fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

ウェスティンホテル東京(ザ・テラス)


ウェスティンホテル東京
(ザ・テラス)
東京都目黒区三田1丁目4‐1 TEL03-5423-7778
15:00~17:00デザートバイキング 
大人3,900円 子供1,950円(ともに税サ別)

 ●定刻10分ほど前から案内開始、席で待機
 ●月~金のみ実施(祝除く)
 ●全席禁煙
 ●ドリンクはオーダー制

1~4月は「ストロベリーデザートブッフェ」を実施しています。


同じフェア名でも、月替わりで内容は若干変化するようですが、
私が利用したのは2月中のことです。




ブッフェ台の様子



苺のラッシー



チョコレートとフォンダンライムとタイムの香り


グレープフルーツと苺のポット


抹茶と葛と苺のソース


苺のミルクブラックタピオカ


苺とパイナップルのズッパ


グラスショートケーキ


苺とミルクチョコレートフール


苺とラズベリーのキャラメリゼ


苺のレアチーズケーキ


苺とオレオのクリームシャンティ


アメリカンショートケーキ


ホワイトチョコレートと苺のヨーグルト


苺とカシスのタンバル


苺とラム酒のババ


苺と練乳のクレームシャンティ


苺の焼きタルトプラリネローズ


苺のタルトショコラ


苺とオレンジのスープ


タルトフレーズ




カサータ、ミックスフルーツのゼリー


ストロベリーシュニッテン、レモンとプラリネのクリームブリュレ


カシスフレーズ、牛乳プリン苺のソース


ダブルチョコレートタルト、ポットドクレーム


ストロベリーショートケーキ


ラクテノアール


セミドライイチジクのタルト


赤いベリーとクレームアンジュ、紅茶のエクレア


ラズベリーとみかんのゼリー、チーズケーキ


アイス各種




チョコレートフォンドゥ




フルーツサラダ


フライドポテト


鶏の唐揚げ


昔ながらのナポリタン


野菜とベーコンのブイヨンスープ


コールドサンドウィッチ


ポップコーン


生野菜等



ホットサンドウィッチ(チーズとハム)


ジャガイモとベーコンのキッシュ


ニョッキグラタン


フレンチトースト


ピッツァ


おぜあかりん、とちおとめ、紅ほっぺ





いちごのサンドイッチ


カットフルーツ


いなり寿司


漬物



一皿目はこんな感じで取りました。


グラスショートケーキ、苺とラズベリーのキャラメリゼ

グラスショートもこの時期定番でしょうかね。
流動性があるので、スタンダードなイチゴショートとは印象が異なります。
キャラメリゼはあまりパリパリした食感ではなかったです。

苺とラム酒のババ、苺とパイナップルのズッパ

湿度のある、流動性の高いデザートは私自身好みだし、苺ともよく合いますね。


二皿目


苺とミルクチョコレートフール、苺と練乳のクレームシャンティ

チョコレートはあまり苦みがなく、食べやすいです。
練乳とシャンティは甘さの強いものでした。

苺とカシスのタンバル、苺のレアチーズケーキ

タンバルはババやズッパのようなしっとり感がいいですね。
レアチーズはやや甘さが抑えめで、これもまた苺と合っていると思います。


三皿目


グレープフルーツと苺のポット、苺とオレオのクリームシャンティ


チョコレートとフォンダンライムとタイムの香り、抹茶と葛と苺のソース

少し個性的な組み合わせもありました。
グレープフルーツは苺と共に酸味が前面に出ています。
フォンダンや葛は、トッピング・アクセント的な苺の使い方です。


苺の焼きタルトプラリネローズ、タルトフレーズ、苺のタルトショコラ

フェアの中では比較的「生地もの」というか、シンプルな構成です。

ホールで配置されたタルトフレーズは特に目を惹きました。


アメリカンショートケーキ、ストロベリーショートケーキ、カシスフレーズ、ストロベリーシュニッテン

アメリカンショートケーキはスコーンに苺やシャンティを添えたものです。
他の3品はアトリエコーナーにありました。
アメリカンショートを含めると、3種類も「イチゴショート」が出ているのがすごいですが、
それがすべて味わいのベクトルが異なり、別種のものとして楽しめるのはもっとすごいですね。

イチゴとチョコのスフレ(?)

スフレ名はあまり詳しく確認できませんでした。
チョコの風味もあったと思うのですが…


おぜあかりん、とちおとめ、紅ほっぺ

いわゆる苺の食べ比べもありました。
品名は手前から右回りで記載していますが、味わいだけでは区別できなかったです(汗)
そのまま食べたり、チョコフォンドゥやアイス等のトッピングにするのもいいですね。

ニョッキグラタン、鶏のから揚げ、昔ながらのナポリタン

軽食はこれしか食べられませんでした。
特に目新しいものはなかったですが、苺のサンドイッチが軽食コーナーにありました。

ドリンクのメニュー表


本日のフレーバーティ

フェアメニューはホットのみでした。

苺は見た目が華やかで、いわゆる「テンションが上がる」のも納得ですね。

味わいのバリエーションはそれほど幅広くならない印象がありますが、
チョコやマロンのような食後の「重さ」がないので、さっぱり食べやすいと思います。
単純に味わいだけでいえば、なかなか好みのフェアです。
私もその中の一人なので強くは言えないですが、もう少し予約が取りやすいと嬉しいですね。




店内の様子は、当然のように満席ですが、以前の同様のフェアに比べると、
ブッフェ台の混雑は驚くほど速やかに解消していました。
comments(0)|trackback(-)|ウェステインホテル東京|2019-02-27_18:40|page top

コメントの投稿

非公開コメント