fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

grains de vanille


grains de vanille
(グランヴァニーユ)にて。

京都の烏丸御池駅付近にあるお店です。
シェフがイデミスギノ出身とのことで、こちらも気になっていました。



オープン時刻をめがけて訪問したところ、先に2組ほどの待ち客があったくらいで、
行列というほどではなかったですが、オープンと共にどんどんお客さんが入ってきました。

サロンは5卓ほどあり、こちらも早い時点で一旦満席になりました。
早めの訪問をしてよかったです。

同行者と共に、2個ずつ選択し、シェアして頂きました。




アルデショワ(580円)

「マロンのムスリーヌ、コーヒーブリュレをマカロンでサンド」

新作表示がありました。私がいちばん気になったものです。
ムスリーヌは想像よりもバターの風味が抑えめで、マロンの風味豊かです。

マロンとコーヒーの落ち着いた甘さに、マカロンのやや「ねっちり」した食感がよく合っていました。

シードルカシス(580円)

「リンゴのソテーにシードルのムース、カシスのムースを合わせました」

リンゴのソテーはタタン風の濃厚なものですが、シードルやカシスのムースは酸味が爽やかで、
またムースの軽い食感もあって、食後は思いのほかさっぱりした印象が残ります。


バレル(580円)

「ポートワインのムースとカシスとイチジクのチョコレートムース」

ワインとイチジクで、どことなく季節感のある、淡い酸味がよかったです。

シブースト ポワール エラブル(580円)

「洋ナシのコンポート、洋梨のクリームにメープルのシブースト」

こちらは人気があるようで、早い時点で一旦品切れになっていました。
シブーストのもったりしながら滑らかな食感、洋梨の味わいもよく、
人気のあるのも頷けるものでした。

全体に、滑らかで繊細なムースの食感が非常に印象的で、
出自から想像する味わいそのままだと思います。

ドリンクメニュー

拡大せず恐縮ですが…視認可能かと思います。



ショーケース等の様子も撮らせてもらいました。















京都への再訪自体、そう頻繁に可能なわけでないですが、
こちらのお店にはできればまた再訪してみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|それ以外の甘味(パティスリー、その他)|2018-12-04_19:11|page top

コメントの投稿

非公開コメント