バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

札幌東急イン(2階宴会場)


札幌東急イン
(2階宴会場)
札幌市中央区南4条西5丁目 TEL011-531-1065
15:00~17:00(第一部)、17:30〜19:30(第二部) 
デザートバイキング
大人2,800円 小学生1,400円 4~6歳600円(すべて税サ込)

 ●2014年8月3日(日)限定実施
 ●定刻前入店待機可
 ●120分制限
 ●全席禁煙
 ●料金前払い

上記日程で実施されたデザートブッフェに行きました。

すでに定着しつつある不定期実施のイベントですが、この時期の実施は初めてですね。
今回はハロウィンやキャンドルナイトといったテーマは謳われていないようですが…
夏休み時期を想定した実施と思われます。

従来は1階レストラン「サウスウエスト」で行なっていましたが、
今回はサウスウエストでディナーブッフェを実施中であること、
また混雑が予想されることから別途宴会場での実施となりました。

今回もまた料金は前払いで、開始20分ほど前から席への案内が始まり、そこで待機となりました。
広い会場には予約者ごとに円卓が用意され、テーブルにはデザインを施したシートと、
簡単な説明を記載した名札が置かれていました。



ブッフェ台は会場の中央部分と、最奥部の壁際に配置されていました。

実演ヨーグルトパフェ


ババ


マンゴーのロールケーキ


バナナのピュイダムール風


ティラミス風シュークリーム


ミルクレープ


チョコレートチーズケーキ


青リンゴとチーズのムース


マンゴーとチーズのムース


フランボワーズとミルクチョコのケーキ


ライチとフランボワーズのムース


ラムレーズンと紅茶のムース


ストロベリーシャルロット


レモンパイ、ピーチタルト


トロピカルタルト


フルーツタルト


ブラウニー、クルミ×ピスタチオ×コーヒーのケーキ


マシュマカロン


ケークサレ


オムレット


マンゴーとココナッツのシフォンケーキ


レモンとパッションのチーズムース


牛乳プリンハスカップソース


黒ゴマプリン黒糖ゼリーがけ


ココナッツブリュレ


らいでんスイカ


樟茶嫩鴨(スモークダックの揚げ物)


ジャージャー麺


ピッツァマルゲリータ


ほうれん草、茄子、ベーコンのにんにく風味のスパゲッティ


ビーフ&ポークピラフ


ソーセージ盛り合わせ


タンドリーチキン


フライドポテト


コブサラダ


茄子の冷製サラダ


炙り鮪のカルパッチョ


グリルチキンとブロッコリーとトマトのサラダ


コールドミート


サンドイッチ


冷製スープ


ドリンク




赤白ワイン




実演ヨーグルトパフェ

実演はヨーグルトアイスとブルーベリーソースを組み合わせた簡単なものですが、
さっぱりした酸味は季節感があってよかったです。

ちなみに今回のイベントでは、アイスやシャーベット類の提供がなく、
それらしいものはこの実演だけでした。

マンゴーのロールケーキ、ババ、バナナのピュイダムール風

ババやピュイダムール等の伝統菓子も用意されているのは嬉しいですね。

ババはややアルコールが強いもので、好みの味わいでした。

チョコレートチーズケーキ、ミルクレープ、ティラミス風シュークリーム

シュークリームにはティラミスがそのまま入っていて食べ応えがありました。

青リンゴとチーズのムース、マンゴーとチーズのムース、
フランボワーズとミルクチョコのケーキ、ライチとフランボワーズのムース、

フルーツやチーズなど酸味が主体のムース等は、今回は直方体の小振りなカットで用意されていました。
取り分けやすいし、たくさんの種類を食べたいときはいいと思います。

ストロベリーシャルロット、ラムレーズンと紅茶のムース

もちろん円形のアントルメから切り分けるケーキも用意されています。
ラムレーズンと紅茶は相性のよい、落ち着いた組み合わせが気に入りました。

ピーチタルト、レモンパイ

どちらもオーソドックスなものですね。
直方体から切り分けるタイプでしたが、つくりは丁寧でよかったです。
レモンパイはメレンゲとレモンクリームの相性がよくて好みの味わいでした。

フルーツタルト、トロピカルタルト

フルーツタルトは台座と刻んだフルーツ(ピーチ、パイン、キウイ)が別に配置されていて
好みで組み合わせられます。
トロピカルタルトは「焼きっぱなし」タイプで、ちょっと珍しいですね。

ブラウニー、クルミ×ピスタチオ×コーヒーのケーキ、マシュマカロン、ケークサレ

焼菓子等も揃っています。
クルミ×ピスタチオ×コーヒーのケーキは構成が少しオペラに似ていました。
マシュマカロンはマシュマロをマカロンの生地でサンドしたもので、個性的な食感でした。
ケークサレはほうれん草とベーコン?が入っていて、軽食と言ってもいいですね。

