バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

C'est BO et BON


C'est BO et BON
(セ・ボー・エ・ボン)にて。



遅ればせながら、やっと訪問してみました。
今更私が説明する必要はないでしょうかね…元バースデーイヴ、藤井シェフのお店です。


箱を毛糸で結んでいるのが個性的ですね。


また紙袋も無地の既製品かと思ったら、

隅にロゴの入った、お店のオリジナルなのでした。



ミルフィーユキャラメル(440円)

「キャラメルの香りのマスカルポーネクリーム、キャラメリゼしたパイ」

フィユタージュのむせ返るような風味と食感、それに負けないクリームと、
これまで札幌ではなかなか味わえなかったものです。
こういう言い方は失礼なのかもしれないですが、これは見るからにエルメですね。
…いや今となっては、デパ地下で大量販売されているエルメのミルフィーユよりも、
しっかり丁寧な作りだと思います。

タルトカフェ(400円)

「モカ種、フレンチローストの苦味と香り」

これもエルメ…によく似ていますが、エルメのタルトカフェは、
アンフィニマンヴェニーユにカフェの風味を加えたような、
もう少し優しい風味だったような記憶がありますが、こちらはしっかりビターです。
また台座のシュクレのハードな食感が印象的ですね。

モンブラン熊本(560円)

「季節限定。熊本産の栗を荒めのペースト状にして栗の香りを残しました。渋皮栗とメレンゲ入り」

個性的な外観ですが、シャンティを外周にしているだけで、
構成は比較的オーソドックスです。
口に含んだ瞬間は外周のシャンティの風味をまず感じるのですが、
その後感じる栗の風味が本当に豊かでよかったです。

今回は都合でこの3種だけを買いましたが…
これ以外にも気になるものはたくさんありました。というか、全部食べてみたかったです(汗)

















ショーケースの様子は、エルメを髣髴とはさせるものの、
エルメそのままというよりはバースデーイヴから継続販売しているものも多いようです。
ただ今回買ったものを食べた限りでは、原材料が大幅に異なるように思われますが…
また、ヴィエノワズリーやドゥミセックも気になりますね。

残念ながらサロンは併設していなくて、遠くから訪問する場合は本当に残念ですが、
出来るだけ早く再訪してみたいと思います。

ちなみに、こちらへの訪問前…




散歩がてら、大通周辺から旭山公園まで歩いてみました(笑)
少し高い場所なので、紅葉も進んでいるようですね。見晴らしもよかったです。
comments(2)|trackback(-)|未分類(札幌・甘味)|2016-10-17_20:01|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
こんにちは~
最近このお店のこと知りました、まだ行ってないです~(^_^;)
あと、東区のフルタも気になります~
表参道にあるGRACIELがステラプレイスにオープンするらしいですね、それも楽しみです~v
No title
どうもです。
こちらのお店は本当によかったですよ。
久しぶりに訪問必須のお店がオープンしたと思います。
フルタは一度お店の前まで行ったのですが、混雑で買わずに帰ったことがあります(汗)
グラッシェルはイートイン可能で、パフェやバシュランなどがあるなら訪問してみたいですね。
色々なお店がオープンするのは嬉しいです。