バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

カフェミクニズ


カフェミクニズ
にて。

2年ほど前(2015年頃)に、古民家を改装してオープンしたカフェスペースだそうです。
ミクニといえば、寺井シェフや捧シェフ、札幌ではレ・リシェスの遠藤シェフ等、
私の好きなお店のシェフが出身であることが多く、気になっていたのですが、
訪問の機会を逃したままでした。
そういえば札幌にも2003年頃、ミクニ名義のパティスリーがありましたが、
その頃は意識しないままで、今思うと惜しいことをしました。


今回はカフェでのイートインを目当てに訪問したのですが…

残念ながらこの日はケーキのテイクアウトのみ営業、とのことでした。
(クローズタイムは変更ないようでした)

ここで一旦テイクアウトしてホテルに戻ると、
行動予定がかなり狂うのでちょっと迷いましたが、
せっかく来たので買うことにしました。




フォレ・ノワール(500円)

「キルシュ香るグリオットとピスタチオ、エレガントな苦味のチョコレートを合わせました」

キャラメルポンム(500円)

「ジャンドゥージャのムースにキャラメルソテーしたりんごとくるみを合わせました」

どちらもそれぞれ食材の風味が横溢ながら、一体感のある味わいが見事です。
ムースの滑らかさも特筆ものですね。
まるで最初から自然にここにあったかのような味わいです。

それぞれ個別に感想を書こうとしたのですが、結局は同じ表現になってしまい、
うまく書けませんでした。
これはそれだけ洗練された、自然な味わいを作り出している証拠だと思います。

とても満足したのは確かですが、ただあまりに完成されていて、
シェフの顔が見えない…恐らくはシェフパティシエが替わっても、
変わらない味わいが提供されるのだろうという思いもありました。

何だか批判的な書き方になりました(汗)が、
私自身そういう味わいを求めることもあるし、一切批判の意図はありません。
ただシェフの個性の反映された、様々な味わいを求める場合に、
こちらのお店を他のお店との比較対象とするのは困難である、とは感じたところです。

ショーケースの様子も撮らせてもらいました。









一見したときに、やや画一的に見えて不安も感じたのですが…それは杞憂と分かりました。
味わいそのものにはとても満足したので、また再訪して、次回こそはイートインしてみようと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2017-02-22_18:30|page top

コメントの投稿

非公開コメント