レモンとパッションのチーズムース、ココナッツブリュレ、
牛乳プリンハスカップソース、黒ゴマプリン黒糖ゼリーがけ

グラスやカップのデザートも豊富です。
ヴェルヴェーヌミントのゼリーは出ていなくて残念でした。

らいでんスイカ

フルーツはスイカが出ていました。
よく熟した、甘く歯触りのいいスイカでよかったです。

開始後しばらくして、風船アーティストのパフォーマンスが始まりました。
席を回って、風船のオブジェを作っていきます。

全ての席に、一人ひとつずつ作っていたようなので、最後まで回るのにかなり時間がかかり、
実施時間の終了間際になっていたようです。

また、クッキーにチョコレートのペンで自由に絵を描けるコーナーも用意されていました。


樟茶嫩鴨(スモークダックの揚げ物)

チキンと思って食べていましたが、鴨だそうです(汗)
言われてみると鶏肉よりもやや身が締まって、歯ごたえがあるような気がします。

ビーフ&ポークピラフ、ベジタブル&ビーフカレー


ジャージャー麺、ほうれん草、茄子、ベーコンのにんにく風味のスパゲッティ

軽食…というか食事のメニューは、種類が豊富で肉料理などもあり、かなり充実していました。
デザートブッフェというより、デザートの充実したランチやディナーブッフェと言ってもよさそうです。
ボリュームがあるぶん、文字通りの「軽食」が少ないので、デザートを食べるとあまり手が回らなくなり、
特に前菜類は全くの手つかずになってしまいました。大まかなイメージはブッフェ台の画像を見てください。

ドリンクはウーロン茶、オレンジジュース、ホット・アイスのコーヒー、
ホットの紅茶・ハーブティ等があり、コーヒーは通常時と違いポットで提供していました。
また、赤白ワインもお代わり自由となっていました。

赤白ワイン

私がワインを2杯も飲めるはずもなく(汗)、これは同行者が飲んだものです。
これまでのイベントではサングリアなどアルコールの強くないカクテルが多かったですが、
今回は本格的なワインが提供されていました。

全体に、従来のイベントと同様の満足感は感じられましたが、
正直に言うとやや「目玉」に乏しい思いはありました。
夏ということで品質維持の観点から、従来のような特大のケーキ等は避けたのかもしれません。
またアイス類やコーヒーサーバーがなかったのは、サウスウエストで使用中のためらしく、
やむを得ないですが、ともに残念に思う人もあったと思われます。

今回も会場を出る際にはお土産を配っていました。

ブルーベリージャムが入ってました…が、不都合があったらしく、すぐに回収となってしまいました。
(カビが発生していたそうです)
ただ対応は素早く丁寧なものだったので、かえって印象はよかったです。

会場内の様子は、サウスウエストの倍ほどもあるような広い会場に、
ゆとりを持ったテーブルの配置になっていましたが、いくつか空席もありました。

ざっと見た印象ですが、(席数を増やさない通常実施の)サウスウエストが、
やっと満席になるくらいの利用客数だったように思われます。
当初見込みほどの予約はなかったらしく、当日利用も可能で、
ホテル内の目立つ位置の各所に大きく看板が設置されていました。
ブッフェ台は広く分散していたので、特に混雑は感じませんでした。

ちなみに前回(6月)イベントでは、第一部の終了間際から第二部の客の入店を開始し、
デザートは第一部の客が利用したものに随時補充する、という形式でしたが、
今回は一旦クローズした後、利用客もデザートも基本的に完全入れ替え制となっているようでした。

今回のイベントは特別なテーマはないようですが、ただ8月に実施されたことで、
今後については事実上、定期的な実施を隔月で行なう、という期待が湧いてきますね。
まだ実施のない4月・12月にも、今後ぜひ実施をお願いしたいです。

ちなみに、直近の隔月である翌々月(10月)については、

ハロウィンのイベントの実施が決定しています。
このところお店からの告知が出るが早いか我先にと「すっぱ抜く」ような、
周囲への影響が大きいと思われる情報の載せ方はしないようにしていましたが、
今回はやや席に余裕があるようだったので載せてみることにします。
ハロウィンのイベントは他のイベントよりも実施回数が多く、知名度も高いと思うので、
恐らくは事前に予約が埋まるように思われます。充実した内容を期待したいですね。
comments(0)|trackback(-)|札幌東急イン(デザート)|2014-08-04_20:14|page top

コメントの投稿

非公開コメント