バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

GLACIEL


GLACIEL
(グラッシェル)にて。

2016年12月1日(木)、札幌ステラプレイス2階にオープンしました。

昨年(2015年)夏に江森シェフが退職してから、プチガトーの販売はなくなり、
私としてはちょっと足が遠のいていたところなのですが、札幌にオープンしたとなれば話は別ですね。
オープンして最初の週末、定刻当初に訪問したところ、席にはだいぶ余裕があるようでした。


メニュー表




現在(2016年12月)の、表参道店のメニュー表は未確認ですが…
恐らくは札幌独自のメニューと思われます。

テイクアウト販売用のアントルメグラッセは4~5名分ほどの、大きなものですが、
1~2名分くらいのミニサイズがサロンメニューにあって、手軽に食べられるのがいいですね。

パンケーキやタルティーヌ(オープンサンド)は恐らく表参道にはないもので、
ルタオのイートインメニューに準じたものと思われます。

店頭ショーケースの様子




















販売用のアントルメグラッセは、全てイートインで味わえるわけでないようですが、
今後メニューの共通化も期待したいですね。また生グラスは、席での提供は不可とのことです。



コクシネル(1,296円)

「アーモンド生地に木苺と苺のシャーベットとマダガスカル産バニラアイスの組み合わせ。
赤いベリーのゼリーでコーティングした、幸せを呼ぶてんとう虫」



説明文はテイクアウト用のアントルメグラッセのものですが、恐らく同等と思われます。
ベリーの刺激的な酸味とバニラアイスはそれぞれベクトルが違いながら、
一体感のある味わいにまとまっています。

ダコワーズ(1,296円)

「甘酸っぱいフランボワーズと苺をバニラアイスに合わせた、グラッシェル一番人気の定番アントルメグラッセです。
ダックワーズ生地のバランスが抜群!」

こちらも説明文はアントルメグラッセのものです。
アントルメグラッセではフレジエのような外観ですが、こちらはパフェ風にアレンジされています。
より素直にアイスクリームの味わいを感じられました。
ただダコワーズ生地はもう少し一体感が欲しい思いもありました。

ドリンクは324円プラスでセットにすることが出来ます。


アントルメグラッセはその場で手を加える部分はあまりないようだし、
全体にやや高価な印象もありますが、私としては、
中心部付近でふと思い立って訪問できるお店があるのは嬉しいです。
その他のメニューも気になるので、また再訪してみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(札幌・甘味)|2016-12-05_18:35|page top

コメントの投稿

非公開コメント