍しいタイプでしょうかね。
ただスフレの口当たりのよさだけでなく、チーズと一体になった蜂蜜とワインの豊かな風味が
とても印象的でよかったです。



こちらのお店は、どれを食べても何かしら独自の味わいを感じさせてくれますね。
また折を見て再訪してみたいと思います。
ちなみに店頭にはガレットデロワの告知もありましたが、
以前買ったことがあるので今回は見合わせました。いずれまた買ってみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2020-01-13_00:12|page top

コメントの投稿

非公開コメント