バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

札幌東急イン(south west)


札幌東急イン
(south west)
札幌市中央区南4条西5丁目 TEL011-531-1065
17:00~19:00(第一部)、19:30~20:30(第二部) 
デザートバイキング2,600円(税サ込)

 ●2014年10月26日(日)限定実施
 ●定刻前入店待機可
 ●全席禁煙
 ●料金前払い

今年も上記日程で実施された「HALLOWEEN Cake Viking」に訪問しました。



2009年から開始しているので、今年で6回目の実施です。
こちらのお店では定期的にデザートブッフェのイベントを実施するようになっていますが、
「ハロウィンケーキバイキング」はその嚆矢だけあって、知名度と人気の高さが群を抜いていますね。
今回は店頭での告知だけでほぼ予約が埋まり、HPでの告知はされなかったようです。


第一部利用者は16:40頃から(予約者のうち)先着順に案内が始まり、
定刻まで席で待機となり、16:55まではブッフェ台の撮影時間と案内がありました。

第一部利用者には、テーブルにこのようなシートが敷いてありました。

第二部利用者はまたデザインが異なっていたようです。

ブッフェ台の様子


実演マラサダドーナツ


アールグレーのムース


パリブレスト


ブルーベリーのシフォン


ブランデーの効いたチョコムース


フロマージュクリュ


チョコレートのバタークリームケーキ


パンプキンロール


ココナッツとパインのロールケーキ


フルーツのミルクレープ


りんごのシブースト


モンブランシュー


ローズシュー


スイートポテト


スイートパンプキン


カボチャのミルフィーユ


かぼちゃプリン


オレンジのババロア


梨のタルト


ベイクドチーズケーキ


マカロン


フロランタン、かぼちゃのマフィン、マロンのガトー、ガレットデ・ロワショコラ


マドレーヌ、ランゴショコラ


麦のプリン、ハイビスカスのジュレ、ピスタチオと苺のブリュレ、オレンジとチョコのヴェリーヌ


チョコレートファウンテン


クロワッサン、サレ


ポテトチップ


アイス



タコと野菜のマリネ


カナールスモークとトマトのカプレーゼ


生ハムとフルーツルッコラ


根菜のサラダとトラウトサーモンのスモーク


蒸し鶏とキュウリのサラダ


彩野菜のシーザーサラダ風


ピザ


ナポリタン


カボチャとチーズの焼きリゾット


から揚げ


たこ焼き


ポテトフライ


ソーセージとお野菜のポトフ


ドリンク




ホワイトサングリア



実演マラサダドーナツ

ハワイ風のドーナツだそうです。
揚げたてのものはそれなりに実演の意味合いはあると思いますが、
シンプルなつくりだけに「目玉」としてはやや弱い気がします。
手の込んだ作りのものや、華やかな外観の実演なども期待したいですね。

以前あったような複数の実演はなく、特大のケーキなども用意されていませんでした。

パリブレスト、ブルーベリーのシフォン、アールグレイのムース

パリブレストはカットの小さい部分を取ってしまいましたが、全体にボリューム感がありました。
ブルーベリーシフォンはブルーベリーの風味が思いのほか強かったです。
アールグレイのムースは好みの味わいで、また滑らかなムースの食感もとても気に入りました。
実演が簡素なぶん、今回のイベントの「目玉」と言ってもいいと思います。

ブランデーの効いたチョコムース、フロマージュクリュ、チョコレートのバタークリームケーキ

ブランデーの効いたチョコムースは、こちらも風味と食感のよさが「目玉」にふさわしいですね。

断面はこんな感じでした。
フロマージュクリュは形状や組み合わせを変えながらも、
こちらのお店で長く提供されているもので、私もとても気に入っているので、
今回は提供されていて嬉しかったです。
チョコレートのバタークリームケーキは外観から想像するよりさらにシンプルな味わいです。

パンプキンロール、ココナッツとパインのロールケーキ、フルーツのミルクレープ

ロールケーキはやや小ぶりなものが2種用意されていました。
ともによく合う食材で、特にかぼちゃは季節感があっていいですね。
ミルクレープは碁盤の目状の小さなカットになっていますが、クリームがたっぷりして、
ボリューム感があるので、このくらいの大きさのほうがいいと思います。

