fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

シャトレーゼガトーキングダムサッポロ(ヴィーニュ)


シャトレーゼガトーキングダムサッポロ
(ヴィーニュ)
札幌市北区東茨戸132番地 TEL011-773-2799
15:00~17:00デザートバイキング 
大人1,900円 小学生1,000円 4~6歳600円
(全て税サ込)

 ●毎週土日のみ実施(祝日は実施せず)
 ●事前予約特典(前日まで)の提供あり
 ●ショーケースから1回につき3個までオーダー、以後皿交換
 ●定刻前入店待機可(15分ほど前から)
 ●全席禁煙
 ●札幌駅北口団体バス乗り場から無料送迎バスあり。時刻表はホテルHP参照。

「Weekend Dessert Buffet」に行きました。


9月は「京都産抹茶使用 至極の抹茶スイーツフェア」とのことです。

こちらのお店で抹茶のフェアとは、非常に珍しい…というか、初めてですね。
フェアは9月末までで、10月はまた変わるのでしょうかね。

ファンタニヴェール製のデザートは以下の通りだそうです。



ショーケース、ブッフェ台の画像














































抹茶のタンバルエリーゼ

前日16:00までの予約特典です。

抹茶風味のラングドシャに、ミルク風味のアイスを乗せたシンプルなものですが、
ともに風味がよくて、よく合っていました。

桃とパインのヨナナス

こちらは実演メニューです。
桃とパインの実をシャーベットにしたもののようですね。

フルーツの風味の活きた、爽やかな酸味がよかったです。

一皿目


さっぽろ抹茶チーズ~お豆とともに~

今年の「さっぽろスイーツ」がありました。
こちらのお店の「スペシャリテ」(と私が思っている)フロマージュブランの、
アレンジ版のような感じですが、オリジナルに近い風味を保っています。

抹茶と生チョコレートのケーキ

フェアメニューの中では外観からの想像にいちばん近い味わいで、
台座のガナッシュ部分にやや歯ごたえがありました。

抹茶とオレンジのケーキ

抹茶と柑橘の酸味は、実は相性がよいということがわかりますね。

柚子などの方が想像しやすいと思いますが、オレンジとの組み合わせもよかったです。

二皿目


抹茶ティラミス

シロップなどが染みているわけでなく、あまりティラミスらしい味わいではないですが、
丁寧なつくりはよかったです。抹茶レアチーズという感じでしょうかね。

抹茶のショートケーキ

抹茶スポンジのショートケーキです。抹茶を活かすためか、
生クリームの風味は通常よりも控えめのような感じました。


以上がフェアメニューです。
抹茶の風味はきちんと感じますが、殊更に苦みが強いわけでなく、抹茶がふわっと香る程度です。
あまり抹茶風味を好まない人でも、それほど気にならないように思いました。

三皿目


フランボワーズとマロンのケーキ

あまりよく分からなかったですが、中間部の白いムースもマロンなのでしょうかね?
台座やトッピングに栗が使われていて、マロンとベリーの組み合わせはきちんと感じられました。

苺とココナッツとライムのケーキ

苺とライムの酸味の刺激的な酸味を、爽やかなココナッツの風味が和らげています。

ヴェリーヌを除いて、いちばんさっぱりした味わいのように感じました。

ホワイトチョコレートとパッションフルーツのケーキ

こちらは逆にホワイトチョコもマンゴーもやや濃厚です。


四皿目


フルーツタルト

ぶどうが乗った、季節のフルーツのタルトのようです。

ぶどうのヴェリーヌ

ぶどうのさっぱりした風味がいいですね。底部はパンナコッタのようです。


牛乳プリン(苺)

こちらはシャトレーゼ製で、パンナコッタとはやや異なる「牛乳かん」のような味わいです。

苺とは定番の組み合わせですね。

五皿目

最後は抹茶チーズのお代わりと、まだ食べていなかったものを選びました。

濃厚栗のモンブラン

シャトレーゼ製のものです。
栗そのものは使われていませんが、栗の風味の強いマロンペーストは、
ファンタニヴェール製と比べてもそれほど遜色のないものでした。


ショーケースにはこのほかシャトレーゼ製のベイクドチーズもありましたが、食べませんでした。
全体に抹茶風味も強いですが、そればかりでなく色々な味わいが感じられてよかったです。

田舎パイ(くり)、おかき、スープ・ド・フルーツ

田舎パイは栗あんとパイ生地の組み合わせです。

スープ・ド・フルーツにはぶどうや洋梨(缶詰?)が入っていました。

ウインナー、皮付きポテト、鶏の唐揚げ


鴨とチキンのサラダ仕立て、穴子の煮凝りとチーズパンプキンテリーヌ、チキンカレー


軽食は従来同様です。生野菜も通常通りありました。

ドリンクは特に変化なかったです。

全体に、抹茶のやや落ち着いたイメージが、初秋の雰囲気にもふさわしく、
それでいて夏の名残も感じさせてよかったです。

ちなみに10月のフェア…や、実施自体についても特に告知はなかったですが、
秋の味覚やハロウィンなどのフェアが来るのではないでしょうかね。
楽しみにしてみたいと思います。

店内の様子は、15~20組程度の滞在があったでしょうか。
定刻当初以外に、特にショーケース等の混雑は感じなかったです。
comments(0)|trackback(-)|ガトーキングダムサッポロ|2018-09-01_20:58|page top

コメントの投稿

非公開コメント