バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

A la rive gauche de la seine


A la rive gauche de la seine
(リヴゴーシュ・ドゥ・ラセーヌ)にて。

少し久しぶりに買ってみました。


アリババ(400円)

「レーズンとオレンジピールを生地に入れラム酒を効かせました」

こちらのお店では、サバランとアリババは別のお菓子として並んでいて、
サバランにはキルシュ、アリババにはラム酒を使っているそうです。
この日もサバラン、アリババ両方ありましたが、アリババにしました。
やや粗い生地にラム酒の風味がしっかり効いていてよかったです。

アマンディーヌ(300円)

「赤いフルーツのジャムにクレームフランジパーヌで焼き上げたシンプルでクラシックなタルト」

常温の焼菓子のように見えますが、冷蔵コーナーにありました。
フランジパーヌのふわっと甘い香りと、ジャムの酸味がいいですね。

モンブラン(380円)

「マロンペースト、生クリーム、サクサクメレンゲのパリ風モンブラン」

こちらは何度も買っていますが、季節限定なのでつい買ってしまいました。
スタンダードな味わいのよさがきっちり感じられるモンブランだと思います。

新作らしいものはなかったですが、こちらのお店のお菓子は定期的に食べておきたいですね。
「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」に出品しているお菓子も気になるところです。
comments(0)|trackback(-)|リヴゴーシュ・ドゥ・ラセーヌ|2014-12-11_20:40|page top

コメントの投稿

非公開コメント