fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

ホテルメトロポリタン(ポラリス)


ホテルメトロポリタン
(ポラリス)
東京都豊島区西池袋1-6-1 TEL03-3980-1111
13:00~14:40(第一部) 15:30~17:10(第二部)
デザートバイキング
大人3,500円 小学生1,800円 未就学児1,000円(月~金)
大人3,800円 小学生2,000円 未就学児1,000円(土日祝)
(すべて税サ別)

 ●2018年3月18日(日)、19日(月)、26日(月)三日間限定実施
 ●定刻前入店待機可
 ●全席禁煙
 ●料金前払い

上記日程で、三日間のみ実施された「スイーツビュッフェ」に行きました。

こちらのホテルでのデザートブッフェといえば、2006年頃まで実施していた
「アポロ」が思い出されますが、予約不可のうえ混雑が多いとのことで、
私は二の足を踏むばかりでした。
そのため、こちらのホテルでのデザート系のブッフェは初訪問となります。
(クロスダインは何度か利用したことがあります)

特別な、イベント形式の実施で平日と土日祝で料金に差があるのは珍しいですね。
今回は土日祝の実施日に利用しました。



少し早く、定刻30分ほど前に着いたのですが、料金の支払いを済ませて別室で待機となりました。


15分ほど前から席に案内され、定刻まで待機となりましたが、
開始までの間、スタッフの方からブッフェ台の撮影をするように強く案内がありました。

ブッフェ台の様子



いちごタルト


レアチーズ


Suicaペンギンのクッキー


はちみつのパウンドエディブルフラワー飾り


いちごチョコレートライスパフ入り


いちご風味のバシュラン


ブッセ


ネイキッド(ショートケーキ)


パリブレスト


いちごのオペラ


マカロンフレーズ、パッション&レモン


フランジパーヌ


いちごのギモーブ


ロールケーキ


いちごゼリーとパンナコッタのヴェリーヌ


いちごのミルクプリン


いちごムースとフロマージュブランのヴェリーヌ


Suicaのペンギンホールケーキ




キッシュバリエーション(オマール海老、ブロッコリーとスモークサーモン、
ドライトマトとスモークチーズ、ポテトとオリーブとアンチョビ)




サンドウィッチバリエーション(パストラミビーフ、セサミ根菜、卵と野菜)



サラダバリーエション






パン類


コーンスープ


ドリンク



撮影を希望する方が全て撮り終えるまで待機となったので、開始時間は5分ほど遅れました。
(その代わりブッフェの終了も5分延長になりました)






案内されると、席にはあらかじめいちごの食べ比べセットが用意されていました。


手前左からゆうべに、桃薫、淡雪、とちおとめ、もういっこ、紅つやかとのことです。

それぞれに味わいの違いはわかりましたが、説明文がないと区別はできないかもしれません。

席にはもうひとつ、デセール風の「Suicaペンギンケーキ」も用意されていました。



中にはイチゴのゼリーが入っています。

これらは一応ウェルカムスイーツとして提供されているようですが、
特に食べ終えなくてもブッフェ台のデザートを取ることは可能です。


いちごタルト、レアチーズ、ネイキッド(ショートケーキ)


ロールケーキ、いちごのオペラ、パリブレスト


フランジパーヌ、ブッセ、いちごのギモーブ


いちごゼリーとパンナコッタのヴェリーヌ、いちごのミルクプリン、
いちごムースとフロマージュブランのヴェリーヌ


いちごチョコレートライスパフ入り、いちご風味のバシュラン、
はちみつのパウンドエディブルフラワー飾り、マカロン(フレーズ、パッション&レモン)


デザートはほとんどにイチゴが使われていて、
味わいの傾向がよく似たものになっていますが、私としては気にならなかったです。
いわゆる「店売り」相当のつくりで、シロップの染みたイチゴショートや、
しっとりしたダマンドのタルト、さらに甘い香りのフランジパーヌ、
バタークリームのオペラなどが特に気に入りました。

Suicaペンギンのクッキー、Suicaのペンギンホールケーキ

Suicaペンギンのデザートはさすがにイチゴを使っていませんでした。
色合いから想像するとおり、チョコ(ココア)風味です。

ホールケーキはチョコレートの濃厚な、なかなか本格的なものです。
(オペラではなかったです)

キッシュバリエーション(オマール海老、ブロッコリーとスモークサーモン、
ドライトマトとスモークチーズ、ポテトとオリーブとアンチョビ)


サンドウィッチバリエーション(パストラミビーフ、セサミ根菜、卵と野菜)


サラダバリーエション


コーンスープ


軽食もなかなか充実していました。
キッシュもサンドウィッチも、単なる口直しでなくきちんと素材の味わいがしました。
HP等での告知では、軽食の有無の記載がなかったので、
ちょっとした食事にもなる軽食は嬉しかったです。

ドリンクは全てセルフで、ホットアイスのコーヒー・紅茶、ハーブティ、
オレンジジュース等が用意されていました。


全体に、なかなか充実した内容でよかったと思います。
休日利用だったこともあって、料金は税サ込4,500円程度になりましたが、
現状、都内のイベント実施での料金では少なくとも不当に高価とはいえないだろうと思います。
今後またこちらのホテルで、同様のイベントや、常設ブッフェの開始等があれば、
選択肢には挙がるだろうと思いました。

会場内の様子は、恐らく想定した人数には達していたのだと思いますが…
50名前後の滞在があったでしょうか。
特にブッフェ台がごった返すこともなく、補充もきちんとしていたので、
落ち着いて過ごすことができました。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・デザート)|2018-03-29_18:38|page top

コメントの投稿

非公開コメント