バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

Ryoura


Ryoura
(リョウラ)に訪問しました!

2015年10月21日(水)オープンした、菅又亮輔シェフのお店です。
もはや言わずもがなでしょうかね。

本当はもう少し早く訪問したかったのですが、なかなか機会を作れなかったのです。
今回の上京では、最優先の思いで訪問してみました。


店内にサロンはなく、テイクアウトしました。




マタン(500円+税)

「口溶けのよいホワイトチョコレートクリームの中に
パッションオレンジのジュレを入れたマカロン」

ホワイトチョコレートの嫌みのないさっぱりした甘さと柑橘の爽やかな酸味は、
それだけでもひとつのプチガトーとして成立しそうなのですが、
マカロンの粘りつくような食感が加わって、独特の印象を残していました。

マカロン生地のプチガトーは「ドゥーパティスリー」でも買ったことがあります。
エルメ出身の菅又シェフのスペシャリテと言えるかもしれないですね。

エクレールマロンカシス(445円+税)

「カシスとマロンのクリームにラム酒を効かせたパティシエール」

まずシュー生地のサックリした食感がとてもいいですね。
そしてカシスマロンのやや鼻にツンと来るような風味が加わり、
全体に重厚な仕上がりになっていると思います。

バロン(482円+税)

「ヌガーのカリカリの食感にフリュイルージュのジュレ。
胡椒風味のメレンゲで仕上げたガトー」

いわゆるモンテリマールに、ベリー系の組み合わせは珍しいですね。
ふんわり甘いはちみつの風味に、ベリーの酸味がアクセント的に効いていて、
印象に残る味わいでした。

店内の様子も撮らせてもらいました。


















上述のようにサロンはなく残念でしたが、全体にゆとりのある配置になっていて、
今後は空きスペースを活かしたサロン設置なども期待したいですね。

そして、

こんなチラシもあったのですが、時期的に購入不可能で残念でした。

用賀は個人的に足を踏み入れたことのない地域で、
簡単に行ける場所ではないのですが、気になるものがたくさんあったので、
できるだけ早めに再訪してみたいと思います。


※1月5日(火)・6日(水)は休業とのことです。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2016-01-04_18:26|page top

コメントの投稿

非公開コメント