バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

鶴雅ビュッフェダイニング札幌


鶴雅ビュッフェダイニング札幌

札幌市中央区北2条西4丁目1 TEL011-200-0166
11:00~15:00ランチバイキング
大人2,400円 4歳~小学生1,200円
17:00~22:00ディナーバイキング
大人4,200円 4歳~小学生2,100円
(全て税込、3歳以下無料)

 ●定刻とともに入店
 ●全席禁煙
 ●ランチは90分制限

2014年8月28日(木)、商業施設「赤レンガテラス」内にオープンしたブッフェ専門レストランです。



道内各地で温泉ホテルを手がける「鶴雅グループ」の運営で、
温泉ホテルではない、レストランのみの出店は初だそうですね。

ランチ、ディナーともに実施していますが、今回はランチに訪問してみました。


入口の頭上部分に飾られたフクロウ(?)のオブジェが目を引きました。



10:00頃から名簿に名前を控えて、整理券を配布していました。

整理券配布の時点で、一巡目の入店が可能かどうか怪しいくらいの行列がありました。

ちなみにランチは個室利用(3名以上から、要追加料金)のみ予約可、ディナーは全席予約可能です。

ブッフェ台の様子












































豚ロース、旬野菜の鉄板焼き

豚ロースはとても柔らかくジューシィで気に入りました。

席には箸の用意しかなかったのですが、特に不自由はないと思います。
(ナイフとフォークは別途ブッフェ台に配置されています)

天ぷら(海老、きす、帆立かき揚げ、茄子、獅子唐)

天ぷらは魚介類も提供されていて、サクッとした揚がり具合もよかったです。

握り寿司(エンガワ、甘海老、イカ)、彩野菜巻き、稲荷

握り寿司はその場で注文を受けて握っていました。
好みのネタをオーダーできるようです。
マグロなど、もう少し高級なネタを期待したい気もしましたが、
ネタの品質はなかなかよかったと思います。

以上が実演です。
実演に見合う高揚感があって、よかったと思います。

玉葱の蒸し焼きケッパーのソース、ジャガイモのロースト塩辛バター、白菜のチーズ焼き、
ジャガイモのクリームグラタン、南瓜のフラン茸ソース

温料理は野菜を調理したものが主体のようですね。
素材の味わいを感じやすいものが多かったと思います。
また食べていませんが焼き魚が何種か提供されていました。

ビーフシチュー、牛すじカレー

肉料理は煮込む等して柔らかい食感を保っているものが多かったようです。
ビーフシチューはハヤシライスのようにご飯にかけてもよさそうでした。
またご飯は「ななつぼし」や「おぼろづき」等、銘柄の指定されたものでした。

お刺身(イカ、ブリ、シメサバ)

握り寿司の他、魚介の刺身もありました。
こちらもやや物足りない気はしましたが、握り寿司のネタと合わせれば充実しているでしょうか。

江丹別そば、魚介と旬菜かつおだし香味汁

そばはスタッフが湯掻いてくれます。

ペンネと野菜サフラン風味、アサリ貝と野菜青とうがらし風味パスタ


ピッツァ(魚介と野菜、じゃこと海苔、チーズカスタードグラタン)

パスタやピザなどもありました。ピザは専用釜で焼いて提供しているそうです。

厚切り長芋味噌マスタード、じゃがいものくちなしマリネ、北海道五目豆のサラダ、
茄子の焼き浸し、色々トマトのサラダ


アボカドと果実のサラダ、とかちマッシュのマリネ、彩り野菜のトルティージャ

冷菜はこちらのお店のメインと言ってもいいくらいに充実していると思います。
食べていませんが、もっとたくさん種類がありました。

ジュレ・ド・パンプル、ジュレ・ド・ほうじ茶、マドレーヌフィナンシェ、
バジルフロマージュクリュ、米いちご、キャラメルショコラ

デザートは小さなカップに入っていて、取り分けやすくなっています。
味わいもなかなかよく、特にジュレドパンプル(グレープフルーツゼリー)や、
バジルフロマージュクリュ(バジル風味のレアチーズ)等は気に入りました。
ただ簡略化や効率性を重視するあまり、見た目の高揚感が犠牲になっていると思います。
この方法では「味わいを大事にしている」ことが伝わりにくい気がしました。

白玉団子ピンチョス、ミルクアイス、フランボワーシャーベット


レモングラスごぼう茶、ミックスベリーティ

ドリンクはウーロン茶等の一般的な冷たいお茶が用意されておらず、
この他、黒酢ざくろドリンク、りんごジュース、ホットのコーヒー・紅茶等がありました。
画像の2種のドリンクは、それほどクセもなく、お茶の代わりにしてもよさそうです。

