バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

PATISSERIE YOSHI

久しぶりにPATISSERIE YOSHI(パティスリーヨシ)に行きました。

お店まで行くのにちょっと大変な思いをしましたが、それはさておいて・・・



滅多に行けない場所だと思って、ついついたくさん買い込んでしまいました。


フレジェ(380円)

「しっとりアーモンド生地にこくのあるクリームといちごをサンド」

ビスキュイジョコンドはややきめが粗いように思いますが、厚みを持たせるのと、
アーモンドの風味を生かすためかもしれません。
ムースリーヌはしっかりした甘さで、イチゴの酸味とよく合っていました。

キャロリーヌ(380円)

「アーモンドたっぷりの生地に甘酸っぱいきいちごクリーム」

ジョコンド生地はフランボワーのバタークリームとも相性がいいですね。
生地はややしっとりして、バタークリームの風味にフランボワーの酸味がよかったです。

グルノーブル(390円)

「アーモンドたっぷりのコーヒースポンジにコーヒークリームとくるみ入り」

オペラにちょっと似ていますが、こちらは生地もコーヒーの風味で、
アクセントに刻んだくるみが入っています。

オペラ(380円)

「アーモンドスポンジにコーヒーとチョコレートクリーム」

オペラは以前も買いましたが、気になって今回も買いました。
ガナッシュとバタークリーム、染み出るようなコーヒーの風味がよかったです。

ラム酒のサバラン(380円)

「ラム酒をたっぷりとしみこませたサバラン(パン)生地にカスタードと生クリームを添えて」

クリームはもう少し少なめのほうが好みなのですが、強いラム酒の風味はとても好みのものでした。

気がつくとプチガトーはほとんどビスキュイジョコンド生地のものになりました。
ジェノワーズなどふわふわで「日本人向け」のケーキも多数ありましたが、
こちらのお店ではやはり「フランス菓子」が目に付いてしまいますね。

ヴィエノワズリーも買ってみました。

クロワッサン(160円)

「バターが香るパリパリクロワッサン。本場フランス仕込み」

「巻き」は多めで、表面はサクッとして内部はしっとりしたタイプです。

バターの風味はとても豊かで、袋の中から香りが漂ってきます。

ショーソン(250円)

説明文を控え損ねてしまいました。いわゆるアップルパイですね。

フィリングは少なめですが、酸味がやや強めで、
生地の風味とよく合うように組み合わせが考えられているようです。

ショーケースの様子等も撮らせてもらいました。















魅力的なお菓子がたくさん並んでいます。
フランス菓子が主体ですが、一般のお客さん向けに品揃えや説明文等も考えられているようです。
こういうところからフランス菓子の裾野が広がると嬉しいですね。

この日は台風のような悪天で、最寄のバス停を通るバスが運休で、
ちょっと大変な思いをして訪問しました(10分ほど余計に歩いただけですが)。

雪もまだまだ多いです。3月の半ばとは思えないですね…



まあ眺めのいい景色はよかったですね。

さて、今回こちらのお店に訪問した理由は、すでにお分かりと思いますが…
そちらは記事を分けますね。
comments(2)|trackback(-)|ヨシ|2013-03-11_20:34|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
弟夫婦が近くに住んでいて
よくYOSHIのケーキを買ってきてくれるので行った気になっていましたが
そういえば自分自身は未訪でした;

ヨシヨシで食べたいジェラート(ピスタチオが気になります)もあるし
近くのジェラテリアジェリームも気になっていたりするので
是非行ってみたいのですが、どうしてもこの時期は近場の行きやすい所ばかりになってしまいます。

弟夫婦のところに遊びに行く機会があったときには
忘れずに寄ってこなくては・・・。
No title
どうもです。
そういえば私はジェリームのほうが未訪問なのですよね。
暖かい時期にはアイス屋さんのハシゴも考えてみたいですね。

こちらのお店のほかのケーキも気になるので、できるだけ早く再訪してみたいと思います。