fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

京都センチュリーホテル(リコ レフア)


京都センチュリーホテル
(リコ レフア)
京都市下京区東塩小路町680 TEL075-351-0085
デザートバイキング
12:00~13:30(ランチタイム) 18:00~20:00(ディナータイム)
14:30~16:00(ティータイム)(ティータイムは日曜のみ実施)
大人4,500円 7~12歳2,300円 4~6歳1,200円(すべて税サ込)

 ●2017年10月1日(日)~11月30日(木)限定実施
 ●定刻前入店待機可
 ●全席禁煙

上記期間限定実施の「ショコラプレミアムデザートビュッフェ~マリエ~」に行きました。

期間限定といっても、こちらのホテルでは断続的にデザートブッフェを実施しているようですね。
通常は「ラジョウ」というレストランでの実施が多いようですが、
そちらが改装中で、更に今回のブッフェのテーマが「ブライダル」だったために、
ブライダルサロンであるこちらの会場で実施となったようです。



以下、長いですがお店のHPから引用です。

「今回のスイーツビュッフェは、「ブライダル」をテーマに、パティシエ特製のショコラスイーツが
お好きなだけ愉しめるフェアを、ブライダルサロン「LIKO LEHUA(リコ レフア)」にて初開催。
ショコラの風味を活かしたこだわりのスイーツなど約25種の他、フードやフルーツなど約15種、
アイスクリーム10種など、合計約50種をお愉しみいただけます」

今回は都合で、平日のディナータイムに利用しました。
定刻10分ほど前から席への案内が始まり、定刻まで待機となりました。
待機の間はスタッフの方からブッフェ台の撮影を勧める案内があります。


ブッフェ台の様子



説明文のあったものは可能な限り表示していますが、一部漏れ等があるかもしれません。

オペラ

「ほろ苦いエスプレッソが香るチョコレートのオペラ」

バナーヌモンブラン

「バナナクリームとチョコレートクリームのモンブラン」

テリーヌショコラ抹茶

「濃厚な抹茶のしっとりとしたテリーヌショコラ」

ティラミスショコラ

「マスカルポーネの風味豊かなショコラティラミス」

シブーストショコラ

「キャラメリゼしたチョコレートクリームに季節のフルーツをのせて」

フォレノワール

「軽いチョコレートクリームと生クリームにダークチェリーをあわせたケーキ」

タルトポワールショコラ

「アーモンド風味のチョコレトクリームに洋ナシをあわせた大人のタルト」

トロペジェンヌ

「オレンジが香るふわふわのブリオッシュに口当たりのよいホワイトチョコレートをサンド」

カシス

「なめらかなガナッシュにカシスのコンフィチュールをあわせたリップのボンボンショコラ」

フレーズ

「なめらかなガナッシュに苺のコンフィチュールをあわせたハート型のボンボンショコラ」

トンカ

「トンカ豆の香り高い風味のビターなボンボンショコラ」

キャラメルナッツ

「キャラメルミルクのチョコレートクリームにナッツを添えて」

フランボワーズ

「口どけのよいホワイトチョコレートに甘酸っぱいラズベリーを添えて」

メダイヨン

「メダル型のミルクチョコレートにドライフルーツを添えて」

ワッフルタルト、ガトーショコラフィグ、ショコラマカロンバー

「ホワイトとダークのチョコレートクリームにベリーのコンフィチュールをあわせたプチタルト」
「一口サイズのガトーショコラをセミドライイチジクとともに」
「キャンディー仕立てのショコラマカロン」

おめかしぼぅろ ふんわりいちご

「チョコレートをしっかりと染み込ませたぼぅろにいちごパウダーをあわせて」

クレームショコラ

「濃厚でクリーミーなクレームチョコレートのヴェリーヌ」

プティングショコラブラン

「濃厚なホワイトチョコレートのプティング仕立て」

プチショコラフォンデュ

「苺や栗、マドレーヌのプチショコラフォンデュ」

キャラメルショコラポワール

「キャラメル風味のミルクチョコレートムース 洋ナシとともに」

フルーツ各種



アイス各種



小海老とズッキーニの取り合わせトマトソース


スティック野菜のクリュディテ西京味噌チョコマヨネーズ


コールドミート


スモークサーモン


オープンサンド具材




低温調理した鶏胸肉とチョコフムスのトルティーヤサンド


なめらかなカラフルじゃがいもフラン



スパイシーポテトフライ


ソーセージとチョリソーのトマトピザ


ツナとトマトのオレキエッティ


シーフードのピラフ


ドリンク







ケーキ類には一品ずつこんな風に画像つきのプレートが表示されていました。












また席にはメニュー表等が配置されています。




定刻になると、一人一品ずつアヴァンデセールが席に運ばれてきます。

アヴァンデセール「ヴェリーヌドランジュ」

「花の香りで辺りを清め、幸せを祈るとされるフラワーシャワーをイメージし、
エディブルフラワーをあしらった一皿です。アーモンドの食感を残した濃厚で
風味豊かなガトーショコラの周りには、あっさりとしたオレンジとパイナップルのコンポートに、
アクセントにピンクペッパーを。ミントの風味が爽やかに香る、冷たいショコラソースをかけて
お召し上がりください」

