fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

札幌東急REIホテル (south west)


札幌東急REIホテル
(south west)
札幌市中央区南4条西5丁目 TEL011-531-1065
17:00~21:00 デザートバイキング
大人2,200円 小学生1,500円(ともに税サ込)

 ●原則偶数月の任意の日に実施
 ●120分制限
 ●定刻前入店待機可
 ●全席禁煙

「CHRISTMAS CAKE VAIKING」に行きました。

今回はいわゆるイベントではなく通常実施回で、12月2日(日)の実施でした。


ロビーには大きなツリーとサンタの人形があって、目を惹いていました。

それなりに広いスペースを占めていました。




ブッフェ台の様子



実演サンタさんの帽子


実演Blanc・Blanc(ブラン・ブラン)


モンテリマー

「アーモンドミルクとアプリコットのジュレを合わせました」

レーヴル

「苺とチェリームース、ブラッドオレンジのジュレのさっぱり風味のケーキです」

アラビック

「クレームブリュレ入りのエスプレッソショコラケーキです」

クリスマス・リースシフォン

「ふわふわバニラシフォンをリースに見立てました」

クリスマスツリー

「抹茶のムースをツリーに見立てた、キュートなケーキです」

スイートポテト

「おいもの甘さを生かしたしっとり食感の定番スイーツ」
※前回の一番人気が再登場

ジンジャーマン

「スパイシーなクッキーをバタークリームでサンド。お好きな顔を選んでね」

えんとつケーキ

「えんとつ型でかわいらしい、濃厚チョコレートケーキです」
※前回アンケートを元に作るリクエストスイーツ

フランボワジェ

「フランボワーズのバタークリームケーキ。食べ飽きしない、軽やかな味わい」

フロマージュクリュ

「チーズムースとベリーのジュレ、相性抜群の組合わせ」

シュトーレン

「クリスマスといえばシュトーレン!ワクワクするおいしさです」

グラスデザート各種


ナッツのヴェリーヌ

「ヘーゼルナッツのクリームとミルクプリンのおいしい組み合わせ」

サングリアジュレ

「ヨーロッパのホットワイン、「グリュードワイン」風の大人なジュレ」

チョコのグラスモンブラン

「グラス仕立てで食べやすい、チョコレートモンブランです」

アイス各種



パン・オ・ショコラ


クロワッサン


ブッシュ・ド・ノエル

※大きなケーキグラン・ガトー

シェフの実演メニュー プロシュットのスライスとドライフルーツのパワーサラダ



スパゲッティーカルボナーラ


ホットドッグ


フライドチキン


フライドポテト


半熟卵とチーズのリゾットマルセイユ風


コーンポタージュ


葉野菜のサラダ


スモークサーモンと野菜のマリネ


チキンボンベイ


ソフトサラミとオニオンスライス


サラダクリュディテ


タラモサラダとミニグリッシーニ


グレープフルーツのサングリア


カシスシロップ、ピーチシロップ





ドリンク






ウェルカムシート


ネームプレート



一人一品のデザートの実演は、カウンタで引換券を渡して、後から席に運んでもらいます。









実演サンタさんの帽子(一人一品)

苺やベリーのソースを巻き込んだロールケーキを生クリームでコーティングして、
薄い三角錐状のホワイトチョコを乗せています。

サンタ帽にも見えるし、ちょっとしたクリスマスケーキ風で、
なかなかクリスマスらしさがあってよかったです。

実演Blanc・Blanc(ブラン・ブラン)

こちらは個数制限のない実演デザートです。
ちょっと作り置きが多かったですが、それほど味わいに影響はなかったです。

こちらはクリームがレアチーズ風でしょうかね?

全体にはもうひとつの実演と味わいの傾向はよく似たものです。

ブッシュ・ド・ノエル

これはグランガトー、いわゆる特大デザートで、好みの大きさに切り分けられます。
比較的シンプルなチョコロールケーキです。
イベント出ない、いわゆる通常実施回に特大デザートが出るのは珍しいですね。

クリスマスツリー、クリスマス・リースシフォン


えんとつケーキ、アラビック

クリスマスらしい形のデザートもありました。
味わいは比較的シンプルですが、雰囲気があっていいですね。


モンテリマー、レーヴル


フロマージュクリュ、フランボワジェ

ムース類は、時間が経つと重みで沈み込んでくるような、滑らかな食感がよかったです。
酸味も使い分けられていていいですね。

スイートポテト、ジンジャーマン、シュトーレン

ジンジャーマンは名前の通りショウガの風味があって、
スペキュロスやレープクーヘンのようなつくりです。
シュトーレンはカットが大きくていいですね。紅茶とよく合いそうな味わいでした。

サングリアジュレ、チョコのグラスモンブラン、ナッツのヴェリーヌ

グラスデザートも多いです。チョコやナッツなど、風味の濃厚なものが多く、
どことなく秋のイメージを残しています。

アイス(スイートポテト、グレープ)


シェフの実演メニュー プロシュットのスライスとドライフルーツのパワーサラダ

食事メニューの実演は、生ハムのカッティングでした。
ドライフルーツだけでなくサラダのドレッシングにも、
マンゴーのようなフルーツの酸味があって、生ハムとはミスマッチな感じで合っていたと思います。

スパゲッティーカルボナーラ、半熟卵とチーズのリゾットマルセイユ風


フライドポテト、フライドチキン、ホットドッグ

軽食はクリスマスを意識したようですね。
フライドチキンはパリパリの皮がよかったですが、人気もあってやや補充が遅れがちでした。

チキンボンベイ、ソフトサラミとオニオンスライス、スモークサーモンと野菜のマリネ、
タラモサラダとミニグリッシーニ

冷菜も豊富です。野菜のマリネにはオクラが入っていて、粘りがありました。

葉野菜のサラダ、コーンポタージュ


グレープフルーツのサングリア


ピーチシロップ

サングリアはいつも通りですが、今回はシロップがあり、ノンアルコールのカクテルを作成可能でした。
今回は特に家族向けを意識して、小さな子供向けに用意したようですね。
サングリア用のゼリー入りグラスに入れたところ、混ざり合って不思議な模様になってしまいました。
その他のドリンクは特に変化なかったです。

ちなみにひとつ気になったのが、実演に利用するため(?)なのか、
平皿の在庫が少なく、すぐになくなってしまい、補充も遅れがちでした。
6マスの仕切り皿はあったのですが、平皿の方が需要が多いように感じられました。
次回以降は十分な在庫を確保してもらえると嬉しいところです。

全体に、イベントではない通常の実施回とは思えないような、
クリスマスらしい充実した内容がよかったです。
私としては、イベントでの実施時も、極端に品数を増やすより、
このくらいの内容の方が楽しみやすいような気がしています。

店内のオブジェも楽しかったです。





今年はややリアル志向(?)のようですね。

ちなみに次回は翌2019年2月11日(月・祝)とのことで、
バレンタインのイベント実施のため料金も2,800円に値上がりしています。

やむを得ないと思いますが、充実した内容を期待したいですね。

店内の様子は、私の滞在時はほぼ満席のようでしたが、わずかに空席もあったように見えました。
ブッフェ台の混雑も相変わらずでしたが、いつまでも長引く感じではなかったです。
comments(0)|trackback(-)|札幌東急イン(デザート)|2018-12-03_18:20|page top

コメントの投稿

非公開コメント