fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Patisserie Kouglapin


Patisserie Kouglapin
(パティスリークグラパン)にて。

伊勢丹「マ・パティスリー」に来ていました。12月6日(水)~12日(火)まで。



笹岡鉄兵シェフはミクニやエーグルドゥースなど、寺井シェフの元に長くいらした方のようですね。
また渡仏経験も豊富、東京ベイコート倶楽部(OZIO)や、
ルエールサンク(エクラデジュール中山シェフの後任)にもいらっしゃったとのことで、
私が好みのお店が多く、期待が高まるところです。


モンブラン(648円)

「国産の和栗を使用したシンプルなモンブランです」

説明文通りの、和栗の風味豊かで、「栗あん」のようなシンプルな味わいが伝わってきます。
中心部には大きめの栗が一粒、そのまま入っていました。

抹茶小町(562円)

「抹茶と黒糖チョコレートの和スウィーツです」

抹茶は風味付けのような感じで、それほど強い効き方ではなく、
黒糖やチョコとの一体感が感じられます。

クグラパン(627円)

「パティスリークグラパンのスペシャリテ。メープルとオレンジのケーキです」

スペシャリテということで、お店の力の入れ具合が伺えますね。
こちらも説明通り、メープル、オレンジそれぞれの味わいが素直に感じられます。

今回買ったものは、どれも「素直」「シンプル」という表現がよく似合う味わいですね。
想像した方向性とは異なるものでしたが、シェフに経験に裏打ちされた、
繊細なバランスの考慮された「素直」さであることは間違いないと思います。
鎌倉のお店にはカフェも併設とのことで、いつか訪問の機会があれば利用してみたいですね。
comments(0)|trackback(-)|それ以外の甘味(パティスリー、その他)|2017-12-19_19:26|page top

コメントの投稿

非公開コメント