fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

札幌東急REIホテル(south west)


札幌東急REIホテル
(south west)
札幌市中央区南4条西5丁目 TEL011-531-1065
17:00~21:00 デザートバイキング
大人2,200円 小学生1,500円(ともに税サ込)

 ●原則偶数月の任意の日に実施
 ●120分制限
 ●定刻前入店待機可
 ●全席禁煙

4月のケーキバイキングに行きました。



今回の実施から大人料金が1,980円→2,200円になり、実施も原則偶数月のみとなっています。
実施日はGWとの関係もあって、4月は最終より1週前の日曜、22日(日)の実施となりました。



ブッフェ台の様子




実演”和の食材を使ったオペラ手作りほうじ茶アイスを添えて”





実演苺のジュレと桜アイスの求肥仕立て





さくら

「定番の苺ショートに桜の風味を加えて。春の香りのケーキです」

さっぽろ抹茶チーズ~お豆とともに~

「さっぽろスイーツ2018年グランプリ作品をアレンジして作りました」

小豆モンブラン

「和風モンブラン。塩入り生クリームが小豆の甘さを引き立てます」

桜パウンド

「ピンクの色味が可愛らしいケーキです。小豆の食感もgood」

フレジェ

「現在販売中の苺ケーキをそのまま小さく食べやすくしました」
(もう一度食べたい!一番人気の「おかわりスイーツ」)

ほうじ茶シフォン

「香ばしいほうじ茶と軽い食感のシフォン生地。何度でも食べたくなるおいしさです」
(前回のアンケートから選ばれた「リクエストスイーツ」)

抹茶ティラミス

「抹茶とマスカルポーネの素敵な組み合わせ。枯山水をイメージして作りました」

和のかんきつタルト

「国産の和柑橘を使ったさわやかな味わいのタルトです」

きんかんのガトー

「手作りの金柑ジャムを使った、しっとりとした味わいのケーキです」

黒糖キャラメルバナーヌ

「さっぱりバナナジュレと黒糖ムースの組み合わせで、
濃厚ながら食べやすいおいしさです※お酒入り」

お抹茶ロール

「ふんわりとした食感と抹茶の香りがたまらない定番のケーキです」

みそロール

「スイーツに八丁味噌?これが意外とクセになるおいしさ」

グラスデザート各種


柚子のムース・オ・ショコラ

「チョコレートムースに柚子の風味を加えてさっぱりと、飽きのこない味わいに仕上げました」

桜カルピスジュレ

「さわやかな風味のカルピスゼリーです。ほのかな桜の香りがアクセント」

酒粕ミルクプリン

「酒粕の芳醇な香りとなめらかな食感をお楽しみください※お酒入り」

アイス各種



クロワッサン、パンオショコラ


スモークチキンとお野菜のフォカッチャサンドハニーマスタードソース





ピッツァカプリチョーザ


たらこスパゲティー


チーズタッカルビ


フライドポテト


豚肉の炊き込みご飯


筍のマリネ山ワサビ醤油


豆と肉そぼろのチリコンカルネ


春キャベツと塩昆布の胡麻オイル和え


スモークサーモンと青パパイヤのチリソース和え


鶏ゴボウと生きくらげのサラダ


茄子のアンチョビソース


葉野菜の彩りサラダ


パンプキンスープ


清見オレンジの自家製サングリア


ドリンク





ウェルカムシート


ネームプレート


和の食材を使ったオペラ手作りほうじ茶アイスを添えて

「黒糖ショコラ生地、ごまのダックワーズ、大納言入り和三盆クリーム、
ほうじ茶クリーム、キャラメルショコラガナッシュ、ごまのチュイーユ、ほうじ茶アイス」

メインの実演で、引換券との交換制で一人一品となっています。

和風の食材がふんだんで、正統なオペラのイメージとはかなり異なるものですが、
組み合わせの相性はとてもいいですね。
ほうじ茶アイスは手作りとのことで、かなり溶けてしまっていたのですが、
ほうじ茶の香りはとてもよかったです。

