バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

Eclat des Jours Patisserie

Eclat des Jours Patisserie(エクラデジュール パティスリー)にて。

およそ2年ぶりにお店に行ってみました。






オペラ(450円)

「コーヒーとチョコレートのフランス伝統菓子。シェフのスペシャリテ」

当初ショーケースには並んでいなくて、作りたてのものが運ばれてきました。
染み出るコーヒーや洋酒の風味が強く効いています。

タルトタタン(500円)

「旬のりんごの旨みを凝縮させ仕上げたタタン」

りんごそのものの風味は保ったまま、甘さや濃厚さを増していました。
台座のフィユタージュはザクザクした食感でよかったです。

グランキューバ(450円)

「コーヒーのブリュレとバナナを合わせたキャラメルチョコムースのケーキ」

コーヒーやバナナ、キャラメルという相性のいい組み合わせで、
まとまりのよさはもちろん、それぞれ素材の風味も引き立っていました。

すべて共通して感じたのは、素材の持つ味わいや瑞々しさが、とてもよく感じられるということです。
ベーシックなものから独創的なものまで、印象的な味わいに仕上がっていると思います。



ショーケース等の様子
























今回訪問したのは、効率的な行動予定を優先した結果で、
最初からこちらのお店を目指したわけではなかったのですが、
気になるものが多数あるので、また早めに再訪してみたいです。

また、店内はクリスマスの雰囲気も増していました。




ちなみにこちらのお店はなぜか、今年(2016年)は札幌三越にクリスマスケーキを出品しています。

都内の催事への出品も滅多にないのに、非常に珍しいですね。
クリスマスケーキだけでなく、シュトーレンやガレット・デ・ロワも気になるところです。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2016-12-16_20:12|page top

コメントの投稿

非公開コメント