バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

幸せのお菓子の家


幸せのお菓子の家
に行きました。

あまり意識したことはなかったのですが…
「幸せのレシピ」というレストランのシェフが手がける、お菓子屋さんだそうですね。
中心部付近でケーキやパフェなどのカフェ営業と、ケーキのテイクアウトも行なっているとのことで、
訪問してみました。




お菓子の家のフルーツパフェ(ブドウ)(600円)

別店舗で営業しているパフェ専門店よりも、シンプルで安価のようですね。

ミルクとブドウのソルベ、トッピングのマスカットがさっぱりと食べやすかったです。

他にも何種かメニューがありました。



お菓子の家のショコラータ(400円)


ミルフィーユ(350円)

ケーキもシンプルで食べやすい印象です。
こちらのシェフが参加するCANDICE(キャンディス)という、パティシエ6名のグループは、
ドルチェヴィータやポワソンダブリール、フォセットフィーユ等、
札幌ではお馴染みのお店の方ばかりで、その影響の伺える味わいだと思います。

ドリンクはフレンチトーストやパフェとのセットはありましたが、
ケーキ類とのセット料金はないそうです。




同行者があったので、ホットとアイス、それぞれのジャスミンティをオーダーしました。

片方はパフェとのセット料金になりました。

試食ということで、マドレーヌをサービスしてくれました。

さっくりした食感で、好みの味わいでした。

ショーケースの様子










定休日はあるものの、街中で、しかも遅い時間まで
ケーキを買ったり食べたりできるのはいいですね。
シンプルなケーキの印象もよかったし、何といっても便利なので、
また再訪してみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(札幌・甘味)|2016-10-05_19:26|page top

コメントの投稿

非公開コメント