fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

ホテルエミシア札幌(カフェドム)


ホテルエミシア札幌
(カフェドム)
札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25 TEL011-893-6933
11:30~15:00デザートバイキング 1,500円+200円(税込)

 ●2018年10月15日(木)~21日(日)期間限定実施
 ●定刻とともに入店
 ●全席禁煙
 ●ワゴンサービスのケーキから1回につき2個までオーダー、以後皿交換

上記期間限定実施の「ケーキ食べ放題」を利用しました。




「ホテルエミシア」へのブランド変更4周年記念の一環だそうです。
昨年も3周年記念のデザートブッフェがありましたが、今回は全く異なる形態のようですね。


ランチメニューのうち1,500円の「ウィークリーランチ」をオーダーすると、
プラス200円でワゴンサービスのケーキがお代わり自由になるシステムです。


メニューが見づらく恐縮ですが…週替りでA・B2種のメニューがあり、
同行者と1種ずつオーダーしようと思ったのですが、この週の「ラム肩ロースのソテー」が品切れで、
代わりにハーブポークのソテーになりました。

ハーブポークのソテー




海の幸とアボカド膳





ランチメニューだけでもなかなかボリューム感がありますが、
これでそれぞれ1,500円というのは、やはりホテル価格という印象はあります。

ランチメニューを食べ終えなくても、ワゴンのケーキをオーダーすることは可能です。




こんな風にワゴンが運ばれてきて、ここから1回につき2品ずつオーダーします。
後述しますが、ロビーショップで販売されているケーキがそのまま提供されるようですね。
ただしワゴンのケーキは見本で、オーダーしたケーキは後から運ばれてきます。

今回は基本的に同行者とシェアしながら、たくさんの種類を食べることにしました。

1回目のオーダー



以下、価格と説明文はロビーショップに表示されていたものです。

目玉モンブラン(380円)

「リアルな目玉にくぎ付け!シナモンムースを土台にかぼちゃクリームを絞ったモンブランケーキ」

かぼちゃだけでなく、シナモンの風味も濃厚なもので、一体感のある組み合わせがよかったです。

スパイダー(300円)

「カトルエピス(シナモン・ナツメグ・グローブ・カルダモン)を加えた
チョコレートムースの中に赤いベリー類とバルサミコ酢ジュレを入れたケーキ。
ほんのり香るスパイスが食欲をそそります」

クモの形のトッピングが目を惹きますね。
ショコラが濃厚ですが、4種のスパイスもそれと同じくらい強く効いています。

脳みそムース(420円)

「カシスオレンジのムースとパンナコッタ。リアルな脳みそを追求したハロウィンスイーツです」

見た目は食欲をそそらない(汗)ですが、そのぶんリアルで、ハロウィンにはその方がふさわしいですね。

スクリーム(400円)

「ハチミツとアーモンドを使用した生地にヨーグルトムース、カシス&グロゼイユソースの組み合わせ。
甘酸っぱいムースとチョコレートの上掛けで絶妙な味わいに仕上げました」

ドクロのチョコからは、ベリーソースが流れだすようになっていました。
緑色のグラサージュは非常に「むっちり」した食感でしたが、
こちらもヨーグルト(?)なのか、特別な風味は感じなかったです。

2回目のオーダー





紫芋タルト(400円)

「紅芋とかぼちゃでしっかり食べ応えのあるタルトに仕上がりました」

台座がかぼちゃ生地のようですね。説明どおり非常に食べ応えがありました。

魔女のロール(380円)

「愛知県南山園の抹茶と竹炭を使用した生地にほろにがチョコクリームと抹茶クリームの組み合わせ。
抹茶の苦みを活かした甘すぎないロールケーキです」

抹茶ロールとしては、比較的素直な味わいだと思います。

目玉ゼリー(230円)

「バタフライピーを使用した鮮やかなジュレに目玉の形をした杏仁寒天を浮かべたゼリー。
レモンゼリーと混ぜてお召し上がりください」

目玉の形が非常にリアルで、こちらも食欲をそそらない(汗)ですが、
つるっとした食感はよかったです。

以上のものはハロウィンに合わせた新作で、販売開始したばかりのようです。

濃厚プリン(300円)

