fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Asterisque

今年のガレット・デ・ロワはAsterisque(アステリスク)で買いました。

実は昨年も元日営業に行ってみたら、目の前で品切になってしまって悔しい思いをしていたのです。


ガレット・デ・ロワ(大・2,900円)


きれいな模様と、艶と色合いがすごいですね。

フランジパーヌの甘い風味と、バターの風味がひとつになって、
箱から出した時点でふわっと香りが立ち上りました。

フィユタージュは指で弾くと音がしそうな、バリッとした食感で、
フランジパーヌのしっとりした食感との組み合わせもいいですね。

ちなみに王冠を乗せた状態で箱に入っていました。


カットするとこんな感じです。


フェーヴは別添で、店頭で好みのものを選ばせてもらえました。

パッと見た印象で決めてしまいましたが…これは何の形でしょうかね?

順番は前後しますが、この日は昨年と違って、元日にもサロン営業をしていたので、
店内で頂くことにしました。


サバラン オ マロン(520円)

「マロンとラム酒のサバラン」

サバランの底部に栗ともったりしたパティシエールが敷かれています。

またスポイトでラム酒を加えられるようになっていました。

サバランに栗とは、少し珍しい組み合わせに思いましたが、
栗とパティシエールは自然な甘さで、相性がよかったと思います。
好みの味わいで気に入りました。

ディアブル(580円)

「フランボワーズとピスタチオのプティガトー」

フランボワーのジュレのコーティングが目を引きますね。
組み合わせ自体はそれほど珍しいわけでないですが、
フランボワーの自然な酸味を残した味わいが印象的でよかったです。

デジェル(540円)

「ココナッツといちごのプチタルト」

ココナッツの優しい風味があって、比較的食べやすい味わいだと思います。

この日は雪の降るような寒い日で、開店時刻まで外で待っていたので、
私としては珍しくホットコーヒーをお願いしてみました。

少しホッとすることができてよかったです。

ショーケース等の様子





















お正月からゆっくりすることが出来てよかったです。
どんなお菓子が食べられるか、今年も楽しみにしたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2015-01-12_17:45|page top

コメントの投稿

非公開コメント