バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

ホテル椿山荘東京(椿ランチブッフェ)


ホテル椿山荘東京
(椿ランチブッフェ)
東京都文京区関口2-10-8 TEL03-3943-1140
11:30~13:00ランチバイキング
大人4,000円 65歳以上3,800円 小学生2,500円 3歳以上1,500円
(すべて税サ込)

 ●2013年1月26日(土)~2月28日(木)限定実施
 ●定刻と共に入店
 ●全席禁煙
 ●予約客限定?

上記期間限定のランチブッフェに訪問しました。



期間限定とはいうものの、これまでも不定期に実施しているらしいですね。
今後も近く実施があるかもしれません。

レストラン等ではなく、宴会場での実施で、予約数によって席数や会場を調整するので、
日によって会場が違うこともあるようです。この日は「オリオン」での実施でした。



ブッフェ台の様子
























メニュー表(クリックで拡大します)


薄切りペッパービーフステーキ 温野菜添え、
旬の魚と帆立のポワレいろどり豊かな野菜を添えて トマト風味のブールブランソース


国産牛のトロトロ煮 温野菜と一緒に、
旨みたっぷり魚介類とキノコのクリーム煮 “フリカッセ”


パスタ2種のソース(トマト、クリーム)


胃と腸に優しい椿油で揚げた地鶏天と筍の天麩羅盛合せ、
椿豚の野菜たっぷり蒸篭蒸し2種のソースで、白身魚揚の大麦入り霙餡カラフル野菜と共に

温料理はまずまずきちんと揃えられていたと思います。
実演などはなく、特別に豪華な印象はないですが、バランスよく揃えてあって、
特に物足りないようには思いませんでした。

春野菜をたっぷり乗せた散らし寿司、冷たいうどん大根卸し、葱、生姜、海苔、胡麻添え


魚介と野菜のマリネ ビーツソース、生春巻、
スモークサーモンと春色紅芯大根シャキシャキ彩り野菜 つばきオイルの香りと共に

冷製料理も色とりどりできれいでした。
個人的に得意でないものもあってあまり食べませんでしたが、
品数はもっと豊富に揃っていました。

長崎県五島市で作られた椿オイルが香るパストラミと野菜のピタサンド、
ディンケルフルーツ(ひまわりの種・ジャガイモ・モルトなどをブレンドした風味豊かなパン)、
フォカッチャ・バジル(生バジルと長崎県五島市で作られた椿オイルを加えたフォカッチャ)


パイ生地の上に広がる甘酸っぱい果実“ベリーパイ”、
今が旬で1番美味しいイチゴを使ってムースに仕上げました“フレーズ”、
濃厚なクリームチーズの味わい“ベークドチーズケーキ”、
カカオの風味とクランベリーを組み合わせたチョコケーキ“ムース・オ・ショコラ”、
薫りや緑色のあざやかな抹茶で仕上げた風味のあるケーキ“抹茶のムース”


口いっぱいに広がる爽やかな柑橘系ゼリー“オレンジゼリー”、アイス各種

アイスは乳脂肪分の低いものでいまひとつでした。

バレンタイン時期に実施されたという、デザートブッフェの内容に近いものを期待したのですが、
期待通りにはなかなか行かないものですね。

デザートには長い名前がついているものの、見るべきものはないですが…
唯一、実演で提供されていたこちらはよかったです。

椿オイル「揚げ饅頭」


香ばしく揚がっていて、中のあんこもたっぷりで、ついついお代わりが進みました。

他に気に入ったデザートがなかったせいもありますが(汗)

ちなみに椿オイルはこの他様々な料理に使われていて、
「椿ランチブッフェ」の名に恥じないですね。
「長崎県五島市の一番搾り」のオイルなのだそうです。

ドリンクはセルフでウーロン茶、オレンジジュース、アップルジュース、トマトジュース、
マンゴージュース、カシス&ブルーベリードリンク、ホットのコーヒー・紅茶・ハーブティ等がありました。

ウーロン茶


マンゴージュース、カシス&ブルーベリー


全体に、料金に見合う内容かというと、ちょっと疑問に思う面もあるのですが、
予約で客数を絞って、落ち着いた環境で食事ができるのはいいですね。
あまり「バイキング」「食べ放題」に特別な魅力を感じる人が訪問する場所ではなさそうです。





会場は、客数に見合った場所が用意されるようで、ブッフェ台も余裕を持った配置で、
特別な混雑を感じることはなかったです。
comments(0)|trackback(-)|東京・ホテルブッフェ|2013-03-01_19:28|page top

コメントの投稿

非公開コメント