fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Patisserie Chocolaterie Chant d'oiseau


Patisserie Chocolaterie Chant d'oiseau
(パティスリー ショコラトリー シャンドワゾー)にて。

久しぶりにお店に行きました。


パティスリーは以前から営業していますが、


昨年(2017年)9月、そこから徒歩2分程度の位置に、
グラス(アイスクリーム類)専門の姉妹店がオープンしました。

店名は、
「Chant d'oiseau GLACIER CHOCOLATIER(シャンドワゾー グラシエ ショコラティエ)」
とのことです。

パティスリーで買ったプチガトー類を、
持ち込みでイートイン可能になっています(グラシエ店舗で要ワンオーダー)。

この日は他にバイキングや甘味のお店には行かない予定だったので、
同行者とシェアしながら少し多めに食べることにしました。

フレジェ(519円)

「コクのあるクレームムースリーヌとゴロゴロ入ったみずみずしいイチゴが相性抜群の、
苺が主役の季節限定商品です」

今回はこれを目当てに訪問しました。
まさに説明文のとおり、ムースリーヌとイチゴの相性が抜群ですね。
ジョコンドはやや目の粗い食感で、少し素朴な印象を残しました。

ミゼラブル(436円)

「フランス産の発酵バターのみを使用し、ブルターニュ産の海塩とラムレーズンを
アクセントにしたベルギーの伝統菓子、シャンドワゾーのスペシャリテです」

クリスマスにカフェバージョンのアントルメを食べましたが、
(こちらのお店の)ベーシックなものは初めて食べました。
カフェバージョンよりも素直に甘さとバターの風味が引き立つ感じで、
「スペシャリテ」にも納得です。ラムレーズンの味わいもいいですね。

フロマージュキュイ(436円)

「クリームチーズたっぷりの濃厚なベイクドチーズケーキはサクサクのタルト生地との相性抜群です」

スフレ風のベイクドチーズは、クラシックなお菓子の中ではやや珍しい気もしますね。
「ふわふわ」な食感だけを強調することなく、チーズの風味が横溢で、
やや塩気のある台座のサブレとの相性のよさが、ひときわ強く感じられました。

以下は同行者の選択です。

サバラン(491円)

「バターたっぷりのブリオッシュにラム酒の効いたシロップを染み込ませました。
滑らかなカスタードクリームにラムレーズンがアクセントです」

非常に強いラム酒の風味がとてもいいですね。
ラムレーズンも自然に溶け合って、ラム酒の一部のような感じです。

私はクリームの多いサバランはそれほど好まないのですが、
こちらはクリームとの相性も比較的自然でよかったです。

ロワイヤル(491円)

「ロイヤルミルクティーをイメージしたとても滑らかで口溶けのよい紅茶のガトーです」

比較的シンプルな紅茶の風味は、そのぶん強く感じられて、食後の印象を強くしますね。
上記のフロマージュほどではないですが、こちらも台座のザクザクしたサブレがよかったです。

パン オ ショコラ(223円)

「ベルギー産チョコレートをクロワッサン生地に巻き込みました」

ヴィエノワズリーもひとつ選んでみました。

フィユタージュはハラハラと崩れながらも噛みしめるとしっとりした食感で、
豊かなバターの風味とも合わせて、とても気に入りました。
半面、ベルギー産というチョコレートは、
もう少し多めに入っていてもよかったようにも思います。

そして…こちらは「グラシエ」ですから、グラスもオーダーしました。
ダブルカップ(480円)にしましたが、マロンはプレミアムメニューなので50円追加とのことです。


ラムレーズンスペキュロス&マロン

「ミルキーなバニラアイスにラムレーズンとスペキュロスクッキーの組み合わせ」(ラムレーズンスペキュロス)
「シャンドワゾーで大人気のモンブランと同じ和栗をたっぷり使用したアイス」(マロン)

ラムレーズンやマロンといった素材の味わいが素直に伝わって、
乳製品特有の風味を損なう後味が残らないのがよかったです。

ドリンクはポットのアールグレイにしました。
紙コップで提供されますが、きちんと淹れたものです。


ほとんど開店と同時に、まず最初にパティスリーに行きましたが、
朝から強く雨の降る悪天にも関わらず、すでに何組ものお客さんがいました。
邪魔にならない程度に撮影したので、ショーケースの画像は不完全ですが、
一応載せておきます。

パティスリーのショーケース
















グラシエのショーケース





気になるものをたくさん食べられて、やや遠くから訪問した甲斐があったと思います。
それでもまだまだ気になるものはたくさんあるので、できるだけ早く再訪したいですね。


comments(0)|trackback(-)|それ以外の甘味(パティスリー、その他)|2018-03-27_19:14|page top

コメントの投稿

非公開コメント