こんな風にショコラソースをかけて頂きます。



中にイチゴの実が入っていたら「当たり」で、小さなウェディングケーキ
「リス・ブラン」が提供されるそうですが、残念ながら外れでした。

こちらは完食しなくても、ブッフェ台に取りに行くことは可能です。

タルトポワールショコラ、バナーヌモンブラン、トロペジェンヌ

タルトポワールショコラは生地がしっとりして、外観のイメージよりあっさり食べられます。
バナーヌショコラは外観通りの濃厚さ、食べ応えです。

テリーヌショコラ抹茶、オペラ、フォレノワール

テリーヌショコラ抹茶はパウンドのような食感で、あまりテリーヌの滑らかな食感はなかったです。
オペラ、フォレノワール共に「重さ」を感じますが、カットが小さめで食べやすいです。

ティラミスショコラ、シブーストショコラ

バットから掬うものは、ずっしり、じっとりした食感がありました。

クレームショコラ、キャラメルショコラポワール、プチショコラフォンデュ、プティングショコラブラン

カップやグラスのデザートは、工夫はされていますが、どれも基本はショコラの風味が強いです。
ショコラフォンデュは上部のグラスを外して、具材をフォンデュにトッピングします。

皿に空けるとこんな風です。

トンカ、フレーズ、カシス、メダイヨン、キャラメルナッツ、フランボワーズ

ボンボンショコラも豊富です。フィリングやトッピングで、味わいのバリエーションがありました。


おめかしぼぅろ(ふんわりいちご)、ガトーショコラフィグ、ショコラマカロンバー、ワッフルタルト

いわゆるフィンガースイーツもショコラ尽くしです。

マカロンはややざっくりした食感でした。

アイス各種(カベルネ・ソーヴィニヨン、アルフォンソマンゴ、ラムレーズン)

アイスは10種類ほどありましたが、品質は札幌のバイキングでもよく見かけるものと同等です。
フレーバーが珍しいのはいいですね。

スノーアイスショコラ

「口の中でふわっととろけるチョコレート風味の台湾風かき氷」

これはオーダー制で、スタッフにお願いして作ってもらいます。

フルーツ

柿があるのはちょっと珍しいですね。

ツナとトマトのオレキエッティ、シーフードのピラフ


スパイシーポテトフライ、ソーセージとチョリソーのトマトピザ

ポテトフライにはチョコフレーバーのスパイスがありましたが…私は使いませんでした。

コールドミート、スモークサーモン

単独で食べてもいいですが、具材を組み合わせてオープンサンドを作れるようになっていました。


低温調理した鶏胸肉とチョコフムスのトルティーヤサンド、小海老とズッキーニの取り合わせトマトソース、
なめらかなカラフルじゃがいもフラン、スティック野菜のクリュディテ西京味噌チョコマヨネーズ

カップやグラスのオードブルは、ほとんどにショコラが使われていますが、
違和感なく食べられました。

ドリンクはセルフで、ウーロン茶やジュース各種(オレンジ、アップル等)、
ホットやアイスのコーヒー・紅茶等が用意されています。

グラスのサイズが大~小3種類ほど用意されているのは便利でした。
画像はいちばん大きいものです。

その他に「クリスタルショコラクチュール」として、
ショコラベースのノンアルコールカクテルを自由に作成可能になっています。



画像はブルーキュラソーです。ショコラベースといっても、それほど強くは感じなかったです。

全体に、内容はなかなか満足しました。
デザートはどれも丁寧な作りで、演出なども凝っていますね。
料金は、はっきり言って高価ですが、不当に思うほど強い不満を抱くことはなかったです。
また最近高騰を続ける関西のホテル系デザートブッフェとしては、控えめな方でしょうかね。
大人料金はもう1,000ほど安価だと、料金に比した満足感も強くなると思います。
11月の前半までは、500円の割引もあったようですが、
残念ながら私の利用した日には割引のプランはなかったです。




店内の様子は、最終的に10組程度の利用があったでしょうか。
元々席数は3~40席ほどでそれほど多くなく、ほどほどに賑わう感じでした。
ブッフェ台まで含めて、混雑は特に感じなかったです。

comments(0)|trackback(-)|東京以外のブッフェ|2017-11-30_18:25|page top

コメントの投稿

非公開コメント