fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Blondir


Blondir
(ブロンディール)にて。

またお店に行ってみました。
週末利用でしたが、デセールの提供はお休み中とのことで、サロンが混雑することはなかったです。


タルトタタン(500円)

「特選の紅玉を飴色になるまでソテーし、更にバニラ等とオーブンで焼いた伝統菓子」

濃縮した、密集感のあるりんごの味わいがとてもいいですね。
パリパリしたフィユタージュとも相性がいいです。
私は必ずしも必要とはしないですが、
シャンティは刺激的な酸味を調節するのに一役買っていると思います。

モンブランセゾニエール(520円)

和栗のモンブランのようですね。
フランス栗のモンブランは別に販売されていました。

ホロっとした、甘さのまろやかな和栗がよかったです。
合わせるのもメレンゲやシュクレではなく、スポンジ(ビスキュイ?)なのですね。
こちらのお店にはちょっと珍しいつくりが興味を惹きます。

ノワイヨ(480円)

「フランボワーズで煮たポンム、ダックワーズ、クレームムースリーヌ、ヴァニーユ」

さっくりしたダックワーズと甘酸っぱいりんご、ムースリーヌと、
想像よりもずっと新鮮で滑らかな、爽やかさのある味わいがよかったです。

サンマルク(450円)

オーソドックスなつくりですが、自重で潰れそうな、滑らかでクリーミーな食感でした。

キッシュ(420円)

初めてトレトゥールの類を食べてみました。
トマトやアパレイユがとてもジューシィで、さらにスパイシーな味わいがよかったです。


あまり頻繁には来れない場所なので、ちょっと食べすぎたでしょうかね(汗)
(ちなみに今回は単独での訪問です)
それでも初めての味わいばかりを感じられてよかったです。
またできるだけこまめに再訪してみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2018-12-20_19:08|page top

コメントの投稿

非公開コメント