fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Patisserie Porte Bonheur


Patisserie Porte Bonheur
(パティスリー ポルトボヌール)にて。

9月24日(月)~30日(日)まで、新宿タカシマヤのパティシェリアに出店していました。

北浦和の、個人的に訪問しにくい場所にあるお店だったので、今回の出店は嬉しかったです。
シェフの詳しい経歴は未確認ですが、渡仏経験や有名店での修行など、
経験豊富な方のようですね。


レトゥーサレ(540円)

「リッチなアーモンド生地にミルキーな塩味のバタークリーム。ラムレザンがアクセントに」

ミゼラブルをベースにした(?)組合わせのようですね。
塩味の効いたバタークリームというか、少し甘いバターそのものという感じで、
非常に濃厚な風味です。ラムレーズンとの相性のよさは言うまでもないですね。
チョコとの組み合わせは、私としてはそれほど必要性を感じなかったですが、
外観のインパクトは抜群だと思います。

ヴィーニュ(540円)(新宿高島屋限定)

「シナモンのムース、赤ワインのゼリー、ぶどうを入れた金木犀のゼリーを重ねました」

今回の催事での限定品のようですね。
シナモンの風味がやや強く、軽い驚きがありましたが、
全体の爽やかさを削ぐ程ではなかったです。

ぶどうの爽やかさ、瑞々しさが味わえてよかったです。

サヴァラン(529円)

「ラム酒の芳醇な味わいと柑橘系のフルーツのさわやかな香りのシロップ。
濃厚なカスタードクリームと生クリームを一緒に」

ラム酒の風味にしっかり浸った生地がいいですね。好みのタイプのサヴァランです。

私個人の好みでいえば、クリームはそれほど必要ないですが、
生地やシロップとの相性は悪くないと思います。

このほかにも色々ありましたが、これ以上は食べられなかったです。
全体に、伝統的な味わいの中にどこか独自の個性…意外性を忍ばせる味わいに感じました。

シェフは人形町の「シュークリー」にいらしたとのことで、
シュークリームがスペシャリテとのことですが、今回は見合わせました。
ぜひ一度はお店にも行ってみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|それ以外の甘味(パティスリー、その他)|2018-10-10_18:51|page top

コメントの投稿

非公開コメント