バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

ごちそうキッチン 畑のはる


ごちそうキッチン 畑のはる

札幌市南区芸術の森2丁目75 芸術の森センター2F TEL011-215-1778
11:00~15:00ランチバイキング
大人1,500円 65歳以上1,300円 小学生900円 幼児500円
(すべて税込み、3歳以下無料)

 ●定刻とともに入店
 ●全席禁煙
 ●料金前払

2013年4月27日(土)、札幌芸術の森センター2階にオープンしたレストランです。



ランチタイムにはブッフェを実施しているとのことで、訪問してみました。



ジェラテリア「レディローマ」などを手がける「セイウニカ」の運営だそうですね。
イタリアンやフレンチようなお店と思いきや、和食、いわゆる自然食系のお店のようです。





ブッフェ台の様子



















野菜の天ぷら

ピーマン、かぼちゃ、マイタケ、ナス、掻き揚げがありました。

たまねぎとブロッコリのグラタン、知床産若鶏のから揚げ


長いものステーキ、しらす干しと大根の煮浸し


肉じゃが、筑前煮


大豆のおぼろ豆腐、椎茸と若鶏の茶碗蒸し


チキンカレー、うどん(温)

カレーはちょっと小麦粉の多い感じですが、それなりに辛さは強いです。
うどんには天ぷらを乗せてもいいと思います。


ななつぼし、十五穀米


山わさびの醤油煮、セロリの佃煮など個性的な付けあわせが豊富にあって面白かったです。


さやいんげん胡麻和え、煮豆、ひじきと大豆の煮物、生野菜等


料理は全体にきちんと作られていて、ふわっとした若鶏から揚げや、
崩れるような豆腐の味わいはなかなか気に入りました。
ほとんどの食材に産地が表示してあるのもいいですね。

アップルココナツケーキ、キャラメルムース


レアチーズ、ロールケーキ


スイートポテト、ハスカップマフィン

ハスカップマフィンはカップケーキのような味わいでよかったですが、
ちょっと個人的に好みでない油脂の風味がありました。

花咲醸酒プリン、とろけるショコラプリン

花咲醸酒プリンは日本酒の風味があって、甘酒のような味わいです。

ソフトクリーム

ジェラテリアで販売しているものとはさすがに違うようですね。
それでもミルクの風味が感じられて悪くなかったです。

デザートコーナーにはトッピング用に、
ハスカップやチェリー、洋ナシなどのジャムが用意されていました。


麦茶、ぶどうと紫野菜のドリンク

ドリンクはこの他ホットのコーヒー・紅茶、ハーブティ、
野菜のドリンク等がありました。

全体に、いわゆる「自然食」系のお店としてはオーソドックスな内容という印象ですが、
丁寧な料理が多くてなかなか気に入りました。デザートが豊富なのもいいですね。

大きな窓からは野外美術館が見渡せるようになっていました。


また店内にはいわゆるキッズスペースも用意されています。


店内の様子は、定刻当初はまばらな入りでしたが、
12:00近くから席が埋まり始めて、満席に近い時間帯もありました。
4人がけのテーブルが多く、全体では7~80席ほどあるようです。
ピーク時はブッフェ台もやや混雑して、補充がやや滞ることもあったようです。

ただ美術館内のレストランということもあり、
食事のために遠方から訪問する人はあまりいないと思います。
今後の平常時の混雑具合は予想が難しい気がしました。
またいずれ興味のある展示があるときなどに再訪してみたいですね。
comments(4)|trackback(-)|札幌・その他のブッフェ|2013-04-29_20:49|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
こちらの美術館には何度か訪れていて、とても馴染みのある場所なんです。
妻が喜びそうなメニューがそろっていて、食事の後に絵画鑑賞も良いな、と思いました。
産地が表示されていると本当に安心しますよね。


No title
どうもです。
美術館などの雰囲気にふさわしいレストランという印象で、なかなかよかったですよ。
産地表示は、最近の状況なども考えると、確かに安心感はありますね。
訪問の際はぜひ楽しんでくださいね。
くるるの杜
はじめまして、コメント書かせていただきます。札幌にたくさんの自然食レストランありますが、畑のはるを経営しているセイウニカさん頑張ってますね。
No title
どうもはじめまして。
内容はなかなかよかったと思います。美術館への訪問も楽しみになりますね。
タイトルにあるくるるの杜は未訪問なのですが、いずれ訪問しようと思います。