バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

Salon du Chocolat(札幌丸井今井・MI CARD限定先行販売)

丸井さんのSalon du Chocolat(サロン・デュ・ショコラ)、MIカード会員限定の先行販売会に行きました。

今年も「サロショコ」の季節が来ましたね。
丸井さんでは1月31日(日)~2月14日(日)までの実施です。


1月30日(土)に行なわれた先行販売は、昨年までは「プレビュー」として、
MIカード会員のみ応募可能の抽選制でしたが、
今年はカード会員であればだれでも入場可能とのことで、このために入会したのです。
(年会費は初年度無料)

都合で午後からの訪問となりましたが、会場はすでに熱気に包まれて、
恐らく目ぼしいものは売り切れか大行列と思われたので、
例によってまずショコラカフェへ…


更に例によって、全種オーダーしています。
ショコラ2個+ドリンクセット850円~、追加ショコラ2個で550円と、
料金は据え置きで嬉しかったです。

ショコラのメニュー表


ファブリス・ジロット「セサミダーク」

「アーモンドプラリネと、キャラメリゼしたゴマ、エクアドル産カカオのガナッシュをビターチョコレートでコーティング」

ジャン=ポール・エヴァン「トロワオランジュ」

「リキュールではなく、オレンジピューレでしっかりと風味をつけました。爽やかなオレンジが広がるボンボンショコラです」

ピエールマルコリーニ「ピエールマルコリーニグランクリュ」

「マルコリーニ氏こだわりのカカオを最良のバランスでブレンドしたビターガナッシュを、ビターチョコレートでコーティング。
(ピエールマルコリーニ)を代表するひと粒」

ピエール・エルメ・パリ「アンフィニマン・ショコラ・オレ」

「キャラメリゼしたミルクチョコレートのガナッシュを、さらにミルクチョコレートでコーティングしました」

ドゥバイヨル「メイユールアムール」

「深く炒ったヘーゼルナッツのプラリネが入ったミルクチョコレート」

ミッシェルショーダン「ネグアタ」

「シェリー酒が練りこまれたビターガナッシュ。酒が効いた大人のビターチョコレートです(アルコール使用)」

フランク・ケストナー「アヴァランシュ」

「プラリネの中にパッションフルーツとオレンジのコンフィ。
フルーツのジュースをパウダー状にする技術で余韻が長く続きます」

フィリップ・ベル「ヴェップ(VEP)」

「ヴェネズエラ(V)、エクアドル(E)、ペルー(P)産のカカオを独自のブレンドで配合したガナッシュ。
酸味よりも苦味のあるカカオを好むベル氏の意欲作」

クリスティーヌ・フェルベール「イヴェール」

「グランマルニエ風味のオレンジコンフィを、マンジャリガナッシュの中に。
「コンフィチュールの妖精」の実力をご堪能ください(アルコール使用)」

クリスチャン・カンプリニ「ヴァロンデュカレイ」

「オリーブオイルを使ったレモン風味のショコラ。バターと生クリームを使わない、という冒険的なひと粒」

オリヴィエ・ヴィダル「カシス」

「ショコラに生クリームとカシスピューレを加えた、カシス風味のガナッシュ」

ダヴィド・カビィ「ノワゼット」

「柔らかいヘーゼルナッツのプラリネと、セミリキッドタイプのジャンドゥージャをミルクチョコレートでコーティング」

ドリンクはアイスティにしました。

ほとんどおなじみの顔ぶれですが、私としては満足しています。
そういえばアオキさんのショコラがないですが…後日出るでしょうかね。
全体的な傾向なのかどうか、フルーツの酸味を効果的に使ったショコラが多いようです。
中でもケストナー氏の「アヴァランシュ」は、フルーツのパウダーの効果なのでしょうか?
パチパチ弾けるような食感がひときわ印象的でした。
またベル氏の「ヴェップ」は、キャラメルの印象の強いベル氏とは一線を画したビターなもので、
新鮮な味わいがとてもよかったです。

今年も種類がやや少なく12種類となっていますが、後日追加メニュー等があるかどうかは未確認です。
また訪問して確認してみようと思います。

その後インポートコーナーを覗きましたが…やはりすでに品切れのものも多かったようです。
撮影可とのことだったので画像を載せておきます。














他にお客さんもあり、あまり丁寧に撮っていないですが、参考になるとは思います。
(クリックで拡大するようにしました)

今回買ったものもありますが、まだ食べていないのでまた改めて記事にしようと思います。
また品切れで買えなかったものは、再入荷がないかどうか、こまめにチェックしてみたいですね。

また今年もショコラティエトークが実施されるようですが…

平日の昼の時間帯が多く、私はほとんど都合がつかなさそうです。
特にエヴァン、エルメ各氏のお話はぜひお聞きしたかったので残念です。
エルメ氏の来札は2009年以来でしたかね?
何とか都合がつけられないか、ちょっと考えてみたいと思います。
comments(4)|trackback(-)|サロン・デュ・ショコラ、その他|2016-01-30_21:41|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
全種オーダー豪華ですね(+'ж艸*)v-352v-352

フランク・ケストナー「アヴァランシュ」が
1番気になります。
いろんな味のショコラがありますね。

ショーケースの写真とても参考になりました。
近いうちに行ってきます。
No title
どうもです。
あまり一度に全種食べる人はいないようですが、私は毎年こうしています(笑)
アヴァランシュもそうでしたが、他にもフルーツなど酸味との組み合わせが印象的でした。
行かれるときはぜひ楽しんでくださいね。
ちなみにインポートコーナーは、その後品切れも増えているようです。
訪問の際に気に入ったものを選べるといいですね。
No title
はじめまして。昨年こちらのブログを知り楽しく拝読しておりました。
サロンデュショコラの情報も有難く参考にしています。
本日サロンデュショコラ会場のショコラバーに行ったところ
明日よりチョコレートの種類が変更になるそうです。
16種類になり全種入れ替えとのことです。

ショコラカフェは本当にお得ですね。
けっこう空いているのが不思議でなりません。

いきなりのコメント失礼しました。
今後も修さまのご活躍を期待しています。
No title
どうもはじめまして。
「サロショコ」は札幌の初回実施から欠かさず訪問していて、毎年楽しみにしています。
ショコラカフェについての情報は、どうもありがとうございました。
私も尋ねたところメニュー入れ替えは2/6から、と聞いていたのですが、
品切れが多いので前倒しになったのでしょうかね?明日立ち寄って確認してみようと思います。

ショコラカフェは、今年から東京でも復活したそうですが、
高額で品切れも多く、札幌とは異なるようですね。
私もこんなときは札幌の雰囲気を楽しむことができてよかったと思います。