「生クリームと北海道豊富町で採れた新鮮な牛乳を使用した濃厚で滑らかなプリン」




3回目のオーダー




レアチーズ(480円)

「「濃厚」&「軽い口当たり」2種の味わいのレアチーズを層にしてバランスのよい味に仕上げました」

今となっては定番の、「ドゥーブル」なフロマージュのようですが、
2層ともレアチーズというのはなかなかないと思います。食感にまとまりがあってよかったです。

懐かしモンブラン(430円)

「しっとりスポンジとバニラムースを土台にして昔懐かしいモンブランに仕上げました」


キャラメルショコラ(300円)

「キャラメルムース&チョコクリーム。甘さ控えめのムースケーキです」

グラサージュがちょっと崩れたものが当ってしまいました。
なかなか濃厚さのある風味がよかったです。

フレーズムース(430円)

「甘酸っぱい苺のムースに優しい甘さのバニラムースの組み合わせ。さっぱりとした味わいです」



4回目のオーダー



ここでひとつ「スパイダー」をお代わりしました。

いちごのショートケーキ(350円)

「くちどけの良い食感のふわふわ生地と、イチゴと生クリームを二層に仕上げました」


ティラミスロール(320円)

「ビターコーヒーを吸わせたビスキュイ生地にマスカルポーネクリームを巻き込んだ新食感ロール」

きちんとティラミスらしい風味と食感がありました。

濃厚抹茶ミルクプリン(360円)

「ミルクのコクとお茶の味をしっかりと味わえる濃厚なプリン。
茹で小豆を飾ってちょっぴりお洒落に仕上げました」


5回目のオーダーは一度食べたもののお代わりが多くなりましたが、
同行者はひとつだけ食べていなかったものを選んでいました。


スクープフロマージュ(480円)

「マスカルポーネとクリームチーズ、サワークリームを使用した濃厚な味わいのレアチーズケーキ」

一見プリンかと思ってあまり目を惹かなかったのですが、
よく見るとがっしりした食感のレアチーズでした。


まだランチタイム終了時間ではなかったですが、
5回目をラストオーダーにして、ゆっくり過ごすことにしました。

お代わりした「目玉モンブラン」と「紫芋タルト」です。

ドリンクはホット・アイスのコーヒー・紅茶がセットになっていますが、
お代わり可能なのはホットドリンクのみとのことです。
最初に選んだ種類からの種類変更は不可とのことでした。

私も同行者も、ホットの紅茶にしました。
食後を想定していますが、当初からオーダー可能です。
またお代わりはポットを持ったスタッフがテーブルを回り、同じカップに注ぐスタイルです。

全体に、内容はとてもよかったです。
料金もかなり安価で、却って料金設定が適切ではない印象を受けました。
(ちなみに「クラブエミシア」入会で、さらに10%オフになりました)
店内は極端に混雑した印象はなかったものの、初めての実施でスタッフの方も慣れていないのか、
提供までにかなり時間を要したり、一旦ケーキのオーダーを受けた後に品切れになっていることがわかったり、
お世辞にも手際がいいとは言えなかったです。
また品切れも多く、「ラムレーズンショコラ」が早い時点で品切れになり、
食べられなかったのも残念でした。
ただそれを差し引いても、内容は素晴らしいし、
画像でわかるように十分満足可能な量は食べられました。

店内の様子は、段差を上がったカーペットのフロアは8~9割前後の入り、
チャペル側テラス席はほぼ空席のようでした。
入店待ちをするような状況ではなく、中途の時間帯から入店する客も何組か見かけました。
(予約の有無は未確認です)

今後の実施があるかどうかは未確認ですが、もし何かあるとしても、
この内容(またはこの料金)での実施は見込めないような気がします。
ただ2年連続開業記念のデザートブッフェが実施されたので、
今後も何らかの形で実施を期待したいですね。

最後に、ロビーショップのショーケースの画像を載せておきます。











ちなみに私たちが店を出る頃は、ショーケースはかなり寂しい状態になっていました。
comments(0)|trackback(-)|未分類(デザート)|2018-10-18_20:55|page top

コメントの投稿

非公開コメント