バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

ヒルトン東京お台場(オーシャンダイニング)


ヒルトン東京お台場
(オーシャンダイニング)
東京都港区台場1丁目9-1 TEL03-5500-5580
14:30~17:30デザートバイキング
大人3,600円 6~11歳2,160円(月~金)
大人3,800円 6~11歳2,280円(土日祝)
(すべて税サ別)

 ●定刻前入店待機可
 ●全席禁煙
 ●90分制限(?)

デザートブッフェに再訪してみました。

従来は階下のラウンジ「ベランダ」での実施でしたが、
2016年9月頃から改装中のため「オーシャンダイニング」で実施されています。
(12月30日(金)で営業終了し、12月31日(土)からは「シースケープダイニング」にて営業予定とのことです)

11月23日(祝・水)~12月30日(金)までは、
「Jewelry Christmas Dessert Buffet ~大人の女性に贈るクリスマス」
とのフェアが実施されています。

定刻10分ほど前から、店頭受付順に案内されました。


ブッフェ台の様子






























ベリータルト、フレジエ

フレジエはバターの風味と食感が強いもので、
これだけはいわゆる店売りそのままの水準を保っていると思います。
ベリータルトは台座のダマンドがやや厚ぼったいですが、食感はしっとりしていました。

レアチーズケーキ、チョコレートのパブロヴァプラリネソース、白いロールケーキブッシュドノエル

レアチーズはもしかすると既製品の可能性もありますが、
クリーミーな食感が悪くなかったです。
チョコレートのパブロヴァは一見マカロンケーキのようにも見えますが、
ムースショコラやシャンティがベースの、クリーミーな食感です。
ロールケーキは、シャンティの乳脂肪分は控えめなものの、
いわゆる植物性ホイップの風味とはまた異なるもので、味わいは悪くなかったです。

クリスマスショートケーキ、もみの木ジュレ、チョコレートのトライフル、
ヘーゼルナッツのプラリネのトライフル

クリスマスショートはグラス仕立てで、トライフル風かと思ったら、
ジェノワーズは丸く型抜きされていて、きちんと作られているようです。
シャンティは乳脂肪分少なめの、軽い風味でした。
もみの木ジュレはワイン(?)のような酸味のあるジュレに、
レモンクリームの刺激的な酸味が合わせてありました。
2種のトライフルは比較的オーソドックスで、プラリネはジャリジャリした食感を残していました。

シュトーレン、リース仕立てのクグロフ、パンデピス(香辛料のパウンドケーキ)

クリスマスデザートもいくつか出ていました。
シュトーレンとパンデピスはパンに近いつくりですが、
クグロフはパウンドというかスポンジケーキそのままのような、
甘く柔らかいつくりでした。

ボンボンショコラ、スノーボール、マカロン、オダイバナナクリスマスバージョン

マカロンはオブジェのように配置されていて、当初ブッフェメニューだと気づきませんでした。
オダイバナナは定番(?)のようですね。



フローズンヨーグルト

トッピングで見えづらいですが、機械サーバーでソフトクリーム風に提供されていました。

マカロニチーズグラタン、ソーセージロール、レッドチキンカレーサンドウィッチ、
キッシュロレーヌ、スパイシーミートとマッシュポテトタルト

軽食は典型的な感じですが、サンドウィッチやキッシュは好みでよかったです。
なかなか口直しや食事にも向いていると思いました。

ドリンクはオーダー制で、ホットまたはアイスのコーヒー・紅茶があります。
お代わりの際の種類交換は可能です。

全体に、前回訪問時の内容を維持していてよかったです。
今回は、クリスマス期間のピークだったので、大人3,710円となりましたが、
期間中の平日等には安価なプランもあり、プラン次第では価格に比した満足感も強く味わえそうです。
ただ私としては、見るからに「業務用」のデザートは、メニューから省く方が見栄えもよくなると思います。

制限時間は90分で、やや物足りない思いもありましたが、時期的にやむを得ないでしょうかね。
時期によっては長時間滞在可能なフェアやプラン設定もあると思います。

店内はクリスマスの雰囲気満点でした。




席からはレインボーブリッジを見渡すことが出来て、景色もよかったです。

この日のディナータイムは恐らくもっと混雑していただろうと思います。


ロビーには鉄道模型や、大きなツリーが展示されていました。



ツリーは吹き抜けのフロアを突き抜けるように配置してあるので、
お店の前から見下ろすこともできました。



店内の様子は、定刻当初は10組程度の滞在でしたが、
その後30分おきくらいずつにまとまった入店がありました。
予約を時間差受付としているようで、飛込み入店が可能だったかどうかは未確認です。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・デザート)|2016-12-26_21:30|page top

コメントの投稿

非公開コメント