バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

ホテルニューオータニ東京(パラッツォオータニ)


ホテルニューオータニ東京
(パラッツォオータニ)
東京都千代田区紀尾井町4-1 TEL03-3265-1111
13:00~16:00デザートバイキング
大人7,000円 4~12歳5,500円(いずれも税サ込)

 ●お正月、GW等不定期実施
 ●宿泊客の予約優先、一般客は空きがあれば利用可能
 ●一般客は90分制限
 ●全席禁煙
 ●料金前払い

今年も1月2日~3日の日程で実施された「スイーツビュッフェ」に行きました。






無事利用することができてよかったです。


というのも、

今年は基本的に「宿泊客の予約制」となったからです。
宿泊客以外は「空きがあれば利用できるかもしれない」という形態に変更になりました。




経緯は後で少し述べますが、まずはブッフェ台の様子から…





























食べたものは、まずエルメから…

(名札なし)

サブレの台座に、ガナッシュショコラを乗せて、飴がけのクッキー(?)を刺し、
杏のコンポートとマンゴー(?)ソースをトッピングしています。

ソースにも酸味はあるのですが、ショコラ自体にやや酸味があって、それが印象的でした。

Chocolat Viennois(ショコラヴィエノワ)

こちらも実演と言えば実演です。
ショコラショーにスプレー式のクリームを絞ったものです。
ヴィエノワとは「ウィーン風」と言う意味なので、
ウインナコーヒーならぬウインナショコラというところでしょうかね。

Fraisier(フレジェ)、2000feuilles(ドゥ・ミルフィーユ)


Tarte Azur(タルトアズール)、galette des rois(ガレットデロワ)

エルメのプチガトーは年々定番化している気がしますが…
タルトアズールはその中では新鮮でしょうかね。ドゥミルフィーユは好みなのでよかったです。

マカロン(シトロン、バニーユフレーズ、ショコラ)、
ボンボンショコラ(Nuage(ヌアージュ)、Anpamakia(アンパアキア))


マカロンのバニーユフレーズは、内部にイチゴのジュレが入っていました。


ショコラのヌアージュは、炒った塩を使っているそうで、
「和風だし」に似た、ちょっと独特な風味がありました。


Emotion Carre Blanc(エモーションキャレブラン)、Creme Catalana(クレームカタラナ)

クレームカタラナはエルメとしては素直な味わいだと思います。

infiniment citron(アンフィニマンシトロン)、Chocolat et orange(オレンジとチョコレートのパウンドケーキ)

ケークのアンフィニマンシトロンはちょっと珍しいでしょうかね?
いわゆるウィークエンドのような感じです。

以上がエルメのデザートで、出ていたものはこれで全てです。
種類が少ないのはもうやむを得ないでしょうかね。もう少し新作があると嬉しいところです。

次にSATSUKIから…

ニューオータニ特製パンケーキ

SATSUKIの実演はこれ1種だけでした。

ミルクジェラートを添えています。

スーパーショートケーキ、スーパーメロンショートケーキ


スーパーオペラ、スーパーモンブラン、ナポレオンパイ“あまおう”


マロンプリン、メロン杏仁ジュレ

定番ものばかり食べてしまったような気がします(汗)
ただSATSUKIにも目立った新作はないようですね…
その中でマロンプリンは、素直の栗の風味がとてもよかったです。

玄米クロワッサンチキンドッグピザ風、下町健康揚げパンブラックハヤシカツ

もう少しSATSUKIのデザートを幅広く食べればよかった気もしますが、
その場ではついついエルメのお代わりにばかり気をとられてしまいました。





ドリンクはセルフまたはオーダー制で、ホット・アイスのコーヒー・紅茶がありました。


最終的にはなかなか満足できてよかったです。
全体に、エルメもSATSUKIも、これまで以上に種類がお座なりになっている気もしますが、
実施があって、さらに利用できただけいいでしょうかね。