実演苺のジュレと桜アイスの求肥仕立て

「手作り桜アイスと苺のジュレをモチモチの求肥で包んだ大福仕立てのケーキです」

もう一品の実演です。こちらの手作りアイスはさくらの風味をあまり感じませんでしたが…
組み合わせの相性はこちらもよかったです。

実演2種のうち、1種はお代わり不可となりましたが、
実演が2種になったのはここ1年以内くらいなので、元に戻っただけですね。


さくら

「定番の苺ショートに桜の風味を加えて。春の香りのケーキです」

イベント時などによく提供された「特大デザート」で、ブッフェ台の一角を占めていました。
大きなものから切り分けると、自然とカットも大きくなりますね。
さくらの風味はそれほど強くないですが、つくりは丁寧でよかったです。

ほうじ茶シフォン、フレジェ

それぞれ「リクエストスイーツ」「おかわりスイーツ」だそうです。
シフォンの生地はそれほど風味が強くないですが、トッピングの粉末はほうじ茶の香り豊かでよかったです。
フレジェは「店売り」のダウンサイズ版だそうで、アーモンド生地らしいしっとりした食感でした。

黒糖キャラメルバナーヌ、お抹茶ロール、みそロール

キャラメルバナーヌはずっしりしたムースの食感が印象的で、
値上がりの分の品質の向上が明確に感じられた部分です。
ロールケーキはそれぞれ素材の風味がきちんとあって、
広く一般的になった抹茶よりも、みその風味の方がより和風らしく感じました。

きんかんのガトー、抹茶ティラミス、和のかんきつタルト

抹茶ティラミスは食感がとてもよかったです。
かんきつ系のデザートは、酸味をアクセントにしやすくていいですね。

桜パウンド、小豆モンブラン、さっぽろ抹茶チーズ~お豆とともに~

さっぽろ抹茶チーズは今年(2018年)の「さっぽろスイーツ」ですね。
図らずもここで初めて食べることになりました。
レアチーズにほろ苦い抹茶の風味がちょっと不思議な相性のよさを感じました。


桜カルピスジュレ、酒粕ミルクプリン、柚子のムース・オ・ショコラ

グラスデザートは、それぞれ2種の素材の自然な組み合わせがよかったです。

アイス(抹茶、さくら黒蜜)



スモークチキンとお野菜のフォカッチャサンドハニーマスタードソース

軽食の実演メニューです。かなり「分厚い」ので、
フォカッチャを剥がしながら食べましたが、
フォカッチャだけでもふかふかした食感がよかったです。
具材の組み合わせもいいですね。

ピッツァカプリチョーザ、チーズタッカルビ、フライドポテト


たらこスパゲティー、豚肉の炊き込みご飯

タッカルビや炊き込みご飯は味の濃い、ボリューム感のあるもので、
きちんとした食事にもいいですね。
たらこスパゲティーはちょっとソースがゴワつき気味でした。

豆と肉そぼろのチリコンカルネ、鶏ゴボウと生きくらげのサラダ、筍のマリネ山ワサビ醤油、
春キャベツと塩昆布の胡麻オイル和え、スモークサーモンと青パパイヤのチリソース和え

冷菜にも和風のものが多かったです。
値上がりによる内容の充実は、むしろ軽食に反映されている気がしますね。

清見オレンジの自家製サングリア



全体に、従来の内容が維持されていて安心しました。
デザートに関しては、すぐにわかるほど値上がりによる内容の充実は感じなかったですが、
もちろんこれでも全く高価ではないと思います。



店内の様子は、用意されたテーブルは、ほぼ埋まっていたようでしたが、
テーブルの数自体を調整しているようなので、完全に満席であったかは未確認です。
ブッフェ台は当初20分くらい混雑して、その後は極端な混雑は感じなかったです。

以前も周知されていましたが、来年(2019年)2月までの予定が出ています。

実施回数が少なくなるのは残念ですが、早い時期から告知があるのはありがたいですね。
今後も充実した内容を期待したいと思います。
comments(0)|trackback(-)|札幌東急イン(デザート)|2018-04-23_18:36|page top

コメントの投稿

非公開コメント