バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

Relation entre les gateaux et le cafe


Relation entre les gateaux et le cafe
(ルラシオン)にて。



京王線の芦花公園前駅近くに、2013年2月にオープンしたお店です。
お菓子とコーヒーのお店とのことで、エルメ出身のシェフとバリスタの奥様と、
ご夫婦で営まれているそうです。

ケーキとコーヒーの組み合わせを楽しむお店ということなので、
もちろん店内で頂いてきました。


フランボワジエ(420円)

「ピスタチオのビスキュイにフランボワーズクリームとガナッシュをサンド。程よい酸味がアクセント」

フロマージュパッションマング(460円)

「マンゴーのチーズケーキ、パッションフルーツのジュレ、トロピカルな夏のチーズケーキ」

どうも最近、夏はさっぱりした酸味が主体のケーキを選んでしまいます。
フランボワジエはバタークリームとの相性がよく、好みのタイプです。
フロマージュパッションマングは、フロマージュの自然で素直な味わいが生きていて、
とても気に入りました。

ドリンクは紅茶もありましたが、せっかくなのでコーヒーをお願いしました。


ケニア ツングリ(750円)

アイスコーヒーは50円増しとのことです。
フルーツによく合う酸味のあるコーヒーとのことで、
言われてみるとやや酸味が強いような気がしました。
いずれにしても、価格に見合う味わいであることは、素人の私でもわかりました。

ショーケースの様子も撮らせてもらいました。











気になるケーキが多いので、また再訪してみたいですね。

そして夏のドリンクということで、フラッペも販売しているそうです。

こちらも気になりますね。

comments(2)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2014-07-29_18:45|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
こんばんは。
夏はやはりさっぱりした物が恋しくなりますよね。
フロマージュパッションマング、美味しそうです。
ショーケースの中も綺麗ですね。
季節の桃を使ったタルトに目を惹かれました。
コーヒーもすごいですね。
詳しくは無いですが、あれほどの説明書きが付いているなら、普段飲まなくても飲んでみたくなります。
No title
どうもです。
今回食べたものは、想像よりも親しみやすいというか、食べやすいケーキでした。
反面、コーヒーは非常に専門的な味わいで驚きました。
こちらはまた再訪して、色々な組み合わせを楽しんでみたいですね。