また別料金で単品オーダーメニューも用意されているそうです。





メニュー表が何ページにも渡っていて、全て撮影はしていませんが、
ランチタイムは制限時間もあるので、別注品まで手が回らないように思います。

ちなみに一人客は基本的にカウンタ席に案内されるようです。



赤レンガの旧道庁を見渡せる、景色のいい席でよかったです。

店を出る際は、食事中の札を裏返して退席します。


全体に和食や野菜料理、冷菜などの割合が高く、
ボリューム感を求める人には、やや物足りないような気がします。
小さい子供のいる家族連れなどにも、あまり向かないように思われました。
ただ全体に品質や配置状態のよい料理が並んでいるので、
好みに合う人には十分に楽しめる内容だと思います。
私はなかなか気に入りました。

また料理の種類が多く、ランチタイムの90分制限ではやや慌しいと思います。
ディナータイムは倍近い料金になりますが、予約可能で制限時間もないので、
一度訪問してみたい気もしています。

店内の様子は、冒頭書いた通り10:00頃の時点で、
満席になりそうなくらいの行列がありました。
恐らくいつ訪問してもある程度の待ち時間は必須と思われるので、
意を決して並ぶか、追加料金で予約をするのがいいと思います。
comments(17)|trackback(-)|札幌・バラエティブッフェ|2014-09-06_18:51|page top

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

やはり料理の充実ぶりが素晴らしいですね。
オープンしてすぐの頃にランチに行こうかと思っていたのですが、この品数に対して90分制限というのを見てやめてしまいました…
料理内容に対しての金額には特に不満は感じないので、ディナーに利用した方が満足度が高そうな気がします。
No title
刺身、寿司、天ぷらと好みの物は多いんですが
僕の場合90分制限があると、なかなか行く機会もなさそうです(^_^;)

デザートがカップなのは、輸送の関係かも知れないです。
水の謌から運んできているそうなので。
No title
いつも気になる お店の情報 ありがとうございますv-436 
少し落ち着いてきたら 訪問してみます!
No title
みなさんどうもです。

>海矢さん
90分というのはちょっと慌しかったですが、私は色々撮影をするので(汗)、
食事だけならそこまで時間はかからないと思います。
ディナーのほうが満足できそうというのは私も同感なのですが、
価格に比した満足感というと、ちょっと二の足を踏むところもありますね。
少し落ち着いてきたらディナーへの訪問も考えてみたいと思います。

>とまぽんさん
上の方にも書きましたが、撮影などをしなければ90分でも満足できそうですが、
とまぽんさんの場合そうはいかないでしょうかね(汗)
私も実を言うと半分義務感(汗)的な訪問だったのですが、
想像よりはずっと満足できました。一度訪問してみるのもいいかもしれないですよ。

デザートは厨房製造ではないのですね。
それであれば別途簡単な実演(パンケーキやクレープ、ワッフル等)を用意するだけでも、
だいぶ印象が違うような気がしました。

>よっこりんの母さん
見ていただいてどうもありがとうございます。
しばらくは混雑が続きそうな気がしますが、訪問の際はぜひ楽しんでくださいね。
No title
>とまぽんさん
「水の謌」情報でプラスチックカップの謎が解けました。キッチンの面積を取るか座席数を取るかの選択でしょう。

コスパは別として、ひとつだけ。稲荷と巻物、それとシャケの切り身の盛り付けが微妙に…。食欲に影響を与える程ではないのですが、もう少し綺麗だと…。これが1600円ほどの料金だったら無問題なのですが。
No title
どうもです。
稲荷等や鮭の配置については、開始時刻を過ぎてから運ばれてきたので、
やや急いだこともあるようです(特に稲荷等は、私が直に待っていました・汗)。
見栄えがいいとは言えないですが、その後すぐ料理が取られていったので、あまり影響はないようでした。
No title
こちらにはしばらく経ってから行こうと思っていますが…
赤レンガテラスの1階にあるペシェ・グラン(函館のペシェ・ミニョン系列)のケーキ、おいしかったですよ~。
テイクアウトしました。クロワッサンもなかなかでした。
No title
どうもです。レスが遅れてごめんなさい。
こちらの混雑が解消するには年単位でかかりそうですが…(汗)
あるいはディナーならもう少し「マシ」かもしれないですね。
ペシェ・グランは、ちょっと気になるものの、
スナッフルスのケーキの品質を思うと二の足を踏んでいるところです(汗)
別物として楽しめそうでしょうかね?
もしもラ・プレシューズの原点になるようなモンブランがあるなら、
一度は味わってみたいと思います。
No title
ペシェ・ミニョンはスナッフルスよりも高級路線だと思うのですが~
わたしはスナッフルスのタルトも好きなのでなんとも言えません(笑)
修さんの好みに合うかどうか…(^^ゞ
No title
どうもです。
ごめんなさい、私も(札幌では)そこまで高級路線を求めているわけではないですよ(汗)
よく見ると函館の乃木店では、ラ・プレシューズによく似たモンブランがあるようですね。
http://www.pechemignon.co.jp/news/2014/09/2734/

