バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

A la rive gauche de la seine

A la rive gauche de la seine(リヴゴーシュ・ドゥ・ラセーヌ)にて。

丸井さんの「日替わりパティスリーフェア」に来ていました。
10月24日(月)、一日限りの出店で、今回のフェアはこの日が最終日でした。


ラクテグリオット(501円)

今年のクリスマスケーキのカットタイプです。説明文はありませんでした。
構成は「チェリーのジャム、チェリーのコンフィチュール、ミルクチョコクリーム、
ココアのビスキュイ(アーモンド入り)、チェリーのコンポート、チョコプレート、
プラリネのフィヤンティーヌ、アーモンドとヘーゼルナッツのダコワーズ」とのことです。
まずショコラの濃厚な風味と、チェリーの酸味が印象的です。
フォレノワールに似た味わいがとても好みのものでした。

こちらのお店は比較的訪問しやすい場所にあるのですが、
なぜか最近足が遠のいています。催事の出店はやはり嬉しいですね。

ラクテグリオットのアントルメタイプはこんな感じです。


期間中、少し無理をして都合を合わせたりもした(汗)のですが、
今回出店した全てのお店のクリスマスケーキを味わうことが出来てよかったです。
そろそろ具体的に、今年のクリスマスの予定を立てる必要がありそうですね。
comments(0)|trackback(-)|リヴゴーシュ・ドゥ・ラセーヌ|2016-10-24_21:56|page top

コメントの投稿

非公開コメント