fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Patisserie Yu Sasage


Patisserie Yu Sasage
(パティスリー ユウ ササゲ)にて。

と言っても、パティシェリアへの出店中にイートインしたものです。
4月24日(水)~5月6日(月・祝)まで出店していました。(4月30日、5月1日を除く)



同行者とともに、計4個食べてみました。

ライチパンプルムス(540円)

「ライチムースの中にグレープフルーツのジュレ、ミントのムースを合わせた爽やかなケーキです」

さっぱりした爽やかな酸味と、はっきりしたミントの清涼感の相性がいいですね。
これらをまとまりよく合わせるのは、実は難しいのだろうと思いますが、
自然に感じさせる手腕がさすがです。

サントノーレ シトロン フランボワーズ(556円)

「レモンクリームの中にフランボワーズのクリームとジュレ、プチシューの中にはシトロンクリーム」

カリッとしたプチシューと、サクサクしたブリゼ(?)の食感がいいですね。
たっぷりと乗ったクリームはレモンクリームで、フランボワーズとも合わせて酸味の印象が強いです。

シュー ルビー(432円)

「第4のチョコレートと言われるルビーチョコレートを
相性の良いフランボワーズと合わせ、自慢のシュー生地に絞りました」

ルビーチョコレートはそれだけでもフルーツのような酸味があるようですが、
フランボワーズと合わせることで、さらにフルーティな風味を増していました。

以上の3種は高島屋限定の表示がありましたが…
その後もしかするとお店でも出ているかもしれません。

プランタニエ(529円)

「ベリーのムースに紅茶のムースとベリーのジュレを合わせ、春らしく軽やかに仕上げました」

こちらは高島屋限定表示はなかったです。
紅茶はベリーの酸味を少しまろやかにしていて、季節感のある、ほのかな酸味よかったです。

お店まで行くのはちょっと難しいので、今回のような催事出店は本当に嬉しいです。
できるだけ機会を逃さないようにしたいと思います。

カモミールジャーマン、ローズヒップ&ハイビスカス

母の日向けの、パティシェリアのドリンクメニューだそうです。

ハーブティの風味もたまにはいいですね。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2019-05-23_19:13|page top

コメントの投稿

非公開コメント