fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

b's kafe(ヴェズカフェ)


b's kafe
(ヴェズカフェ)
札幌市中央区南4条東1丁目 札幌東武ホテル1階 TEL011-242-8703
11:00~15:30パンブッフェ
大人1,700円 小学生800円(税込)

 ●定刻前入店待機可
 ●全席禁煙
 ●1日40食限定
 ●120分制限(滞在120分)

ランチパンブッフェに再訪しました。




4月からリニューアルして、いわゆる「スタートセット」の盛り合わせがなくなり、
当初からブッフェ台のパンをセルフで取れるようになりました。
また、ドリンクもお代わり自由になっています。


ブッフェ台の様子





























席には詳細の説明と、


(予約した場合)ネームプレートが置かれています。


冒頭書いた通り、いわゆるノルマ的なパンの盛り合わせはなく、
当初から空のカゴが渡され、セルフで好きなパンを取ることができます。

特に一回当たりの個数制限はないそうですが、常識的な範囲で取るのがいいと思います。
ちなみに今回は2名利用でもカゴは一つでした。
さらに人数が多い場合のカゴの提供方法は未確認です。

また、以前はシェアする場合スタッフの方が半分にカットしてくれましたが、
それもセルフになっています(温める場合は、スタッフの方が対応してくれます)。

以下、食べた順に載せていきます。
基本的には同行者とシェアして食べました。


デニッシュ・フレーズ

「お子様も大好きな苺とカスタードのデニッシュ」


ショコラ・オランジュ

「人気のパンが装いを変えて登場。ベルギー産チョコを使用」


オニオンブレッド

「やわらかな生地と玉ねぎは”札幌黄”を使用した食事パン」


プティ・フリュイ

「季節のフルーツとカスタードの相性が良いデニッシュ」


メロンパン・抹茶

「抹茶のほのかな苦みが人気。甘納豆入り」


パン・オ・ショコラ

「発酵バターとベルギー産のチョコレートを使用」


ショコラ・モカ・コルネ

「甘さ控えめほろ苦いコーヒークリームと生地の食感が良い」


クワトロフォルマッジ

「4種類のチーズとセミドライトマトをのせたふわふわの生地が特徴」


桜あんぱん

「春のヴェズカフェに登場する人気の桜あんぱん」


ショーソン・オ・ポム

「サクサクしたパイ生地が自慢のアップルパイ」


クリームチーズパイ

「サクッとした生地と北海道産にこだわった一品」


クランベリーフロマージュ

「大人気のパン。さらにチーズが濃厚になって美味しくなりました」


ベーコンポテト

「ベーコンが厚切りになって新登場。北海道産”とうや”とチーズも相性抜群」


胡麻あんぱん

「道産小麦”春よ恋”を使ったやわらかな生地が特徴」


ソーシス

「ファンの多いフランスパン生地にソーセージが入った人気の一品」


ルバン・オ・フリュイ

「ベリーやいちじくの入ったライ麦パン」


クレセント栗とさつま芋

「栗とさつま芋の甘みと生地の食感が良く人気のひと品」


メロンパン・ベリー

「クランベリーとブルーベリーのほど良い酸味がアクセント」


メープルキャラメル・コルネ

「メープルとキャラメルバターを練り込んだ人気のひと品」



以下のものは、直接取らずに品名を記載したカードをスタッフに渡してください、
とのことで、温めたものをテーブルに運んでくれます。





フランスパンカレー

ややソフトなフランスパンに、カレーがたっぷり入っています。


キッシュ・ロレーヌ、キッシュ~エビと季節野菜~

「ベーコンとほうれん草たっぷりの人気の定番キッシュ」
「さらに美味しくなってエビと野菜を季節に合わせて」

キッシュは半分にカットして提供されます。

今回食べませんでしたが、バゲットもカードを手渡してサーブしてもらいます。

本格的なハード系やデニッシュ生地から、「菓子パン」「惣菜パン」まで、
バリエーションが豊富なので、パン自体を好まないということでなければ、
何かしら口に合うだろうと思います。

心なしか、全体に以前よりやや大きさが小降りになった印象があります。
今回は、甘味系のパンはほとんど食べられて満足しました。

サラダ

パンはどうしても口の中が粉っぽくなってくるので、さっぱりさせるのにいいですね。

フリアン(焼菓子)

こちらはお代わり不可です。

ドリンクもお代わり自由になっていて、メニュー表からオーダーします。



アイリッシュウイスキークリーム(ホット)


アイリッシュウイスキークリーム(アイス)

「アッサムティーがベースでカカオの甘い香りと
ウイスキーの芳醇な味わいをブレンド。ロンネフェルト人気の一品」

ソフトピーチ(ノンカフェイン)

「リンゴ、ハイビスカス、ローズヒップなどがブレンドされた
甘い香りのフルーツティー。優しい桃の香りが人気」

ホットの紅茶はポットでの提供で、2~3杯は取れるものです。
添えられた砂時計のデザインもスタイリッシュですね。


エルダーフラワージュース

ライチやグレープフルーツのような、さっぱりした酸味です。

ドリンクメニューもバリエーション豊富で、値上げをせずに内容が充実するのがすごいと思います。

店内の様子は、週末の、定刻当初からの利用で、ブッフェ利用客は5~6組もあったでしょうかね?
特に混雑はなかったのですが、予約なしのため利用できない人がいたようでした。
満席ではなかったのですが、時間帯ごとに利用可能人数を決めているようなので、
予約推奨のようです。
comments(0)|trackback(-)|札幌・その他のブッフェ|2018-05-29_19:28|page top

コメントの投稿

非公開コメント