バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

Patisserie Etienne


Patisserie Etienne
(パティスリーエチエンヌ)にて。

西武池袋地下の催事に出店していました。
2月20日(水)~26日(火)まで。




ゴロゴロ苺パイ(551円)

これはいわゆる「見た目買い」です(笑)
これだけの苺を積み上げる技術が素晴らしいですね。
ピエスモンテの技術なども応用しているのかもしれません。
ちなみにトッピングのシャンティに見えるものはメレンゲクリームで、
やや固めに作られていました。

断面がきれいでなくて恐縮ですが…
構成は比較的シンプルですが、苺が豊富なので、味わいも新鮮に感じられました。
見た目の印象で選びましたが、味わいも好みのものでよかったです。

シャルロットフレーズ(491円)

苺のムースと苺のジュレに苺を乗せて、まさに苺尽くしです。
シャルロットの軽い食感がよく合っています。

余談ですが、私は以前シャルロット生地が得意でなかったのですが、
シャルロットであれ何であれ、きちんとした味わいのものを食べていれば、
不得意なものはなかっただろうと、今更ながらちょっと反省しています。
少なくとも今後は、出来合いのものを食べる機会は少ないはずだし、
あまり先入観を持って味わうことをしないようにしたいですね。

この他、春らしく苺を使ったケーキが多かったようです。

アップルパイ(501円)

こちらも見た目に惹かれました。
シャンティがたっぷりで、リンゴは少しだけのように見えるのですが、
シャンティは甘さを抑えてあって、リンゴの甘酸っぱさが生きるように、
組み合わせを考えられているようです。

サクサクのフィユタージュとも相性がよく、
こちらも見た目の印象で買って本当によかったと思いました。

お店まではなかなか訪問できないので、また催事に来てくれると嬉しいですね。
comments(0)|trackback(-)|それ以外の甘味(パティスリー、その他)|2013-02-28_19:28|page top

コメントの投稿

非公開コメント