ちなみにラ・プレシューズのモンブラン
http://buffeguruguru.blog59.fc2.com/blog-entry-1588.html

こんな感じのモンブランがあるなら、一度訪問してみたいと思います。
行ってきました
いつも楽しく拝見させて頂いております。
修さんのレポを待って(笑)、ディナーに行ってきました。個室(1人500円)にしてみました。ウェルカムドリンクを受け取りブッフェ台とは反対側に案内されました。ちょっと料理を取りに行くのが不便ですね、次はテーブル席でいいかなと思いました。森の歌のディナーと比べてしまうのですが、パスタや焼き物が素材が質素な気がしました。魚介類のほうに力を入れているのでしょうかね。お寿司やお刺身はブッフェとしては良いと思いました。天ぷらは揚げたてでサクサクしてました。
デザートがとても残念でした、固形でない流動的なデザートが苦手なので。一口サイズは色々食べれてうれしいのですが、エリスリトールを使って低カロリーはちょっと頂けないかな?と。エリスリトールの苦み、渋みが残り、全く風味を損なっていると思います。美味しい砂糖(ビートシュガー)が北海道にはあるのに!食品の商品開発をしていたので、ここはうるさいです(笑)甘さ控えめで作ればいいのにな~。森の歌のように焼き立てワッフルがあると信じて来てたので残念でした。
たまにはいいかなと思いますが、京王のほうが好みかもです。
No title
どうもです。
ディナーのレポはありがたいです(笑)
料金に見合う内容ではなかったでしょうかね?
魚介や冷菜などに使われる、和の食材はある程度の品質を期待できそうですね。
デザートは甘味料の風味があったでしょうかね。私は全然気づきませんでした(汗)
私も甘味料は積極的に好むわけでないですが、ブッフェで提供されるものは、
ある程度品質至上主義でなくてもやむを得ないかな…と思います。
なかなか混雑は収まらないとは思いますが、ディナーなら訪問の機会も狙えそうです。
いずれ訪問してみたいと思います。
No title
お返事ありがとうございます。
お店HPのクーポン利用で4200円→4000円だったのですが、正規料金でも見合う内容だったと思います。

確かにブッフェなので全てが品質が良くないとだめってことはないですね・・。言葉足らずだったのですが、エリスリトールを積極的に明記されていて、しかもデザート名が「エリスリいちご」だったので興ざめだったのです。低カロリーをうたってくれるだけだったらいいのですがね。高感度甘味料は腸内細菌を乱したりするという報告が最近出ています。エリスリトールで実は気分が悪くなる人も意外と多いのです(知らないうちに飲料などで取って)。ブッフェに置くとたくさん食べてしまう人はいるので、取りすぎに注意があるエリスリトールを使うのはどうなのかな?って思いました。デザートの一部にこのエリアは低カロリーを重視したエリスリトール入りですよ、だといいのですが、全部だと選べないので残念に思いました。砂糖は本当においしいもので、数十倍も価格が高いわけでもないはずです。
No title
どうもです。
ごめんなさい、私の書き込みもちょっと否定的だったでしょうかね?
私も植物油脂というかトランス脂肪酸(マーガリンやショートニングなど)には
ちょっと反応が強くなったりするので、お気持ちはわかりますよ。
バイキングでカロリーオフを謳ってもあまり意味がないような気もしますが、
却ってそれを魅力に感じる人も多いのでしょうね。
「ウリ」にすることで人気が高まるのなら、それも一つの方法なのだと思います。
No title
30日に行ったら開店前からスゴイ行列でした。
で、大晦日のランチに家族で行きました、個室を予約して・・・雰囲気はいいです、でもお店のHPで紹介されていたメニューより品数が少ないような気がしました。お刺身とか無かったし。近いうちにリピートすることはないかも~
No title
どうもです。
まだまだ混雑しているようだし、まして年末年始なら更に混雑するのでしょうね。
どうもお疲れ様でした。
最近はディナーにも制限時間が設定されているそうで、私もなかなか再訪するのは難しそうです。
いずれもし混雑が落ち着くことがあったら、再訪してみたいですね。
No title
>鍵付きコメントさん
どうもです。
ごめんなさい、私はこちらのお店とは何の関係もありません。
ただ食事内容のレポをしているだけです。
予約の可否や駐車場の有無等の詳細は、お店に直接問い合わせていただくようにお願いしますね。