fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

PATISSERIE VOISIN


PATISSERIE VOISIN
(パティスリーヴォワザン)にて。

パティシェリアで頂きました。
この日はその後もいろいろ食べる予定があり、
パティシェリアではポルトボヌールのケーキだけにしておこうと思ったのですが…
このシャインマスカットを見たら、食べずにはいられませんでした。
実はこの他にもシャインマスカットのショートケーキもあったのですが、
それだけは食べずに我慢しました。


シャインマスカットのフルーツタルト(580円)

「パリパリのタルトの上にカスタードクリームとフランボワーズジャム、
たっぷりのフレッシュシャインマスカットをのせました」

フィロ+ダマンドの台座にも重厚な風味があり、決して「添え物」ではないですね。
シャインマスカットにもそれに負けない甘さがあって、
素材のひとつひとつが全体の風味を高めているような印象です。

ミルフィユドートンヌ(580円)

「軽い食感に焼き上げたパイ生地の間にバニラクリーム、シャインマスカットを入れました」

こちらはフィユタージュとクリームに強い甘さがあり、
シャインマスカットの風味はアクセント的に使われている印象があります。
がっしりした生地も、こちらのお店としては「軽い食感」の範疇なのですね。

どちらもフルーツに負けないくらいの素材の主張があって、
アプローチの仕方にこちらのお店の個性が感じられました。
「秋の」ミルフィーユの素材に、シャインマスカットを選ぶのもさすがです。

こちらのお店は月水金の出店なので、いつでも食べられるわけではないですが、
催事出店や、お店に行くのに比べれば、ハードルは低いですね。
できるだけまたこまめにチェックしてみようと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2018-10-10_18:54|page top

コメントの投稿

非公開コメント