りんごのシブースト、モンブランシュー、ローズシュー

シブーストやシュークリームもやや小さめです。
モンブランシューは小さいながらも凝ったつくりでよかったです。

かぼちゃプリン、オレンジのババロア

オレンジのババロアは外周の生地にオレンジのシロップがたっぷり染みていて、
少しだけサバランに似た印象がありました。

スイートポテト、スイートパンプキン、カボチャのミルフィーユ


梨のタルト、ベイクドチーズケーキ

梨のタルトは既製品的な外観で後回しにしたのですが、
風味のよいクリームに洋梨の味わいがよく合っていて、とても気に入りました。
もう少し早めに食べればよかったです。

マカロン、フロランタン、マロンのガトー、ガレット・デ・ロワ ショコラ

焼菓子やフィンガーデザートの類も多数ありました。
マロンのガトーは非常に密集感のある栗の風味がとてもよかったです。
ガレットデロワはかなり小ぶりなものを、さらにカットした一口サイズです。
フェーヴの有無は確認できず、恐らくピティヴィエのようなものだと思います。

麦のプリン、ピスタチオと苺のブリュレ、ハイビスカスのジュレ、オレンジとチョコのヴェリーヌ

麦のプリンはやや香ばしいというか濃厚な風味がありますが、
言われなければわからないと思います。表面のソースは少し酸味がありました。

18:00頃から、かぼちゃの重さ当てクイズの発表がありました。

予め投票箱に回答を募集していて、正解は21kgとのことでした。
今回は正解者多数で、賞品の食事券を複数に配分していたようです。

根菜のサラダとトラウトサーモンのスモーク、タコと野菜のマリネ、
生ハムとフルーツルッコラ、カナールスモークとトマトのカプレーゼ


ナポリタン、カボチャとチーズの焼きリゾット


から揚げ、たこ焼き、ポテトフライ


ソーセージとお野菜のポトフ、パンプキンポタージュ

ポトフの細く白いものはニョッキです。

軽食…というか食事メニューは温・冷ともに種類豊富で充実していますが、
ごく個人的に、特別に印象に残るほどではなかったです。

ドリンクは冷たいお茶がなく、ホットのコーヒー・紅茶、ハーブティ等、
オレンジジュース、アップルジュース、牛乳に、アルコールとしてサングリアがありました。

ジャスミンティ

私としてはやはり、ウーロン茶等の冷たいお茶があると嬉しいところです。

ホワイトサングリア

少しだけ舐めるように飲んでみましたが、以前よりもアルコールが強いように感じます。
レモンやグレープフルーツ等、ボウルに柑橘類を浮かべているので、
ブリオッシュ等の甘さの少ない生地に浸して、サバランのように食べてみたかった気もしています。
次のイベントの機会にもしまた出ていれば、試してみようと思います。

8月の実施の際に、カビの発生によるお土産の回収があったので、
今回はお土産の用意はなかったです。残念ですがやむを得ないですね。

今回も充実した内容で、とても満足しました。
いも栗かぼちゃ等、季節の食材も効果的に使われていました。

目を引く実演や特大のケーキなどは出なくなっているし、
フルーツやクリームをたっぷり使ったショートケーキやロールケーキ、
そして組み合わせの凝ったムース類等、見た目に高揚感を惹くようなデザートも
控えめな気はするものの、お菓子の…フランス菓子の基本に立ち返ったような内容で、
私は今回のような内容をとても気に入っています。
目先の流行に捉われやすい私が言うのもなんですが(汗)、
お菓子を味わう場合に限らず、応用の前に基本の理解は大事なことだと思います。

店内の様子は、賑やかなハロウィンの飾りつけがあって、
雰囲気を増していましたが、一部の窓際に、手作りで紙袋等に加工して作ったような、
急遽間に合わせで揃えたような飾り付けがずらっと並んでいて、非常に目を引きました(笑)
(他のお客さんの後ろにあり、画像は撮れませんでした)





また少なくとも第一部は満席でした。恐らく第二部も同様だったと思います。

店を出る際にも次回イベントの告知はなく、この時期に何もないということは、
恐らくクリスマス時期のイベントはないと思われます。
今年(2014年)はバレンタイン時期にイベントの実施があったので、
その頃までには何かしらの実施を期待をしたいですね。しばらくこまめなチェックが欠かせなさそうです。
comments(0)|trackback(-)|札幌東急イン(デザート)|2014-10-27_19:27|page top

コメントの投稿

非公開コメント