fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Patisserie Chocolaterie Chant d'oiseau


Patisserie Chocolaterie Chant d'oiseau
(パティスリー ショコラトリー シャンドワゾー)にて。

8月14日(水)~20日(火)まで、伊勢丹「マ・パティスリー」に来ていました。



まずは都合で夕方に訪問したところ…

お目当てのものは品切れでしたが、
それでも伊勢丹限定品などが残っていたので、買ってみることにしました。


タルトタタントロピック(681円)

「トロピカルフルーツとパイ生地」

マンゴーやパインなどいわゆる夏の「トロピカルフルーツ」を、
タルトタタン風にしたもののようですね。
りんごのタタンよりも酸味が刺激的なので、濃厚さは和らぐかと思いきや、
やはりずっしりと重い印象が残りました。
ダマンドはしっとりしていて、それ以上重さを加えることはなかったです。

ガトーショコラナチュール(551円)

「チョコレートのケーキ」

シンプルなガナッシュショコラのケーキのようですね。
濃厚ではあるのですが、食感が滑らかなので比較的素直に味わうことができます。
心なしか上記のタタンよりも食べやすく感じました。

以上の2種は伊勢丹限定品です。
真夏の時期にこれだけ濃厚なケーキを限定品で出品するとは、
なかなか攻めた姿勢だと思います(笑)
どんな季節でも、喉越しのよさだけでない、
濃厚なケーキをじっくり味わってみたい気持ちが湧いてきますね。

ソーテルヌ(551円)

「貴腐ワインのヴェリーヌ」

こちらは特に限定品ではなく、さっぱり軽いのど越しのよい味わいも用意されていました。
とはいえそれだけではなく、ワインの風味は強い印象を残していました。
心なしかスパークリングのようなしゅわっとした食感もあったのですが、
それはもしかするとアルコールのせいかもしれません。

このときはこれだけを買ったのですが、気になって後日目当てのものを買いに行きました。
並ぶつもりはなかったのですが、早めに売り切れるとの噂だったので、開店前から並んでしまいました(汗)


ミゼラブルバターサンド(321円)

「シャンドワゾーのミゼラブルをイメージしたバターサンド」

目当ての品はこちらです。
こちらのお店のスペシャリテ、ミゼラブルに使用したバタークリームをほぼそのまま使っているようですね。

バタークリームとサブレの生地、どちらにもはっきりした塩味があって、
ラムレーズンとはすぐに混じり合う感じではないですが、違和感は全くないですね。
よくあるバターサンドとも、こちらのお店のミゼラブルとも、それほど似た印象はないですが、
どちらかといえばミゼラブルの方が近いように思います。
人気があるのも納得なので、今回食べられてよかったです。


ヴェリーヌアブリコ(551円)

「バニラのババロア、杏のコンポート」

こちらは伊勢丹限定品で、これも買い損ねていたもの。
杏の味わいがストレートに感じられて、それが個性にもなっていると思いますが、
杏特有の「えぐみ」も感じられて、個人的にはそれがあまり得意ではなかったです。
ババロアの滑らかさはとてもよかったです。

盛夏の時期に、こちらのお店のお菓子はなかなか濃厚に過ぎる印象がありますが、
売切れが多いのはさすがですね。お店にはイートイン限定品もあるようなので、
またいずれ再訪してみたいです。
comments(0)|trackback(-)|それ以外の甘味(パティスリー、その他)|2019-08-27_20:03|page top

コメントの投稿

非公開コメント