バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

Patisserie l’abricotier

Patisserie l’abricotier(パティスリーラブリコチエ)にて。

前回訪問から日が浅いですが、モンブランが終わらないうちに、
もう一度食べておきたいと思ったのでした。



モンブラン(440円)

「熊本産の和栗で作ったふんわりとしたマロンペーストとあっさりとした生クリーム、
サクサクのメレンゲの食感をお楽しみください」

和栗のペースト自体にしっかりした甘さがあって、シャンティはほとんど自然な状態の、
濃い牛乳というかあっさりしたバターのような味わいでした。
和栗のペーストは上から振り掛けるようにしているので、密集感のないふわふわした食感でした。

テイクアウトも可能なのですが、この食感を味わうにはイートインに限るような気がします。
ちょっとしたアシェットデセールのような感覚ですね。

モンブランの販売は3月中旬頃までとのことで、
もしかするとこの記事を載せる頃には終了しているかもしれません。

マロニエショコラ(440円)

「チョコレートと栗のクリームの相性が抜群です。刻みのくるみと栗もまたよい食感です」

新作との表示がありました。こちらはスタンダードというかオーソドックスな作りで、
強い印象を残すほどではないものの、丁寧な作りがよかったです。

ドリンクはケーキとセットで100円引きでした。


ショーケースの様子








午後の訪問で、種類はあまり残っていませんでした。
元々それほど品数を用意していないように見えましたが…
フレジエは、私が店を出る頃に出てきたものです。
色々気になるものがあったので、モンブランの販売が終わっても、
また再訪してみたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2014-03-12_18:53|page top

コメントの投稿

非公開コメント