今回は中途入場で、「エルメ」や「ブッフェ」に特別なこだわりを持たない、
宿泊客主体の中での利用となったので、非常に落ち着いた環境で利用できました。

結果的にはあくせく並んで我先に利用するより、この方がよかったと思います。




さて、…経緯について少し触れておきます。
以降は我ながらくどいと思うので、特に読む必要はないです。

元々このスイーツビュッフェは宿泊客専用イベントの「お正月プラン」の一環だったのですが、
昨年までは宿泊客も含めて、事前予約は不可でした(整理券配布等、宿泊客の優先はありました)。

それが昨年(2013年)11月頃、HPで告知された「お正月プラン」には、
スイーツビュッフェが宿泊客のための予約制になった旨と、
一般客の利用については「お問い合わせください」との旨が記載されていたのです。

電話で問い合わせてみると、(すでに11月の時点で)スイーツビュッフェは第一部が満席で、
当日予約なしの場合は第二部以降の入場となるが、宿泊客優先なので、一般客の利用は確約できない、
という旨の返答がありました。

この返答からは、たとえ空きがあっても、
一般客の利用は想定していないような「含み」が感じられました。
それでもまず訪問しないことには利用できないので、当日、会場に足を運んでみました。
少し早めに会場に着き、スタッフに尋ねてみると、まったく同じ返答だったものの、
とりあえず名前は控えて、可能であれば呼び出してくれるとのことでした。

入場できたとしても14:30~15:00頃を覚悟して、その場で待っていたら、13:30頃に案内されました。
予約での利用客の中に、まだ会場を出る人はいなかったようですが、
結局はその後、他の一般客も案内されていたようです。

ちなみに、途中までは会場入口付近で待っていたのですが、途中から待合室に案内されました。
その際に一般客の利用の可否が判断されたと思われます。


どのようなオペレーションや会場内の配置がされたかは不明ですが、
想定外に一般客が増えすぎて、案内せざるを得なくなったのかもしれません。
あるいは一般客が増えすぎないように、牽制されたことも考えられます。

また私が非常に気になるのは、「お正月プラン」にて、明確な変更の告知があったにもかかわらず、
一般利用客からは目だった反応が見当たらなかったことです。

利用できると高をくくっていたのか(結局そうなりましたが)、変更に気づかなかったのか…
いずれにしても、来年以降も今年と同じ形態であれば、先が思いやられるところです。
今回は「たまたま利用」できましたが、来年以降は完全に宿泊客だけのイベントになるかもしれません。

私としては、たとえ品数が固定されても、エルメのデザートをブッフェで味わえる貴重な機会なので、
運営の方には一般客も利用可能なように、ぜひ検討をお願いしたいと思います。



…今年は「余裕綽々」とは正反対の記事になってしまいましたね。
今年一杯の余裕のなさはこの記事に全部まとめて、
残り期間は「余裕綽々」の記事を目指したいと思います。
comments(2)|trackback(-)|ホテルニューオータニ東京|2014-01-05_16:05|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
どうもはじめまして。
見てもらってありがとうございます。
私が不思議だったのは、明らかなシステムの変更で、利用できないかもしれないのに、
どうしてみんな余裕があるんだろう、ということでしたが、結局は杞憂だったかもしれないですね。
ただやはり、このシステムのままでは、来年以降の利用には心配が残ると思います。
バイキングでしか利用していないので、あまりいい客ではないかもしれないですが、
スタッフの方にはきめの細かい対応を期待したいですね。
No title
どうもです。
私が思ったのは、スタッフの対応云々よりも、
システムの変更についてまったく話題に上らないのが不思議だったのですが、
仰るように宿泊客の予約だけで、一般客の利用の余地がなくなることはないかもしれないですね。
来援以降はもう少し安心して利用できると嬉しいところです。

ちなみにイクスピアリも何度か行きましたが、最初の頃は常連客の予約は店頭で受けていたのが、
後半はハガキの抽選に変わったりしましたね。
私はあまり公平さは重視しないですが、幅広く利用できるほうが嬉しいとは思いました。